パリからどこへ行くかを考えながら、エッフェル塔に上り、シベリア鉄道で日本へ帰る可能性を調べてみる。@パリ/フランス


1988年10月5日、パリの「サン・ジャック通り」の「アンリ4世ホテル」で起きる。
このホテル、1988年ごろはかなり汚くて、シングル一泊80フラン(約1600円)というパリでも格安のホテルだった。

念のために2016年の状況を調べてみたら、同じ地域に同じ名前のホテルが見つかって、一泊2万円している。
改装したのかもしれないが、念のために書いておきます。

一泊2万円出すなら、もう長期旅行なんて絶対無理だね。
僕が旅をしていた時期が、よかったんでしょう。

僕の旅行記を読めばわかるが、僕はフランス中どの町でも、シングル一泊2千円程度で泊まってた。
僕が神に愛されていたことが、これでもわかる。

パリの宿に一泊2万円も払うくらいなら、日本の地方都市へ旅した方がいい。
一泊5千円程度のビジネスホテルに泊まって、コンビニ弁当を食べながら、日本を観光した方が楽しいに決まっている。
はっきり言うと、日本人が海外旅行する時代は、終わったということね。
ぼくは、「日本人がどんどん海外旅行に出て、前途には希望しかなかった時代」を生きてきた。
その世界史的にも特別な時代に、僕は2年8か月も連続で、世界一周旅行をした。
だから、世界旅行者と呼ばれるんだよ(笑)。

でもこの話は、やっとアフリカ旅行のあとの、ヨーロッパ鉄道旅行が終わって、ちょっとこれからの方針に迷いが出た時期だった。
昨日(10月4日)、日本大使館へ行って、パスポートの再発行と合冊を頼んだ。

10月4日に申請して、出来上がるのが10月7日。
その期間、僕のパスポートはパリの日本大使館が預かっている。

だから、フランスから出国はできないし、パリを離れるのもしにくい。
逆にその期間、のんびりとパリを歩き回るにはちょうどいい。

というわけで、10月4日は、日本大使館の近くにあった「凱旋門」へ上り、シャンゼリゼを歩いた。
今日10月5日は、特に目的もないわけだが、せっかくパリに来ているのだから、「エッフェル塔」にでも上りましょうか。

前回もパリには長く居た。
その時は、身体を壊していたせいか、エッフェル塔は下から見上げただけで、上らなかった。

まあ「世界旅行主義」によれば、「お城や塔は外から眺めれば十分」という原則があるわけだが。
パリのエッフェル塔は、世界的な名所だしね。

ちなみに僕は、長年、離婚前も世界一周旅行後も、東京タワーが見えるところに住んでいる。
でも東京タワーには、2度しか行ったことはない。

一度は「通訳ガイド」の研修だった。
もう一度は、ロシアからの帰国子女の美女が結婚するというので、最後のデートだったっけ…。

あれれ、昔のことを思い出してしまった。
東京タワーに歩いて行ける地域に、長年住んでいても東京タワーには上らない。

これは普通のことでしょう。
ましてや、バカ高く、歴史も伝統もない「東京スカイツリー」なんかには、金をもらっても行くつもりはないけどね(女の子がお金を出してデートしたいというなら、前向きに考えます)。

とにかくパリにいて暇なんだから、世界旅行者がベタにエッフェル塔へ上っても許してください。
地下鉄でとっととエッフェル塔へ。

エッフェル塔(Tour Eiffel)のことは、正直それほど記憶に残ってない。
僕の旅行ノートに「Piller Nordからascenseur(エレベーター)@12FA28FB44F」と書いてある。

A28Fのところに下線が引いてある。
また「Piller SudからescalierAまで7F」とある。

これを解釈すると、エッフェル塔の二段目まで、北側のエレベーターで上って、南側のエスカレーターで降りたってことではないでしょうか。
でも、メモしてなければ、エッフェル塔に上ったという記憶はない。

凱旋門も料金がメモしてあったから、上ったのだと思う。
でも、記憶にはない。

「世界旅行主義」の「高い建物は、外から見ると感動的だが、それで十分。高い金を払って入場する意味はない」が証明されたってわけだ。
次に「シャンドマルス公園(Parc du Champ de Mars)」を歩いた。

さらに、「東京銀行パリ支店」へ歩いた。
ここで、東銀のトラベラーズチェック5万円券が2355フランになった。

この時僕は、パスポートを日本大使館に預けていたわけだが、パスポートのコピーで問題ありませんでした。
次にソ連の国営旅行会社「インツーリスト」へ。

インツーリストで紹介してもらった旅行代理店で、パリから東欧、ソ連を通過して、シベリア鉄道経由で、日本へ帰るルートを考えた。
次に日本の本屋「JUNKU」へ行って、日本語のガイドブックを立ち読みした。

一応、パリから東欧、ソ連経由で、日本へ戻ることを考えたわけだ。
ただ、この時代は、社会主義国が存在していたので、ビザも面倒だろうし、急に思いついてすぐに移動できるわけではない。

いま思い返してみると、シベリア鉄道で日本に帰るというルートを諦めるために、念のために調べたのだろう。
僕としては、米国へ行くことは、心の中でほとんど決まっていたのだし。

東銀パリ支店近くのラーメン屋でちゃんぽんを食べて、42フラン。
「ここは粘れるようだ」とわざわざ書いてある。

本屋をあちこち巡って、「コリンズジェム」を探すが、見つからない。
それで「THE OXFORD MINIDICTIONARY」を28Fで買った。

次に、絵葉書を書いた。
海外旅行をしていれば、絵ハガキを書くのは、暇潰しにちょうどいい。

東京の友達のほかに、昨日電話で話をしたロンドン滞在の若者へも書いた。
ついでに、別れた嫁さんにも書いたが、これはただの気の迷い。

でも、海外旅行中で、ふと暇ができてしまったら、いろんな変なことをしてしまうものです。
夕食は、テイクアウトのピザとワインにしました。
xxx
フランス/france
パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

europe asia
world index
xxx