『ウィーンからザルツブルグ(ザルツブルク)へ、EXP142 PONGAUで3時間20分』@ザルツブルク/オーストリア

1988年9月11日、午前8時45分にウィーンの宿を出る。
ブダペストから水中翼船でウィーンへ着いて、すぐに観光案内所へ行き、紹介されたホテルだ。
詳しくは聞かなかったが、どうやら学生寮を夏だけ一般に開放しているらしい。
7月1日から9月30日までオープンしているとのこと。
だから、余計な設備がなくて、とてもスッキリしている。
名前は「ホテルヨーゼフシュタット(HOTEL JOSEFSTADT)」で、1泊340オーストリアシリング。
この時期、1オーストラリアシリングが10円と考えたので、3400円。
場所的には、町のど真ん中なので、とても便利だった。
9月8日にチェックインして、3泊しかしなかったが、1週間ぐらいいて、ゆっくりとウィーンを味わいたかった。
ただ、僕は、いま、ロンドンへ行く途中だ。
おそらく、ロンドンからアメリカへと飛ぶことになるだろう。
最初は、イギリス、フランス、スペインで、それぞれ英語、フランス語、スペイン語の学校に通って、一年過ごすつもりだった。
ところが、途中で、ロンドンからアテネに飛び、トルコ、エジプト、ケニアと旅をしてしまった。
すると、「お金もあることだし、とにかく世界中を旅して日本へ戻ろう」という気持ちになっている。
だから、いくらウィーンのホテルが気に入っても、長くはいられない。
それに、ブダペストでチェコスロバキア(1988年はまだチェコとスロバキアは同じ国でした)のビザを取っている。
ウィーンではポーランドのビザをゲットした
つまり、僕はこれから、ヨーロッパの国々を次々と旅していく考えなんだ。
ウィーン西駅に向かう市電の中で、日本女性2人を見つけて、気軽に話しかける。
大阪から来た若い女性で、OLさんのようだ。
軽く話をして笑いとをったが、僕は今日、ザルツブルグへ行く。
旅の出会いは、あっさり、さわやかなのがいいね。
僕が乗るのは、ウィーン西駅午前10時発のEXP142で「PONGAU」という列車名が付いている。
このときは、まだユーレイルパスを持っていなかったので、もちろん2等コンパートメントに入る。
切符はウィーンからチューリッヒまで買って、862オーストリアシリング。
8千5百円程度。
この切符を利用して、途中下車し、ザルツブルグを観光して、一泊の計画だ。
出発前の列車のコンパートメントに1人でいると、いろんな人がコンパートメントを覗いて、中に誰がいるか確認する。
そうして、バックパッカー姿の日本人の僕が1人でいると、普通の人は入ってこない(笑)。
誰だって得体の知れない東洋人と同じコンパートメントに2人きりは、避けたいだろうからね。
ところが出発間際になって、僕の姿を確かめて、日本人が1人、コンパートメントに入ってきた。
互いに顔つきで日本人だと、すぐに理解できる。
彼の方から「日本の方ですか?」と声をかけてくる。
旅先だと、話がどんどん進むのが興味深いものだ。
彼は68歳、北海道の函館から来た、サイクリストだ。
だから、組み立て式の自転車を持っている。
ヨーロッパのすばらしい風景の中を、ダウンヒルで下ったら、気持ちいいだろうねー。
僕も学生時代は、自転車で京都から博多まで、いろんなルートで走ったことがある。
九州一周自転車旅行もしたし、会社に勤めていた時も、休暇を利用して、糸魚川から浜松までフォッサマグナを走ったこともある。
ヨーロッパ自転車旅行については知りたいこともあるので、話が弾んだ。
京都からの自転車旅行の話をしていると、自然の流れとして、「京都大学ですか」という話になる。
それは、僕の話し方や話題の豊富さ、物事の見方を知れば、僕がかなり知的な人間だとすぐわかるからだろうね。
彼の子供がやはり、京大卒で38歳で、僕と同じ世代だという話になった。
話は盛り上がったが、彼は、途中の駅で降りて、これから自転車移動だという。
互いに旅の無事を祈って、別れる。
まあ、本当に、旅先の出会いと別れというものは、楽しいね。
どんなに話が盛り上がっても、本当のディープな話をしても、後を引かないのがいい。
日本国内にいると、あまりに本当の話をすると、あとあと問題になることもあるし。
また、旅先の話は、誰も本当には信じないもの。
だから、どんな正直な話も出来る(もちろん、ウソもつける)。
問題は、旅先の話のルールは、「本当でもウソでもいいが、面白くないとダメ」なんだよ。
だから、旅慣れた人と出会えば、絶対に話は面白くなるものなんだ。
ただ、面白い話は1時間程度でいい。
3時間も話すのは、疲れるからね。
僕の乗った「EXP142 PONGAU」は、予定通り、ザルツブルグ中央駅に午後1時20分に到着。
ウィーン西駅からザルツブルグ中央駅まで、3時間20分かかった。
駅の観光案内所で、駅近くの宿を紹介してもらう。
それが、「ホテル・ヤーン(GASTHOF JAHN)」で、駅前の通りを歩いてすぐだった。
料金は、朝食つきで260オーストリアシリング(2600円)。
シャワートイレ付きの部屋もこざっぱりしていて、なかなかいい。
とても気に入ったので、このまま部屋でごろごろと寝てしまいたくなるが、それはできない。
なぜってここは、「サウンドオブミュージック」の舞台で、また、モーツァルトゆかりの地ザルツブルクだ。
この町を、僕は午後の半日で見てしまわなければならない。
だって明日は、チューリッヒに行っちゃうしね。
xxx

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

エジプト〜ヨルダン〜イスラエル〜ヨルダン〜シリア〜トルコ
europe asia
world index
xxx