『ストラスブールからバーゼルの国境で、パスポートの写真が剥がれてかけていて、フランス出国に手間取る』@バーゼル/スイス

【昔のパスポートの写真は、上のように剥がれやすかった】
1988年9月28日、ストラスブールの宿「ホテルビクトリア(HOTEL VICTORIA)」22号室で目を覚ます。
このホテルはシングルで78フラン。
1フランスフランが、この時期、23円と考えている。
だから、1794円。
シャワー料金が10フラン(230円)だが、シャワーは浴びなかった。
また、朝食が15フラン(345円)だったが、朝食は断った。
昨日は、アムステルダム(オランダ)を出て、ブリュッセル(ベルギー)ルクセンブルク(ルクセンブルク)ストラスブール(フランス)と、一日で4カ国旅行を達成した。
今日は、ストラスブールを出て、バーゼル(スイス)で国境を越えて、ジュネーブへ行く予定だ。
列車の時刻は、昨日、ホテルを決めたあとで確認してある。
午前8時半ストラスブール発、バーゼル(SNCF)着が午前10時01分の予定(乗車時間が1時間半)。
この列車には一等車があるので、一等ユーレイルパスを持つ僕は、もちろん一等でゆったりと過ごし、時間通りにバーゼル駅へ到着。
ところで、時刻表にはわざわざ到着駅を「SNCF」と書いてある。
SNCFとは、フランス国鉄(Societe Nationale des Chemins de fer Francais)のことだ。
つまり、列車は「フランス国鉄のバーゼル駅」に到着するらしい。
手許のトーマスクックヨーロッパ時刻表(THOMAS COOK EUROPEAN TIMETABLE)で、バーゼルからジュネーブの鉄道時刻を調べる。
すると、列車の本数も多くて、だいたい3時間前後で移動できるようだ。
ただ、その列車の出発駅が、「BASEL SBB.」となっている。
SBBとは、スイス国鉄(Schweizerische Bundesbahnen)のことだ。
わざわざ、フランス国鉄とスイス国鉄を分けて表示してあるという意味は、駅が2つあるということだろうか。
到着してみるとわかったが、同じホームが半分フランス国鉄で、半分がスイス国鉄になっていた。
ただ、別の駅だと示すためか、スイス側のホームが一段低くなっていた。
フランス側の出国審査があり、かなり詳しく調べられた。
実はこのときまでに、僕はパスポートを常に身に着けて、旅していた。
多くの国境で、パスポートを提示してきた。
パスポートをチェックする係員は、偽造ではないかと調べる。
この時期の日本のパスポートは、四角い写真をパスポートにフィルムで貼り付けていた。
中には、写真を貼り替えているのではないかと疑って、フィルムをめくろうとしたり、写真の部分を折り曲げる人も多かった。
何度も写真とフィルムの接着を確認されているうちに、フィルムが切れて、写真が少し浮き上がってきたんだ。
今までこれについて、問題になったことはなかったが、ここバーゼルのフランス出国のチェックで問題になる。
係員が25歳くらいの女性だったんだが。
世界中の入国、出国審査でも、「若い女性の担当者は仕事熱心でやかましい」というのが定説なんだけどね。
あちこちへ電話をかけて、バックパックを隅々までチェックして、僕だけ待たされて、フランスを出国するのに20分かかった。
もちろん、結果的に問題はなかったわけだが、「パスポートを再発行してもらいなさい」と注意を受けた。
確かに、パスポートの写真が剥がれかけているのでは、これから後さらに問題になりそうだ。
パリの日本大使館へでも行って、再発行しなければならないかなと、考える。
結局この後、パリの日本大使館で、パスポートの再発行をお願いして、その結果「パスポートの合冊」をしてしまった。
今ではパスポートの合冊はできないことになっている。
つまり、ここでも、世界旅行者としての勲章をひとつ手に入れたってことかな。
ちなみに、合冊したパスポートの写真は、僕の第一弾「間違いだらけの海外個人旅行」に載っています。
興味がある人は、読んでみてください。

バーゼル到着がまだ午前中だ。
バーゼルから今日の目的地ジュネーブへは、鉄道の本数も多く、たったの3時間で到着する。
ジュネーブへ早く着きすぎても、特になにもやることはない。
まあ、レマン湖を見ればそれで十分。
バーゼルをちょっと歩いてみるかしら。
というのは、一つ気になっていることがあった。
バーゼルは、ドイツとフランスとスイスの3国の国境線が交わるところ。
この時期、日本人旅行者の間では、「3国の国境がぶつかる場所にポールがたっていて、ぐるりと歩けば、一瞬で3カ国を旅できる」という噂が流れていた。
それを確認したい気持ちも、ないわけではない。
というわけで僕はまず、バーゼルの観光案内所へ行きました。

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

europe asia
world index
xxx