ストラスブール大聖堂@ストラスブール/フランス(「1日で4カ国旅行」より)
朝6時にアムステルダム(オランダ)を出て、ブリュッセル(ベルギー)、ルクセンブルグ(ルクセンブルグ)へ立ち寄る。
ルクセンブルグを午後2時49分に出た列車が、ストラスブールへは予定通り、同日午後5時に到着(2時間)。
早速、駅前のインフォメイションでホテルリストを入手する。
ここではドイツなどと違って観光案内所でホテルの予約をしてくれる訳ではない。
でも、立派なホテルリストがあって、場所を親切に教えてくれる。
地図を2F(1フランスフラン=23円)で買って、街の案内書をもらう。
まだ外は明るいので、歩いてホテルを捜すことにする。
駅から正面の道を歩くと、駅に近くて安いので目をつけた「ホテルビクトリア」がある。
細い階段を上がってレセプションで値段を聞くと93F(この時期、1フランが23円程度なので、2千円ちょっと)とのこと。
ホテルリストには75Fとあるので文句を言うと、値上がりして1泊78F、それに朝飯が15Fなのだとか。
明日の朝早く出発してバーゼルからジュネーブまで行く予定なので、朝食は断って78Fで泊まることにする。
最初に見せられた部屋がホテルの入口に近いので「うるさいのは嫌だ」といって、別の部屋に替えてもらう。
22号室。
この値段だと当然シャワーは部屋の外にある。
見せてもらうと、シャワールームには鍵がかかっていて、1回10F(230円)だという。
高すぎる!
でもまあ、乾燥したヨーロッパでは別に風呂にこだわることもない。
しかし、よくこれだけ口実を作ってよけいな金をむしり取ろうとするものだ。
ドイツに近いとはいっても、さすがフランスだ。
ここにも国民性が現れている。
ドイツではホテルの値段は案内所で聞いた通りきっちりしている。
が、フランスでは更に自分で交渉しなければいけないのだ。
ストラスブールの旧市街へ歩いて行く。
カテドラルで膝まづいて祈る。
カテドラルのステンドグラスの大きさにびっくりする。
広場に面してフランス風のカフェやバールが開いている。
旧市街は完全な観光地だね。
ソーセージサンドイッチとビール、それにヴァンブラン(白ワイン)のハーフボトルを買って戻る。
部屋で乾杯をする。
一人でこんな小さな部屋に泊まって、ヨーロッパの旅を続けていることを思う。
ユーレイルパスはあと1週間有効だ。
明日はジュネーブに行く。
ジュネーブで一泊した後、明後日はそこからTGVでパリに向かう。
でもパリでゆっくり休むことはできない。
まだ行ってないポルトガルへ、足を伸ばすつもり。
うまく行けば、そこから戻って、さらに船でアイルランドまで行くつもりだ。
なぜこんなに取りつかれたように走り回れるのかって?
それには理由がある。僕には神が乗り移っているのだ。
ヨーロッパを旅する貧乏人に取りついて、タイムリミットになるか、旅人が疲労で倒れるまで狂ったように動き回らせるという伝説の魔神。
それが「ユーレイルパス」の神だ。

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

europe asia
world index
xxx