『アルテマイン橋(OLD MAIN BRIDGE)から、マイン川の運河を船が通るのを見て、絵葉書を出し、ハンブルクへの列車に乗る』@ヴュルツブルク/ドイツ

注:この話は1988年の「ユーレイルパスを使った21日間ヨーロッパ鉄道旅行」の一部です。
1988年9月16日、ヴュルツブルク駅近くの宿で、目を覚ます。
昨日は、フュッセンからヴュルツブルクまで、ロマンチック街道をヨーロッパバスで旅した
バスの乗客の8割は日本人で、しかも美人OLさんたちが多かったので、ちょっと疲れた。
魅力的な日本女性が多すぎるというのも、目移りがして、気を使うものだ。
さて、今日は、ハンブルクまで行ってしまうつもり。
というのが僕は、チューリッヒで買った「21日有効一等ユーレイルパス」を持っている。
いままで、パスを使って、「チューリッヒからミュンヘン」「ミュンヘンからフュッセン」「フュッセンからヴュルツブルク(ロマンチック街道)」と旅をしてきた。
ドイツには他にも有名な観光地がある。
たとえば、軽く頭に浮かぶだけでも、「ライン川下り」「ハイデルベルク」「ベルリン」「フランクフルト」「ニュルンベルク」「ハンブルク」なんかね。
ただ、ヨーロッパ鉄道乗り放題のユーレイルパスを持っているのに、ちまちまとドイツ旅行をしていても意味がない。
ここは一気に、北欧へ行ってしまったほうがいい。
北欧はとにかく物価が高いらしいから、ユーレイルパスを使って、ガンガン移動をするにはちょうどいい。
それと、北欧の季節の変化に関して、心配なことがあった。
いまは、9月半ばだ。
北欧では、おそらく急激に気候が変化するだろう。
9月半ばといえば、まだ夏の名残があるだろうが、一気に冬へと変化しているのではないか。
つまり、早く北欧へ行かないと、旅行に適したシーズンは終わってしまうかも。
これが僕の心配していること。
だから、なるべく早く、ヘルシンキまで行ってしまう。
これが基本的な、僕の考え方だ。
もちろん、途中の町を見て歩くことも重要。
それを考えていくと、まず今日は、ヴュルツブルクから、ドイツ北部の港町ハンブルク(HAMBURG)へ移動したほうがいい。
ハンブルクからは、コペンハーゲン(デンマーク)、オスロ(ノルウェー)と、すんなり北欧へ入れるからね。
昨日鉄道駅で列車の時刻は確認してある。
「IC586」がヴュルツブルクを午前9時25分に出て、ハンブルク(HAMBURG)に午後2時01分(14:01)に到着。
たった4時間半の列車旅。
午後2時にハンブルクに到着ならば、宿も簡単に探せるし、ハンブルク観光もできる。
その前に、列車が出発するまで、いまいるヴュルツブルクを歩いてみましょう。
ヨーロッパの都市というものは、大聖堂や市庁舎、市庁舎前広場、それと古い町並みと、見るものは決まっている。
どこを見ても(細かく見ていけば、特徴があるのだろうが)、普通の旅行者にとってはたいした違いはない。
ヨーロッパの都市を見て回ると、すぐに飽きちゃうんだよ。
中欧のウィーン、ブダペスト、プラハを一週間で観光するなどという旅行計画があるが、まず2日で飽きる(笑)。
僕はこの3都市は、自分で歩いているから、はっきりと区別できる。
でも、普通の人は、パリ、ロンドン、ローマと有名どころを旅した方がゼッタイにいいよ。
普通の人は、プラハとブダペストの違いなんて、わからない。
違いがわかったところで、誰にも語れないんだから(説明したって、誰も興味を持ってくれない)。
ヴュルツブルク駅前のホテルを出て、マイン川の方へ歩く。
昨日のバスで一緒だった、イギリス人女性に会って、声をかけられたので、軽く話をした。
旅先では、ちょっと顔を覚えているだけの人とでも、再会すると、友達になってしまえるのが楽しいね。
イギリス人女性と別れたら、フュッセンから一緒だった日本人旅行者のF君とばったり出会う。
2人で、マイン川の「アルテマイン橋(OLD MAIN BRIDGE)」へ歩く。
朝のさわやかな空気の中で、アルテマイン橋から、閘門式運河を船が上るのを見た。
規模は小さかったが、僕の人生で、閘門式運河が実際に使われているのを見たのはこのときだけだ。
ヴュルツブルクでは、この有名な運河を見れば十分。
宿には朝食が付いてなかったので、名物のフランケンワイン(10.5ドイツマルク/800円)、サンドイッチ(3ドイツマルク/225円)を2つ買う。
あと、日用品として、カミソリ(9マルク/675円)、歯磨きブラシ(4マルク/300円)。
駅で列車を待つ時間に、絵葉書を書いて、実家や友達へ送る。
「IC586」が、午前9時25分にヴュルツブルクを出る。
僕はこの列車で、ハンブルクへ午後2時01分に到着予定。
この列車は始発がミュンヘンで、午前6時51分だから、ドイツを縦断するのに、たいした時間はかからないってことね。
ハンブルクで一泊するのは、翌日に一気にコペンハーゲンへ向かうため。
それと、内緒だが、ハンブルクには「レーパーバーン Reeperbahn )」という歓楽街があるらしい。
この時期、旅行者の間で話題になっていたので、ちょっと見てみたい気持ちもあったんだね。
xxx

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

europe asia
world index
xxx