『21日有効一等ユーレイルパスを購入して、さっそくチューリッヒからミュンヘンへ移動し、観光案内所で宿を取る』@ミュンヘン/ドイツ

【ヨーロッパの列車のコンパートメントでビールを飲む】
注:この話は1988年の「ユーレイルパスを使った21日間ヨーロッパ鉄道旅行」の一部です。
1988年9月13日、チューリッヒの夜明けはなかなか遅い。
同じタイムゾーンの中では、西へ進むにつれて、日の出は遅くなるわけだしね。
午前8時ごろに起きる。
今日は、チューリッヒ駅で、ユーレイルパスを買って、それを使って、ミュンヘンへ行く予定。
昨日、トーマスクック(Thomas Cook European Timetable)を調べて、チューリッヒからミュンヘンへの移動は調べている。
もちろん、チューリッヒ中央駅の時刻表でも、その列車については確認してある。
ホテルを出て、駅へ歩き、窓口でユーレイルパスを購入する。
「21日有効の一等ユーレイルパス」で、630スイスフラン(53550円)だ。
昨日調べたところでは、同じく「21日有効の二等ユーレイルパス」が、580スイスフラン(49300円)だった。
その差は、4千円程度だが、一等の方がずっと快適だから、こちらにした。
21日で4千円の差とは、一日たった200円多く払うだけで、いいわけだ。
これはゼッタイに、一等ユーレイルパスの方がオトクです。
これは、1988年のチューリッヒ駅の窓口での話です。
ヨーロッパの一等車に乗り放題なんて経験は、めったにできることではない。
昨日、ユーレイルパスが購入できると知って、あわてて(一等のことを調べずに)2等ユーレイルパスを買ったら、後悔しただろうね。
だから、何か高価なものを買うときは、決断の前に、一晩寝ることをオススメします。
ユーレイルパスを買った窓口で、その場で、バリデーション(使い始めの日付を書き入れる)をしてもらう。
すぐに、チューリッヒ駅から、9時39分発の、369番「EXP12」に乗る。
もちろん、一等のユーレイルパスを持っているのだから、一等コンパートメントだ。
昨日の、ザルツブルクからチューリッヒへの2等コンパートメントでは、2等コンパートメントで、騒がしい人たちと一緒だった。
それで、人の少ないコンパートメントを捜して、列車内を移動した。
さすがに今日乗っている一等コンパートメントは静かだ。
だいたい、東洋人の中年バックパッカーが一人でいるコンパートメントに、上品な一等車乗客は入ってこないしね(笑)。
一等コンパートメントを独占して、ゆったりしたシートに一人座り、窓から、スイスから南ドイツへの風景を眺めるのは、とっても贅沢。
列車は上品に走って、スイスからドイツ(この時期はまだ西ドイツ)との国境を越える。
午後2時過ぎ(14時04分)にミュンヘン中央駅に到着(乗車時間4時間25分)。
4時間ちょっとの列車旅というのは、物足りないくらいだね。
でも、ミュンヘンは南ドイツの大都市だから、ここは一泊したいもの。
そのまま、すぐ駅の観光案内所へ行き、今夜の宿を予約してもらうことにする。
9月半ばだったが、まだ夏休みの余韻があるのか、観光案内所には長い列があった。
焦りはまったくない。
もしミュンヘンで安い宿が見つからなければ、どこかへ移動してしまえばいいだけだ。
でも、午後2時過ぎにミュンヘン中央駅の観光案内所で、ホテルが見つからないなんてことは、あり得ないけどね。
ユーレイルパスを買った僕は、列車の中で「トーマスクック(Thomas Cook European Timetable)」を読んでいた。
ドイツといえば、「ロマンチック街道」だ。
この時代は、ユーレイルパスを持っていれば、ロマンチック街道を走る「ヨーロッパバス」が無料で乗れた(現在は違うようです。調べてください)。
そのヨーロッパバスは、フュッセンから出発する。
だから、今夜はミュンヘンに泊まり、明日フュッセンへ移動すればいい。
フュッセンには、あの有名な「ノイシュバンシュタイン城」がある。
明日、ノイシュバンシュタイン城を見て、明後日にヨーロッパバスでロマンチック街道を旅すればいい。
ミュンヘンといって、僕が思うのは、ビールを飲むことだ。
昔、「ミュンヘン、サッポロ、ミルウォーキー」という、サッポロビールのテレビコマーシャルがあった。
だから、僕としたら、ミュンヘンのビアホールでビールを飲みさえすれば、ミュンヘンに来た意味がある。
そして、ミュンヘンのビアホールといえば、「ホーフブロイハウス(HOFBRAUHAUS)」しかない。
ただ、みんながわいわいやっている、有名なビアホールに一人で行って、楽しいだろうか?
もちろん、一緒に飲む仲間がほしいならば、ユースホステルへでも泊まって、ビール仲間を探せばいい。
ところが、この時期、「南ドイツのユースホステルに泊まるには、年齢制限(26歳以下)がある」という噂が流れていた。
僕は、「南ドイツではユースホステルには泊まれない」と思いこんでいて、ドイツのユースは最初から選択肢に入ってなかった。
この時期は、ヨーロッパ中に日本人旅行者があふれていたものだから、ユースに泊まっていたら、面白い出会いがあったろうね。
旅では、中途半端な情報で、自分に制限をかけてしまうのが一番マズイことなんだよ。
観光案内所で、「安い宿をお願いします」と頼んだ。
すると、ミュンヘン駅から「Uバーン(地下鉄)」の「U5」で3つ目の駅で、ホテルを紹介してくれた。
残念ながらホテルの名前をメモってないが、トイレシャワーつきのシングルルームで部屋代が、48ドイツマルク。
この時期「1ドイツマルクが75円」と考えていたので、3600円だ。
ただし、観光案内所の紹介手数料が3ドイツマルク、225円かかった。
キーデポジットが同じく、3ドイツマルクかかったが、もちろんこれは、チェックアウトで鍵を返却するときに、戻してもらえる。
観光案内所の列で、僕の前に並んでいたのは、二十台半ばの日本女性だった。
旅人同士、気軽に声をかけて、一緒にバーガーキングへ行って、話をする。
そのまま、今夜のホーフブロイハウスへ行く約束をとったのは、上出来だったね(笑)。
彼女とは、ミュンヘンの名所「マリエン広場」で待ち合わせして、ホーフブロイハウスへ一緒に行った
ビアホールでわいわいやっていると、近くの欧米人観光客と盛り上がったりして、楽しかったよ♪
ビールをがんがん飲んで、女の子のジョッキまで飲んだ。
かなり酔っ払ったが、ホテルが地下鉄駅近くだったので、何とか戻れた。
明日は、フュッセンへ行って、ノイシュバンシュタイン城を見る予定です。
こうして、「ユーレイルパス21日間のヨーロッパ旅行」の第一日目は、大成功で終わりました。

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

europe asia
world index
xxx