ビクトリアステーションの想ひ出/初めてビクトリアステーションへ来て、すっかり馴染んだ話@ロンドン/イギリス

【ビクトリアステーションの正面(1996)】
1987年8月31日、フジテレビの「夕やけニャンニャン」が終了した。
すると、日本にいる意味がない。

そこで、僕は、同行する知人とともに、ロンドンへの飛行機に乗る。
1987年9月8日朝、ロンドンのガトウィック空港へ到着。
僕は片道切符だったので、入国審査で結構質問をされた。
そういった話は、多分、また別に書きます。

ガトウィックから鉄道で着いたところが、ビクトリアステーションだった。
いやー、ビクトリアステーションは、歴史のある駅で中央の大きなホールが特徴だ。

【ビクトリアステーションのホール(1996)】
僕は最初の英国の駅に感動したよ。
英国到着の夜は、日本の旅行代理店で予約した「The Regency Hotel」という、そのころツィンで1泊2万円くらいの普通のホテルに泊まった。
雰囲気的には、かなり格式が高くて、日本のシティホテルとはまったく違う。
かなり緊張していたのか、日本人旅行者らしく、後で考えると、ベルボーイにチップを多く払ったりした。

チェックイン時に「予約は入ってたが支払いがされてない」というトラブルが起きる。
これは一応の対応をして(クレジットカードで払って、日本に連絡を取る)それなりの決着がつく。

翌日には、ビクトリアステーション裏のベルグラーブ通りにある「セントジョージホテル」に移動した。
リージェンシーホテルを捜して歩いているときに、ベルグラーブ通りの安宿街を知ったので、こちらが庶民的で気楽だと感じたからね。
銀座のクラブのママさんの息子(Kくん)を連れていたので、2人で通りに面した部屋を取る。
セントジョージホテルはいわゆる「B&B(ベッドアンドブレックファースト)」なので、チップも不要だしね。

このとき、確か、ツインで20ポンド(5千円)程度だったと思う。
僕が1人で泊まった時は、14ポンド(3千5百円)程度だったからね。

この時期の英ポンドは1ポンドが250円と考えていた。
しかしもちろんこの値段は、1987年なので当てにしてはいけません。

セントジョージホテルに泊まって、2人でロンドン見物をする。
ベルグラーブ通りからロンドン見物に出るには、歩いてビクトリアステーションへ出て、地下鉄ビクトリア駅から地下鉄に乗る。

あちこち見物したあとは、またビクトリア駅へ戻り、ビクトリア駅の構内を通って、ベルグラーブ通りのホテルへ。
だから、ビクトリア駅はいつも通っていたわけだ。

ビクトリアステーションにはパブが何軒かあって、そこでビールを立ち飲みする。
1パイントのグラスを片手に、特につまみも頼まず、会話を楽しむのが英国流だ。

【ビクトリアステーションのパブ(1996)】
最初の日に、Kくんと2人でビールを飲みながら、駅構内を眺めていた。
すると、日本人の若夫婦(または恋人/不倫?)というカップルを見かける。
パブに入ってきたので、「おーい、にほんじーん♪こっちこっち!」と声をかける。
すると、「日本の方ですか、イギリスは長いんですか?」みたいに質問された。
でも実は、その日が、僕のイギリスでの初めての日だったんだけどね(笑)。
という風に、僕はすぐにイギリスに馴染んで、風景に溶け込んでしまいました。
(ビクトリアステーション・その1)
italy france uk
east europe route
一等ユーレイルパス21日間の旅
europe
index worlld list
london-scotland-international house

xxx