ストーノウェイ@ルイス島/アウターへブリデス諸島/英国
ターバートからアウターへブリデス諸島の中心都市ストーノウェイへは、単純な一本道で迷うことはない。
そのはずだったが、ターバートの町を出るときに道に迷って、変な船着場に出てしまった。

そこから小さなフェリーが出るらしく、車が何台か待っている。
前の車にいたおばさんに聞くと、道が違っているのを教えてくれた。

ついでに、若者が英語学校へ行くまでの時間潰しでスコットランド旅行をしていると話すl。
と、彼女も語学学校の学生を泊めているということだった。
「日本人の若者は誠実だからとてもいいわ」と、お世辞を言ってくれたよ。
英国の重要な産業の一つが、実は、英語の語学学校なんだ。
だから、どの町にも語学学校が存在している。
そこには世界各国からの若者(中年も、老年も)が集まってきて、下宿業が成立しているってわけだよね。

大きな地図で見る
さて、正しい道に戻った僕たちは、とろとろと車を走らせる。
ルイス島には苔と岩くらいしかなかった記憶がある。

山もあるけれど、もちろん裸の岩山だ。
その間を舗装された細い道が続いている。

ほとんど車に出会わなかったので、ノンビリと走らせて、確か1時間ちょっとしたらストーノウェイに到着した。
僕たちからすると、船と車でやっとたどり着いた最果ての港町という感じ。
だが、ここは実は、アウターへブリデス諸島の中心らしく、大きな港があった。
車を止めて、港のパブに入ってビールを飲む。
すると、船乗りから話しかけられる。
彼が日本にいったことがあるとか、訛りの強い英語で、そういう話をちょっとしたりする。

このパブが、変に洒落ていて、白と黒の内装がキマッていたよ。
カウンターの中年女性もいわくありげな、映画にでも出てきそうな感じだった。

「こんな感じのパブを日本で開けたらいいね」と、一緒に旅をしている若者に言ったことを覚えているよ。
でも、格好いいパブを開いても、客が日本人の酔っ払いだとすると、こんな格好いい店にはならない。
つまみに焼き鳥や枝豆、シシャモやホッケ焼き、大根サラダ、をメニューに入れないと客が入らないだろう。
冬になれば日本酒も出して、おでんも出すし、寄せ鍋もやる。
生グレープフルーツ入りの酎ハイも出すことになる。
これでは、小洒落たイングリッシュパブではなくなるよね。
それに、パブでは客の話の内容が問題なのだが、日本人は女と仕事の話しかできないから…。
つまり、こんな店を日本に作っても無駄だね。

と、旅行哲学し終わったので、またターバートへと戻った。

【旅行哲学】日本に英国パブを持ってくるのは不可能だ。
italy france uk
east europe route
一等ユーレイルパス21日間の旅
europe
index worlld list
london-scotland-international house

xxx