『ウィーン西駅でこれからの旅行ルートを考えて、ザルツブルクへ行くと決め、ウィーンのリンクを歩いて観光する』@ウィーン/オーストリア
昨日、9月9日に、ポーランドのビザをあっけなく取った
そのあと、ウィーン名所のトップ「シェーンブルン宮殿」を見る。
その後、シュニッツェルを食べて、ワインを飲み、ホテルで休んで、またピザを食べて、ワインとビールを飲んだ。
ウィーンのワインは、ワイングラスが大きくて、4分の一リットル(250ml)入ってるのがいいね♪
翌日の9月10日になる。
今日ウィーンでやることはといえばだね、明日どこへ行くのかを決定すること。
またもちろん、ウィーンの中心の「リンク(THE RING ROAD)」を観光して回ることかな。
ところで、RINGは、リングと英語読みする人もいるし、リンクとドイツ語読みする人もいる。
日本では、ドイツ語風に、「リンク」と発音する場合が多いようです。
意味はリングなんですけどね。
昔の城壁のあった部分を取り壊して、広い道路にしたみたい。
この道路沿いに、歴史的な建物が、ずらりと並んでいる。
僕が泊まっている「ホテルヨーゼフシュタット」は、このリングロードからちょっと外に出たところにある。
ホント、ウィーンのど真ん中といってもいいんだよ。
だから、「ヨーロッパのホテルは観光案内所で取るのがいい」(「世界旅行主義」より)と言えるわけだ。
ホテルのネット予約というのは、旅行経験のない素人さんを騙すための仕掛けだからね。
ネットでいいホテルを見つけたと思ったら、とんでもない郊外にあって、町の中心部までタクシーを飛ばさなければならないなんて、悲劇が起きるわけだ。
でも、観光案内所で、直接目と目を合わせて、「町の中心で、安いところをお願いします」と頼めば、町のど真ん中の、いいホテルが手に入るんだよ。
僕がオペラ座近くの観光案内所で紹介してもらった「ホテルヨーゼフシュタット」は、ホントは学生寮だそうだ。
そのせいか、「SAISONHOTELS☆☆」という別名があった。
これは、学生寮を、学生のいないシーズンだけ、ホテルとして使っているってこと。
一般人が利用できる期間は、「7月1日から9月30日」と表示してあるしね。
でもまあ、海外の大学って、立派な寮を持ってるよね。
日本なんか、学生が親の援助でマンション(orアパート)住まいだしね。
今は不景気になって、親の援助も少なくなっているから、かわいい女子大生だと、バイトはキャバクラ勤めが普通らしい。
それほどかわいくない女子大生や、男子大学生は朝から晩まで、バイトばかりをして、ほとんど大学へ行かないのが普通だ。
有名大学生でも、キャバクラ勤めをしないと、家賃や学費、食費が払えない日本って、なんなんだろうね。
特に知的レベルの高い、優秀な女子大学生ほど、エッチに興味があるものだしね。
日本社会、日本文化の基底には、セックスがあるしね。
自然と、大学の専攻とは別のことを、深く学んだりする。
優秀な学生がこれでは、日本が世界から取り残されていくのも、無理はない。
だから日本人は、世界と勝負しようなどと考えずに、世界から引きこもって、箱庭のような、小さな幸せを求めていったほうがいい。
僕が世界一周をした1987年9月から1990年5月まで、日本のバブルが盛り上がり、一気にバブルがはじけた時期だ。
僕は世界一周旅行をしながら、日本と日本人について考え続けていた。
そうして、僕が旅の中で考えたこと、予想したことは、すべて現実となった。
僕は旅先で、日本人、外国人を問わず、いろんな人と深い話をして、日本と日本人についての将来を簡単に見通すことができたからね。
ホテルを出てU2に乗って、「マリアヒルファー通り(MARIAHILFER STR.)」へ出て、「ウィーン西駅(WIEN WESTBAHNHOF)」まで、25分歩いた。
とにかく、海外旅行では海外の町を歩くのが基本(「世界旅行主義」より)だからね。
ウィーン西駅で、明日の行き先を考えてみた。
手許には、昨日ウィーンで取ったポーランドのビザがあり、またブダペストで取ったチェコスロバキアのビザがある。
朝9時半に出る「EXP374 VINDOBONA」に乗れば、6時間弱で、午後3時18分(15時18分)にプラハに到着。
プラハからワルシャワへは、「PRAGA EXPRESS」で、午後10時58分(22時58分)に出て、翌朝の午前11時40分に到着する。
しかし、明日ウィーンから、プラハ(チェコスロバキア)へ行くのは止めた。
というのは、ウィーン西駅午前10時発のEXP142「PONGAU」に乗れば、ザルツブルク中央駅に午後1時20分に到着。
たった3時間20分で、ザルツブルクへ行ける。
ザルツブルクはモーツァルト生誕の地だし、1988年はまだ「サウンドオブミュージックの町」として知られていた。
それに比べて、チェコスロバキアの首都プラハは、ほとんどの日本人は知らなかったね(キッパリ!)。
しかも、ザルツブルクからスイスへすぐに入れる。
「世界旅行主義」には、「誰も知らないところへ旅をしても、誰も興味を持ってくれないのでムダ(涙)」という基本テーゼがある。
