セントジョージホテル@ベルグラーブ通り/ロンドン/英国

【セントジョージホテル】

【ベルグラーブ通りには、同じような宿がずらりと並んでいる】
ロンドンにはいろんな安宿地帯がある。
バックパッカーに人気で、定番なのが地下鉄「アールズコート」近辺だね。
ここは、もともとはオーストラリア人のバックパッカーが開拓したところ。
とにかく、バックパックを背負って地下鉄駅前に立っていれば、バックパッカー宿の客引きが声をかけてくる。
この客引きも、バックパッカーがバイトでやっていたりするので、結構気軽だ。
近くには、安売り切符を売る旅行代理店も多く、また世界各国のエスニック料理店も多いね。
僕も、英語学校に通う前、しばらくのあいだアールズコートの「ホワイトハウスホテル」という豪華な名前のB&B(ベッドアンドブレックファースト)に泊まってたことがある。
ま、今はもうないだろうけれど、古い屋敷をアラブ人が買い取って安宿に変えていたので、階段は重厚だったし、趣のあるところだったね。
でも僕のロンドンの定宿は、ビクトリアステーションからちょっと歩いた、ベルグラーブ通りにある「セントジョージホテル」だ。
最初にロンドンに入ったとき、見つけただけの縁。
ここはイングリッシュブレックファーストがきちんとしていて、トイレもシャワーもあって(部屋の外にね)なかなかいいんだ。
僕が気に入ってたのは、部屋にテレビがあるところかな。
ここには「ノエミ」という名前のおばさんがいて、最初に泊まった時に、僕がだらだらと滞在を延ばしていた。
「ミスターニシモトライクスセントジョージホテル!」と、部屋代を受け取るたびに言ってたよ。
8年後に、B&Bをチェックしながら、たまたま前をとおったので、思い出して入ったら、おばさんはまだいて、僕を覚えていた。
ま、だからって、宿泊料金をまけてくれたわけではないけどさ(涙)。
今では、ロンドンにも日本人向け、韓国人向けのバックパッカー宿がちらほらできているようだ。
が、実は、ロンドンでは宿を見つけるのは難しくない。
先にも言ったアールズコートへいけば宿はあるし、ベルグラーブ通りの両側には宿がずらりと並んでいる。
片っ端からチェックしていけばいいだけだ。
しかも、ベルグラーブ通りの宿は、表に「VACANCY(空部屋あります)」とプレートが出ている。
通りを歩いているだけで、部屋は簡単にみつかる。
ビクトリアステーションに夜到着するなら、ボケーっと立ってると、どこかのバックパッカー宿の客引きが声をかけて来たりする。
ほかの欧米人旅行者と一緒に動けば、寝るところの心配は要らない。
ま、そんなものなんだけれど、ベルグラーブ通りは鉄道のビクトリア駅にも近い。
バスターミナルのビクトリアコーチステーションのすぐそばなので、とても便利です。
今は、ヨーロッパ旅行をするのにあらかじめホテルの予約をする人たちが多い。
でも、ヨーロッパに関しては、ホテルは必ず見つかるので、考えないほうがいいです。
【写真】ベルグラーブ通りの「セントジョージホテル」の玄関ね。
【旅行哲学】ヨーロッパは宿の予約なんかなしでまったく問題ない。
セントジョージホテル:Hotel St Georges. Address: 25 Belgrave Road | Victoria, London SW1V 1RB
検索掛けると、まだやってるみたいです。
いろんなホテル予約サイトから、予約ができるみたいですが、他にもホテルはあるので、通りを歩けば、空き部屋は見つかると思いますよ。
italy france uk
east europe route
一等ユーレイルパス21日間の旅
europe
index worlld list
london-scotland-international house

xxx