ターバートへのフェリー@ウイグ/スカイ島/スコットランド
インバネスを小さな車で出発した僕たちは、ネス湖を見て、そのまま西へ走り、カイル・オブ・ロハルシュ(Kyle of Lochalsh)へと到着。
ここからスカイ(skye)島へ、小さなフェリーで渡る。

このフェリーというのは本当に小さな船で、実際乗っている時間も数分だったんじゃないかな。
いまではここは橋がかかって、スカイ島を英国本土と結んでいるようだ。

スカイ島に入って、走り続けて、まだ明るいうちにスカイ島の中心都市ポートリー(portree)へとやってきた。
道端にB&Bの看板を見つけて泊まる。
最初のB&Bでは断られたが、そのおばさんが別の宿に電話をかけて予約してくれた。
まあ、イギリスを車で旅するときは、予約なんか必要ないってことだけどさ。

翌日とにかくウイグ(uig)という港町へと車を走らせる。
ウイグからはアウターへブリデス諸島のハリス島へのフェリーが出ているらしいのだ。

しかし、このフェリーの出発時間もわからなければ、乗るかどうかも決めていなかった。
一緒に旅している若者に「もしフェリーがあって乗れるならば、フェリーに乗ることにしよう、急がないでいい」と言う。
「乗れるか乗れないかは神様が決めることだから」と説明した。
しかし正直なところ、僕は運転が下手なので、こんな細い道でスピードを出して事故を起すのがイヤだっただけなんだよ(涙)。

ところがウイグの港を丘の上から見下ろせるところへ差し掛かると、ちょうど船は出港の準備をしていて、車が乗り込んでいるのが見えた。
それでも急がずに、港へ着くと、ぎりぎりで乗船できる時間だった。

切符を買って、車をフェリーに載せる。
すぐに船は出港する。

ゆっくりと、静かに、ウイグの港を出て行くフェリー。
その周囲は荒涼として、露出した岩と低い草しかない。

これはかなり感動的だったよ。
確か2時間程度でハリス島の港ターバート(tarbert)へ到着した。

この港町も本当に何もないところで、安ホテルが3軒ほど並んでいたのを覚えている。
そのうちの一つにチェックインする。

そして、そのころまだまだ若くて元気があった、僕らが考えることは、さらに進むこと。
身体を休ませもせずに、また車に乗り込む。

さこれからは、ハリス島、ルイス島を突っ切って、ルイス島の港町ストーノウェイ(stornoway)へと向かうつもりだ。

【旅行哲学】船に乗れるときは、船の時間に間に合う。
italy france uk
east europe route
一等ユーレイルパス21日間の旅
europe
index worlld list
london-scotland-international house

xxx