これは、「応用する前に基本を抑えておけ」ってことね。
誰が考えても、スイスへ行ったほうが、チェコスロバキアやポーランドへ行くよりもいい。
スイスも見ずに、チェコスロバキアやポーランドへ行っても、意味がない。
これは、日本人の海外旅行初心者がよく犯す間違いなんだね。
インドやパキスタン、ウズベキスタンへ行ったことがないのに、誰が考えても危険なアフガニスタンへ行ってしまう。
また、トルコにも、エジプトにも旅してないのに、イラクへ行ってしまう。
これは、はっきり言って、二次方程式も解けないのに、微分方程式に挑戦するような無謀で無意味な行為だ。
ただ、昔は、出版社が、「若者の冒険旅行」と持ち上げて、大学生をおだて上げて、無謀な旅行をさせて本を出したりした。
学生も、何を勘違いしたか、旅行経験が少なくて、言葉もできないのに、インダス川やアマゾン川を下る「冒険旅行」をやってたね。
僕がヨーロッパを旅していた1988年でも、イギリスやフランスに行ったことがないのに、強引に東欧を旅して旅行自慢をするという日本人がいたものだ。
でもそれは、旅の基本ができてないので、ダメダメちゃんなんだよね。
そういうのどかな、ウソとハッタリだらけの幻想の日本の海外旅行シーンはすべて、現実社会から見捨てられてしまったわけだが。
まだ、同じようなパターンでやろうとする勘違いもいるけども、とても「イタイ」のでやめたほうがいいよ。
と、こういう風に理論を組み立てた僕は、「ウィーンへ行ったら、まずザルツブルク」という旅行公式を作った。
さらに、「オーストリアのザルツブルクへ行ったら、スイスのチューリッヒへ行くもの」という公式を作ろうとした。
ところが、「ザルツブルクからチューリッヒへ、EC60マリアテレジア(MARIA TERESIA)で7時間」。
しかし、「トーマスクック・ヨーロッパ時刻表」をチェックすると、ザルツブルクからミュンヘンまでたくさんの列車があり、所要時間も2時間程度だ。
チューリッヒとミュンヘンを比較すると、それはミュンヘンのほうがいい。
だって、ミュンヘンには、本場のビアホールがあるしね。
というわけで、ザルツブルクからミュンヘンは行きやすいが、チューリッヒはちょっと時間がかかるし、チューリッヒも魅力的ではない。
しかし、「スイスへ行った」という経験は、生ビールに換えがたい魅力だ。
僕は、これまでスイスに行ったことがなかったので、とにかく、チューリッヒへ行くことに決めた。
これで、「とにかく行ったことのない、主要国へは行ってみる」という「世界旅行主義」の公式ができたわけだ。
というのは、これからどのように旅をしても、ドイツには行くに決まってたしね。
そこで、ウィーン〜ザルツブルク〜チューリッヒの、通しの切符を買った。
明日、ウィーンからザルツブルクへ移動し、次にザルツブルクからチューリッヒへ行けばいい。
この値段が、862オーストリアシリング(8620円)。
予約をしなくても、ヨーロッパの鉄道には乗れるので、ただ乗車券を買っただけだ。
これは、マスターカードで支払った。
昔のヨーロッパは小さな国がたくさんあって、それぞれの通貨が違っていたので、両替が大きな問題だった。
明日の列車の切符を買って、旅行予定が決まって、ホッとした。
ウィーン西駅のトイレに入ると、なんと、5.5オーストリアシリング(55円)も取られる。
西駅のバーで、生ビールの大を飲む(21オーストリアシリング/210円)。
オーストリアはビールも安いし、ワインも安いのがステキだ。
食べ物もおいしいし。
結局「文化は、おいしい食事とおいしくて安いアルコールの上に成立する」(「世界旅行主義」より)ものなんだね。
明日の移動先も、移動手段も決定したが、もちろん、ウィーンの観光を済ませなければいけない。
といっても、ブダペストからウィーンに着いて以来、ウィーンの街中は結構移動している。
地下鉄でも動き回ったし、歩き回った。
海外旅行というものは、名所を見なくても、「海外の町を歩き回ることが、その町を見るための最もいい手段」(「世界旅行主義」より)だ。
しかし、ウィーンには特別な観光ルート「リンク(THE RING)」がある。
そこをとにかく歩きまわったよ。
「聖シュテファン寺院(STEPHANSDOM)」、「ホーフブルク王宮(HOFBURG)」「図書館」「聖ペーター教会」などを見た。
ただ、どれがどういう雰囲気だったのか、まったく記憶にない(笑)。
僕の考えでは、ウィーンはやはり、シェーンブルン宮殿の記憶が一番残ってるね。
あとは、全体的なリンクを歩いた記憶かな。
リンクを歩いて、外から建物を眺めれば、それで十分だと思うよ。
さて明日は、ザルツブルク行きだ。
ウィーン自体に心残りはないが、居心地のいいホテルを去るとなると、ちょっと寂しいね。
xxx

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

エジプト〜ヨルダン〜イスラエル〜ヨルダン〜シリア〜トルコ
europe asia
world index
xxx