スターライトエクスプレスを見る@ビクトリアシアター/ロンドン/英国

【「The New Starlight Express」を上演中のアポロビクトリア劇場(1996)】
1987年9月に、僕が東京からロンドンへ飛んだ時期。
日本では「スターライトエクスプレス」が光GENJIの宣伝もあって、かなりの人気だった。

もちろん日本では、僕はわざわざスターライトエクスプレスを見に行くなんてことはしない。
ただ、スターライトエクスプレスは全世界的なヒットだった。

そして、ロンドンのビクトリアステーションのすぐ横には、「ビクトリアシアター」があって、スターライトエクスプレスをやっていた。
これは、神が「スターライトエクスプレスを見に行きなさい」と告げているに決まっている。

というわけで、何も深く考えない僕とKくんは、劇場で切符を買いに行く。
スンナリと2日後くらいの切符が買えた。

しかも、その切符が二階席の一番前だった。
二階席の一番前といっても、スターライトエクスプレスは、ローラースケートで走り回るミュージカルだ。

だから、目の前に出演者が走るコースがあった。
役者さんがローラースケートで走ってきて、目の前で(わざと)壁にぶつかったりするんだから、チョー迫力♪

考えて見ると、舞台全体も見渡せるし、一番いい席じゃなかったかなー。
これもまた、神の導きを感じる。
海外旅行では、普段は自分のしないことが気軽にできるという利点がある。
僕は日本ならば、ミュージカルを見に行くことはないだろうね。

でも海外旅行というタテマエがあれば、一応評判の舞台、ミュージカルは見てみようと考える。
ニューヨークに行ったときは、「キャッツ」「レ・ミゼラブル」を見たしね。

このあとロンドンでも、アガサクリスティの「マウストラップ」という芝居を見た。
これは、その時期、ロングラン記録を持っていた芝居だったよ。

もちろん世界各地の、博物館、美術館にも片っ端から行った。
美術館に行けば、「これがルソー、これがピカソ、これがセザンヌ」と、絵の作者を当てるゲームをしていたくらいだよ。

1996年にアフリカ旅行からヒースローに飛んで、また「セントジョージホテル」に泊まった。
ビクトリアステーションの近所を歩いていたら、なんと「スターライトエクスプレス」の新作?「THE NEW STARLIGHT EXPRESS」をやっている(写真参照)。

また見ようかと心が動いたが、そこまでの情熱はない。
1987年だったら、日本でも大人気だったから、「ロンドンでスターライトエクスプレスを見た」経験は貴重なものだった。

1996年に見ても迫力がない。
というか誰も知らないからね。

その劇場の並びだったかな、安っぽいステーキハウスみたいなものに入った。
すると、ウェイターが僕を見て、「アイリメンバーユー!」と声をかけてくる。

確かに、僕は覚えているが、1987年の終わりごろに、ものすごくステーキを食べたくなった時期があった。
それで、ロンドンの(安い)ステーキを食べて回ったことがある。

このビクトリアステーション近くの安レストランでも、ステーキを注文した記憶はあるんだ。
たいしておいしくなくて、ステーキソースもなかった。

味といえば、ケチャップかマスタードしかないんだから…。
でも、安くても、ワインさえあれば、肉は何とか食えるもの。

大きなステーキを取って、安い赤ワインをカラフェで取る。
ステーキにカラシを塗りまくって、ワインで流し込む。

その食べ方をする東洋人を、約10年たっても、ウェイターは覚えていたんでしょう。
こういう場末の安レストランに入ってきて、1人でステーキを食べる東洋人って、そうはいないだろうからさ。

僕は人の顔はまず覚えない人間だ。
でも逆に、人からは覚えられてしまうんだ。

1996年の世界一周旅行では、1988年に会った人から「覚えてるよ」と声をかけられた。
まず、ナイロビのイクバルホテルの「アリ・サム」さん。

それから、セントジョージホテルの「ノエミ」おばさん。
そして、最後がこのレストランのウェイターだった。

ひょっとしてスターライトエクスプレスを見に行ったら、役者さんから「I remember YOU!」と声をかけられたかもしれませんね。
italy france uk
east europe route
一等ユーレイルパス21日間の旅
europe
index worlld list
london-scotland-international house

xxx