ストーンヘンジ写真集(1996/07/14)
平行して、「ソールズベリーの牛のように大きな豚の話」も読んでね。

【ストーンヘンジの入り口】
1996年7月14日、この日は日曜日だ。
セントジョージホテルの28号室で目を覚まし、たっぷりしたイングリッシュブレックファーストを取る。
バッキンガムパレスからあちこち見物しながら歩いて、ウォータールー(WATERLOO)駅へ。
さて、あの有名なナポレオンが敗れた戦いが、ワーテルローの戦い。
ワーテルローは実は、WATERLOOだ。
この二つには関連があるのではないかと、ずっと考えていた。
この文章を書くために調べてみたら、やはりその通りだった。
戦場となったワーテルローは、ベルギーにある。
ワーテルローの戦いでナポレオンに勝利した英国は、それを記念してテムズ川に作った新しい橋を「ウォータールー(WATERLOO)橋」と名付けた。
1848年に鉄道が出来て、駅の名前もウォータールー駅となったという。
もしウォータールー駅からソールズベリーへ行くならば、このウンチクを話したらいいだろう。
窓口でソールズベリー(SALISBURY)への一日往復切符(ONE DAY RETURN)を19.20ポンドで購入。
ちなみに片道切符が19.10ポンド、ワンディリターンが19.20ポンド。
ここが英国式の考え方で、香港のエアポートエクスプレスも、ワンディリターンは片道切符と同額だ。
「日本の運賃システムは、乗客のためになってないなー(涙)」と、旅行哲学した。
この時期、英ポンドは1ポンド=180円のレートだったので、3500円ほど。
高いような安いような、中途半端な値段だが、片道ずつ買うと倍なんだから、物価は高かったわけだ。

【各国語のストーンヘンジ解説のオーディオガイド】
ソールズベリー着が午後12時35分。
駅前にツアーバス?が停まっていて、若者が乗り込んでいたが、僕は「ツアーではダメだ」と乗らなかった。
これが多分、勘違いだった気がするが、それはそれで問題はなかった。
ソールズベリー鉄道駅からちょっと離れた、バスターミナルへ歩いた。
BUTCHER ROWの観光案内所が開いていた。
ここでストーンヘンジ行きのローカルバスの時刻を聞く。
すると、日曜日のバスは、たった4本しかない。
そのバスは、バスターミナルを出て、鉄道駅へ寄って、ストーンヘンジへ行く。
次のバスは、バスターミナルを14時25分に出て、鉄道駅を出るのが14時40分。
さっき僕が見た、ツアーバスらしきバスが、ストーンヘンジ行きのやつだったらしい。
時間潰しに、ソールズベリー大聖堂を見学した。
駅へ戻って、バス停の時刻表をチェックすると、やはり日曜日は4本しかない。
このまま14時25分のバスに乗ると、ストーンヘンジ到着が15時05分。
15時45分のバスで戻ると、たった40分しかストーンヘンジを見るのはたった40分。
これは失敗したね。
もともと観光するならば、朝から移動するのが基本(世界旅行主義)。
それをロンドンを歩いてうろついて、午前中の時間を過ごしたのが失敗だった。
平日だとバスは一日に9本ある。
今日はソールズベリー大聖堂を見ただけで十分、明日もう一度、出直そうと考える。
とにかく世界旅行者は、無理をしない、諦めが早いというのが特徴だからね(笑)。
しかし旅行の神様は、「世界旅行者に出なおさせてはいけない」と考えたようだ。
タクシーの運転手になって、声をかけてきた。
「ストーンヘンジで30分待って往復で20ポンド」と言う。
僕はストーンヘンジからのバスがあるのを調べていたので、片道13ポンドで話を付ける。
午後2時に到着。
ストーンヘンジの周辺は、まったくなにもない野原だ。
入場は、なぜか持っているISIC(国際学生証)を見せて割引になった。
入り口には「オーディオガイド」がずらりと並んでいて、日本語のものもあった。
日本語オーディオガイドを聞きながらストーンヘンジの周囲を歩く。
夏の日曜日だからなのか、観光客が多い。

【ストーンヘンジの駐車場/赤いダブルデッカーが駅へ行くバス】
観光客は、ほとんどはツアで来ているようだ。
駐車場には大型のツアーバスがずらりと並んでいた。
「まあ、普通の人がツアーで来るところを、わざわざ1人で鉄道で来るというのが、僕のすごいところだよなー」と、自己満足に浸る。
きれいな日本女性を見かけたので、声をかけたら、人妻さんだった。

【ストーンヘンジでごろ寝する人が沢山いる】
小さな子供を二人連れていて、上品なところから推定すると、ご主人が日本企業の駐在員で、仕事が忙しくてかまってもらってないんだなと、想像した。
ただ、子供がいるのでは、これ以上発展はしないと、すぐに諦めた。

【観光客のいない部分を選んで写真を取る】
ストーンヘンジは周囲にロープが張ってあって、直接中に入ることも出来ない。
巨石に触ることも無理だ。つまり、周囲をぐるっと歩いてしまえば、それでオワリ。
写真を取るとしても、観光客が多すぎて、必ず写り込んでしまう。
そこをなるべく人が入らないように、写真を取る。

【ストーンヘンジの夏のシーズンの混雑】
でも逆に、観光客が入った方が、写真としては面白いかもと、観光客に囲まれたストーンヘンジを撮る。
あとで考えてみると、こっちの方が興味深い写真だったね。

【ストーンヘンジの全景】
あとは、ロンドンへ帰るだけ。
ダブルデッカーのローカルバスに乗る(片道2.70ポンド)。
この途中で、豚の交尾事件が起きたわけだ。
ソールズベリー駅の4番ホームから、16時50分の列車に乗る。

【ストーンヘンジの周囲にはロープが張ってある】

工事があるようで、BASINGSTOKEで列車の乗換えがある。
BASINGSTOKEに17時24分到着、到着ホームの3番ホームから17時35分出発の列車に乗る。
この列車はクラプハムジャンクション(CLAPHAM JUNCTION)を通った。
クラプハムジャンクションは、僕が1987年に下宿をしていた家があるところだよ。
僕はクラプハムジャンクションからビクトリアステーションへ通っていたが、乗った列車はそのままウォータールー(WATERLOO)駅へと到着した。
それが18時30分。
ウォータールーから、ベイカールー(BAKERLOO)線でオックスフォードサーカスへ行き、ビクトリアラインに乗り換えてビクトリア駅へ到着。
ビクトリアステーションのコンビニで、ワインとサンドイッチ、焼きソバを買って夕食にしました。
いろいろあったが、ロンドン市内を歩き、ソールズベリー大聖堂を見て、ストーンヘンジへ行ったなら、まあまあの一日です。
個人で旅をした海外一日は、一生忘れることはないので、頭のためにもいいのかもしれません。