ロンドンからパリへの夜行バス@Victoria Coach Station/London

【ビクトリアコーチステーション】
1987年のクリスマスごろ、僕とKくん(僕が世話を頼まれた銀座ママの子供)は、ロンドンからパリへバスで移動することにした。
実は、2人ともロンドンからパリ行きの航空券を持っていた。

というか、もともと東京で買った航空券がロンドン経由パリ行きだったのね。
それなのになぜ、わざわざバスで移動しようと思ったか?

僕が陸路旅行で、ドーバーをフェリーで渡るのににこだわったからだ。
この時期、僕もKくんも、お金はどっさり持っていた。

Kくんも僕も、イギリスでの語学学校での勉強が一段落着いたところ。
僕はケンブリッジ英検特級の試験用の特別クラスを終わり、CPEの試験を受けた

Kくんは、ボーンマスの有名語学学校「アングロコンチネンタル」の秋のレッスンが終わった。
彼は、ボーンマスの田舎に飽きて(?)、次の学期には僕のいたインターナショナルハウスに移るつもり。

イギリスの冬は寒くて寂しい。
2人は暖かなスペインへ行こうと考えていた。

が、まずとにかくパリへ移動することにした。
イギリスからフランスへ渡るならば、ドーバー海峡を渡りたいもの。

これが、本物の旅行者なんだよね。
英仏海峡をユーロスターでトンネルを通ったり、飛行機で飛んでしまっては面白くない(この時期はもちろんユーロスターは存在しなかったが)。

僕はスペインに行ったあと、どうするか決めてなかった。
ひょっとして、英仏海峡を渡るのはこれっきりになるかもしれないし…。

それならば、海峡は船で渡らないと話にならない。
ところが、せっかく船でドーバーを渡ったのに、夜の旅では海峡がよく見えなかった。

だから、次のチャンスには、わざわざ昼のフェリーに乗りました。
実際に乗ってみると、ロンドンからパリへの夜行バスでの移動は大変だった。

バスからフェリーへ、フェリーからバスへと、真夜中に乗継があるんだから。
当然、ゆっくりと眠ることなんか無理だ。

バスは、ビクトリアコーチステーションを夕方に出て、夜にドーバーに到着。
乗客はバスから降りて、船を待って、ちょっと免税品店で時間をつぶしたりする。

次に、フェリーに乗って、ドーバー海峡を横断する。
ただ、夜なので、何も見えず、ただ眠れないだけ。

フェリーがカレーに着いて、またバスに乗る。
それから、パリへ走って、パリのユーロラインのバスターミナルへ到着するのが明け方。

眠い目をこすりながら、パリの地下鉄(メトロ)駅まで歩く。
地下鉄の切符を買って、さらに移動する。

とにかくパリからスペインへ向かうつもり。
なので、まずとにかく、スペイン方面への列車が出るオーステルリッツ駅へ行く。

オーステルリッツ駅で、フランス語を使って、マドリッドまでの寝台列車の切符を購入。
それから、オーステルリッツ駅の案内所で「駅から歩いていける距離のホテル」を紹介してもらった。

これが大失敗で、確かに「歩いていける距離のホテル」だったが、メトロを乗り継いだ方がずーっと近かったんだよ(涙)。
この時期僕は、バックパックの他にフライトケースも持ってた。

もちろん、ディパックも持ってた。
だから、パリの街の中を、地図を見ながら、文句を言いながら、重い荷物を持って歩いたんだよ。

睡眠不足とこの歩きで、体力消耗で身体を壊して、パリで寝込んでしまうんだけど(涙)。
ビクトリアコーチステーションの写真が出てきたので、思い出しながら、書いてみました。
east europe route
一等ユーレイルパス21日間の旅
index worlld list europe
london-scotland-international house
ロンドンを出て、フランス、スペイン(からモロッコ)への旅(1987-1988)
xxx