ロンドンへ到着したその朝に、3日後の日本への切符を買って、セントジョージホテルに宿を決める@ロンドン

【旅行代理店「TOP DECK TRAVEL」前の看板(1996)@Earls Court/London】
1996年7月12日21時45分。
ナミビアのウィントホック発、ロンドンヒースロー着のSW681便が出発する。

翌日の7月13日午前7時45分、ヒースローに到着。
ナミビアはUTC(協定世界時)プラス1時間だが、イギリスは夏時間を使っているので、時計を合わせなくてもいい。

つまり、ウィントホックからロンドンまでは10時間かかったわけだ。
午後10時ごろに飛行機に乗って、翌朝の午前7時過ぎに目的地に到着。

これは正直、理想的なフライトだよね。
だから、ロンドンに到着した朝は、体調は非常にいい。

イギリスの入国審査は、所持金も出国切符も聞かれず、すんなりと6か月の滞在許可をもらう。
僕のバックパックが、ひとつ前のフライトに乗せられたのではないかと心配していた。

SW681便の前に、フランクフルト経由ロンドン行きのSW683というのがあったからだ。
しかし僕の緑色の汚いバックパックは無事に、到着した。

税関で、ナミビア在住の怪しい東洋人と間違われて、荷物を調べられそうになる。
そこを、ただのありふれた世界一周旅行中の日本人だと言葉で説明したら、ノーチェックで税関通過。

空港にあったバークレーバンクのATMで、シティカードを使って150ポンドを引き出す。

この時期、1イギリスポンドは180円程度なので、2万7千円程度。
これだけあれば、移動して、一泊して、しばらくはしのげるだろうからね。

地下鉄の「ONE DAY TARAVEL CARD ZONE1-6」を買う。
この料金が3.90ポンド。

ヒースローから地下鉄(Piccadilly Line)に乗って、アールズコート(EARLS COURT)で降りる。
今日の宿は、ビクトリアステーション裏のベルグラーブ通りへ行って、適当なB&Bに泊まるつもり。

でも、まだ午前9時くらいだ。
宿を見つけるには、昼前後に行くのが、ちょうどいい。

宿泊客は、朝のうちに出て、それから空き部屋が決まるので、ちょっと早すぎるんだ。
そこで僕は、地下鉄乗り放題の切符も持ってるわけだし、アールズコートに立ち寄った。

アールズコートには以前、泊まっていたこともある。
また、アールズコートには安宿もあり、旅行代理店もたくさんあるのを知っているからね。

アールズコートの駅を出ると、目の前に「TOP DECK TRAVEL」という旅行代理店があった。
その店の前の黒板には、世界中への切符の値段が書いてある。

ロサンジェルスへ、片道138ポンド、往復269ポンド。
ニューヨークへ、片道102ポンド、往復168ポンド。
東京へ、片道295ポンド、往復510ポンド。

とあるが、実際にこの通りなのかはわからない。
実際に聞くと、一番安いフライトは満席だったり、何日前までに予約するなどという条件が付いているものなのだ。

時間に余裕があるので、ぶらぶらとアールズコートの駅前をうろつく。
すると、バックパッカー宿「TABLE MOUNTAIN HOTEL」の客引きが声をかけてきた。

白人(多分オーストラリア人)の若者だが、彼もまた旅行者で、バイトで客引きをしている。
暇つぶしに話を聞くと、ドミで12ポンド(2千円強)とのこと。

ロンドンも物価が上がっているので、1996年の時点では、ナットクできる値段かな。
彼と話をしても、気軽なやつで、なかなか面白い人間だったよ。
僕がまだ二十歳代だったら、間違いなく彼の誘いに乗ったと思うよ。
欧米人の若者とドミで一緒になって、わいわい騒いだり、遊びに出たりするのはとても興味深いだろうからね。
ただ僕はこのとき、もう40歳半ばを過ぎていた(涙)。
体力的についていけないだろうと思った。
アールズコートで降りた理由は、「TARAILFINDERS」という旅行会社があったから。
僕は1988年に、ロンドンからアテネへの片道切符をここで買ったことがある。

