「VIA ROMA」と「PIAZZA SAN CARLO」@トリノ/イタリア
1988年3月30日、フィレンツェから鉄道でピサへ移動し、ピサの斜塔へ登った後、どこへ行こうかとちょっと迷った。
トーマスクックのヨーロッパ鉄道時刻表を見ると、ピサからジェノバ経由でトリノまで、暗くなる前になんとかたどり着けるようだ。

ジェノバから西へ行けばフランスのニース、東へ進めばミラノという観光都市がある。
それをわざわざジェノバから北へ進んで、トリノにしたのは、「宿が取りやすいのではないか」と考えたから。
僕が旅をしていたのはイースター休暇の時期で、ローマでもフィレンツェでもホテルを捜すのに苦労したからね。
トリノのあと、とっととフランスへ向かうのか、またはせっかくだから世界的な観光地ベニスへ行くのか、それは明日の朝考えればいい事にしよう。

予想よりもずっと大きなトリノの駅に着き、駅横にあった「HOTEL COLOMBIA」に飛び込む。
思った通りホテルはガラガラの雰囲気ですぐに部屋が見つかる。
トリノは観光都市ではなくて、工業都市なんだ。
だから、この駅横のホテルも、ビジネスマン向けの感じがした。
ホテルも超大型ではないが、結構な収容人員がある。
イースター休暇で、観光客はいないし、またお仕事をする人も来てない。
北部イタリアの都市は、互いにそれほど離れているわけではない。
だから、jローマやフィレンツェミラノ、ベネチアなんかのホテルが取りにくければ、近くの都市で宿を取ればいいだろう。
しかも、このトリノという町が、結構きれいなところだったんだ。
町は落ち着いていて、金がありそうだった。

「HOTEL COLOMBIA」のシングルルームで2万6千りラ。
この時期、リラの額面を10で割れば円になるレートだったので、約2千6百円だ。
まあまあじゃないかな。
しかもペンションなんかではなくて、ビジネスホテルのようだった(トイレもシャワーも付いていた)。

翌朝(188/03/31)になって、とっとと移動しようと思ったが、トリノは小雨だった。
アフリカからローマ、フィレンツェ、ピサ、トリノと移動の連続している。

ここらへんで、ちょっと身体を休めるか…。
急ぐ旅でもないし。
出発を諦めて、午前中は、部屋でゆっくりした。
雨が上がった午後から、トリノの町を見てみることにする。

ローマで購入したガイドブック「MICHELIN」の地図を手に駅から町へ歩いていく。
「VIA ROMA」という通り、「PIAZZA SAN CARLO」という広場に出る。
これが、いかにも金のかかっている感じで、しかもなかなか品がよく、その立派さにビックリしてしまう。
観光客もほとんどいないので、本当に感動した!
このあとも北イタリアの町を見て回ったが、トリノの町が一番想い出に残ってるね。
歩いていると映画館にぶつかる。
前から気になっていた映画「太陽の帝国(L'Impero del Sole)」を見つけたので、さっそく映画館に入る(8千リラ)。
これは、欧米人の少年の眼で見た日本軍という、興味深い映画だった。
英語の本を売っていたので、ソニーの創業者の一人、盛田昭夫の「MADE IN JAPAN」を買う。
アガサ・クリスティーの「DEATH IN THE CLOUD」も、購入する(合計2万リラ)。

町がステキなのに、その中を歩く自分服装が余りにミジメで、町に合わない。
ついうっかり、BENETTONの店に入り、新しいトレーナーを購入してしまった(5万4千リラ)。

これだけ散財してしまうと、夜の食事も中華料理で2万リラ使った(涙)。
ちょっと使い過ぎだ。
明日は一日サンドイッチだけで過ごそうっと。
旅をしていると、移動が忙しくて、一日一食あれば、それ以上食べようとは思わないからね。
そう決心してしまうと、北イタリアを東へベネチアまで、横断する気持ちになった。
地図を見ると、北部イタリアでは、名前を聞いたことがある町が、適当な距離で並んでいる。
明日は、ミラノか、それともベローナか。
それは列車に乗った後に決めよう。
italy france uk east europe route europe
index worlld list

xxx