『ストックホルム駅で、コペンハーゲンへの指定席を取り、コペンハーゲンから西ベルリンへのバルト海急行の二等寝台の予約をする』@ストックホルム/スウェーデン
シリアライン(Silja Line)の大型客船に乗船するのが、1988年9月21日午後4時半。
ヘルシンキ(フィンランド)を出港するのが、午後6時。
穏やかなバルト海をスイスイ進む。
ストックホルム(スウェーデン)に到着するのが、1988年9月22日、午前9時だ。
船で知り合った日本女性と一緒に地下鉄駅まで歩き、ストックホルム鉄道駅へ(7スウェーデンクローナ/140円)。
ストックホルム中央駅で、列車を調べる。
ストックホルム午前11時05分発、コペンハーゲン着午後7時24分の「31番列車」がある。
僕は1等のユーレイルパスを持っているので、この列車は無料。
列車には、要予約の「R」のマークがついているので、座席を予約する。
この予約料金が15クローナ(300円)。
僕は、このとき、手持ちのスウェーデン通貨が12クローナしかなかった。
そこで、一緒だった絵本作家さんに、予約窓口で3クローナ借りて、15クローナを払う。
1スウェーデンクローナを20円と考えているので、借りた3クローナとは、60円だけどね。
この日本女性は、シリアラインの豪華客船で、一人でキャビンに泊まっていたくらいのお金持ちだ。
昨日、ヘルシンキを出港したあとで、甲板で出会って、話をしていたんだ。
僕は、ストックホルムに土地勘があるので、今朝は船から、彼女を地下鉄や中央駅へ連れてきた。
常識のある日本女性ならば、3クローナ(60円)程度は、請求しないのが普通じゃないかな。
彼女は、ストックホルムに泊まるし、僕は長期旅行のバックパッカーで、これからまだまだヨーロッパ中を走り回る。
だとしたら、ここで、朝食くらいおごって、「がんばってね♪」と、励ますのが、普通じゃないかなー。
ところが、この日本女性は、僕から3クローナを戻してもらおうとする雰囲気だ。
これは正直、困ったよ。
だって僕は、これから列車に乗って、デンマークへ向かう。
つまり、60円分のクローナを入手するために、わざわざ両替することはできない。
小銭がいろいろあったのを思い出し、彼女がこれからのノルウェーへも英国へも行くことを考えて、2.5ノルウェークローナ(50円)を渡す。
でもまだ0.5クローナが残っている。
それでもまだ、彼女は清算が終わってない雰囲気なので、思い切って、ズバッと英国の50シリング(120円)を渡したよ。
こんな細かいお金の清算をやったので、僕の彼女に対する印象は、ひどく悪くなった。
旅先の思い出をきれいにしておくためには、100円程度のお金を細かく請求するのは、止めたほうがいいと思うね。
いまこの旅行記を書いていて、改めて思い出して、イヤーな気持ちになったんだから。
男も女も、金に細かいというのは友達をなくす原因だ(「世界旅行主義」)。
僕の本「これが正しい海外個人旅行」の「旅のヒント」にも、「旅先では金を貸すな、金をやれ」と、はっきりと書いてある。
「これが正しい海外個人旅行」>第三章「キモチイイ旅のためのヒント集」>[8]旅先では金を貸すな、金をやれ。
ストックホルムから8時間ちょっとの旅で、午後7時半ごろにコペンハーゲンへ到着するのはいい。
しかし、コペンハーゲン駅に夜に到着しても、意味がない。
コペンハーゲンからドイツのベルリンへ向かう列車を発見する。
これが「OSTSEE EXPRESS(バルト海急行)」
コペンハーゲン発午後10時12分、ベルリンのZOO駅着が翌朝の8時58分(乗車が約10時間)。
ちょうどいい時間じゃないか(笑)。
この列車は途中、デンマークのGEDSER(ゲッサー)から、東ドイツのWARNEMUNDE(ヴァーネミュンデ)まで、バルト海をフェリーで越える。
ただちょっと面倒なことがある。
僕がヨーロッパを旅していた1988年は、ヨーロッパの社会主義国は立派に存在していた。
つまり、ドイツは、まだ西ドイツと東ドイツに分かれていたんだ。
旅行者としての問題点は、ユーレイルパスは西ドイツには有効だが、東ドイツでは使えないってこと。
僕のユーレイルパスは、東ドイツ国内では使えないから、鉄道運賃から払わなければならない。
今でも、ユーレイルパスが使える国から使えない国へと旅をするときに、運賃の支払いをどうしたらいいのか、それが大きな問題になったりする。
でもね、そういう時は、現地で聞けば、正しいにしろ間違っているにしろ、一応の答えは出るものだ。
僕はストックホルム中央駅の窓口で、この問題を聞いた。
デンマーク国境のゲッサーまではユーレイルパスがあるので、乗車券は無料。
ゲッサーからベルリンSTADTBAHN(多分ベルリン市内)への運賃を別払いして、241スウェーデンクローナ(約4800円)。
さらに、コペンハーゲンからベルリンZOO駅までの、二等寝台料金が、149スウェーデンクローナ(約3千円)。
合計が290クローナ(7800円)となる。
ここは、手持ちのマスターカードで支払った。
ストックホルムからコペンハーゲンへの一等車座席は、一等ユーレイルパスがあるので、予約料金(15クローナ/300円)のみ。
コペンハーゲンから西ベルリンへ2等夜行寝台は、乗車券込みになって、290クローナ(7800円)したわけだ。
コペンハーゲンでの列車待ちが3時間弱なので、夕食をとる時間もあるだろう。
悠々と落ち着いて、一等コンパートメントに乗り込もうとする。
その、ストックホルム駅のホームで、日本人の若者に話かけられる。
日本人にしては、いやにぺらぺら言葉が出る。
僕はすぐに理解できたが、彼は、旅行初心者で、旅に酔っているんだとわかった。
彼は日本を出て、シベリア鉄道で、モスクワに着き、北欧を旅して、ストックホルムまで来た。
それを人に話したくてたまらないようだ。
僕は、彼は旅行初心者で、中身がないと判断したので、話を切り上げた。
列車は、コンパートメント式ではなくて、オープンサロン式だった。
席に着くと、遠くから日本人の大声が聞こえる。
気にしてみると、さっき僕に話しかけた日本人の若者だ。
日本人夫婦を見つけたようで、自分の旅の話をしている。
大声の日本語が耳に入ってくるので、つい内容を聞いてしまうが、まったく面白くない。
日本人夫婦も迷惑なようで、奥さんが「こちらの方面白いわねー」と皮肉を言う。
若者は、自分の旅の話が面白いと確信しているので、話すのを止めない。
面白くない話を、ずーっと聞かされるというのは、じっ、じっ、じっ、地獄だね…(涙)。
僕は本に集中することにしたが、さすがに、日本語の話は途中で聞こえなくなった。
僕が想像するに、日本人夫妻のどちらかが、あまりにつまらない話で、発作を起こして、倒れたのではないかな。
そうこうしているうちに、ストックホルムからの列車は、午後8時ごろにコペンハーゲン駅へ到着。
次は、コペンハーゲン駅から、午後10時12分発のベルリン行きの「バルト海急行列車」に乗ります。
xxx

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

europe asia
world index
xxx