トレイルファインダーズは信頼の置ける旅行会社だ。
メインオフィスは、この時代、アールズコートからちょっと歩いたところにあった。

トレイルファインダーズのオフィスに入って話をする。
すると、格好いい英国人の若者が、「いまはハイシーズンなので切符は一番高いですよ」と言う。

僕としては、まだロンドンからどこへ飛ぶか決めていない。
出してきた切符の価格は…。

ロサンジェルスへ、片道369ポンド、往復476ポンド(6か月のオープン)。
ニューヨークへ、片道308ポンド、往復409ポンド。

東京行きの切符では、片道329ポンド、往復633ポンド。
東京行きの切符は、フィンランド航空で一年オープン。

この切符は、往復ともヘルシンキにストップオーバーが可能。
フライトは週に2便で、火曜日と土曜日に飛ぶ。

7月13日の土曜日、いまの段階ではこれが一番安い。
フィンエアの次のフライトは火曜日の7月16日になる。

とすれば、土、日、月と、ロンドンで過ごせる時間が3日ある。
これはちょうどいい感じじゃないかな。

東京へ一度戻ることにした。
というのは、次のヨーロッパ旅行は、東欧縦断すると心が決まったから。

1996年のこの時期は、まだ東欧旅行にはビザが必要な国が多かった。
もちろん海外でもビザは取れるが、ビザのために旅先で時間を使うのも疲れる話だ。

一度日本へ戻って、東京で東欧のビザを取るのがいい。
東京からまたフィンランドへ飛び、そこから東欧縦断をすればちょうどいいと考える。

1987年から1990年までの、僕の第1回目の世界一周旅行のように、日本に住むところがなければ、海外にいてビザを取った方がいい。
ただ、1996年の2回目の世界一周では、東京に住むところがあったからね。

即座に切符を買うと決断する。
料金は633ポンド+税金10ポンドの643ポンド(11万5千円)。

これは、現金がないので、VISAカードで支払う。
つまり僕は、アフリカからロンドンへ到着したその日に、3日後の東京行き往復航空券を買ったわけだ。

アールズコートへ戻って、地下鉄ディストリクトライン(District Line)でビクトリアステーションへ。

【ビクトリアステーション】
ビクトリアステーションで地下鉄を出て、ビクトリアステーションを眺める。
「僕はこのビクトリアステーションを、1987年には、学校の行き帰りに毎日通り過ぎていたよなー」と、感慨にふける。

宿は、僕が定宿にしていた「セントジョージホテル」のある、ベルグラーブ通りに行けば見つかる。
ベルグラーブ通りの両側には、宿がずらりと並んでいて、表には「VACANCY(空き室あります)」「NO VACANCY(満室です)」のプレートがかかってるのだから。

【ベルグラーブ通りB&Bの並び】
ベルグラーブ通りに入って、懐かしいセントジョージホテルを見ると、「空き室あります」の表示だ。
中に入ると、1987年に知り合ったノエミおばさんがまだいたよ。

僕は「ノエミさん、覚えてますか?」と聞いた。
するとおばさんは、「覚えてるよ!」と答えたね(笑)。

【セントジョージホテルの玄関】
ノエミおばさんが僕を覚えていたからといって、ホテル料金を安くしてくれるわけではない。
1泊シングルで28ポンド(5千円)だ。
ただし、セントジョージホテルには、きっちりしたイングリッシュブレックファーストが付いているよ。
シャワーとトイレが別で、ただ寝るだけの部屋(洗面台とテレビは部屋にある)が5千円。
ただ、ロンドン中心部の便利な場所だから許容範囲かな。

ロンドンへ着いて午前中に、すぐに3日後の切符を買って、3日間の宿を決めた。
これって、なかなかてきぱきした行動じゃなかったかな。

でもまだまだ、7月13日は、昼間だ。
それでは、久しぶりのロンドンを見て回りましょうか。