『ソフィアからイスタンブールへの二等寝台コンパートメント』@ブルガリア&トルコ

【ソフィア鉄道駅@ブルガリア】
1996年10月16日、ヴィディン(VIDIN)からソフィア(SOFIA)に夜行列車で到着。
当日夜の夜行寝台列車でイスタンブールへ移動することに決めた。

料金は、ニ等寝台で、料金は5903レバ。
この時期、ブルガリアの通貨1レバは約0.5円と考えるので、約3000円。

客車番号481番、ベッド番号が5番と、切符にかいてある。
ソフィア駅出発が20時50分、イスタンブール到着が翌朝8時30分の予定。

【ソフィア駅のプラットホーム案内図】
ソフィア駅出発が午後8時50分とはいっても、もちろん信用できない。
というのが、この列車はソフィア始発ではなくて、東欧の国を旅してソフィアにやってくるわけだから。

ヨーロッパの鉄道では、到着時刻も到着プラットホームも、直前にならないと決まらないことが多い。
この夜も、列車の到着案内がなかなか表示されなかった。

8番ホームという表示が出て、しばらくして到着が21時42分という。
約50分遅れだが、この程度の遅れはごく普通だ。

僕のコンパートメントに入ると、片側だけ3段ベッドの3人部屋だった。
ベッドには読書ランプもあり、物置ネットもあり、寝具も用意されていて快適。

【上段のベッドに上がるハシゴ】
3人部屋のベッドは、下から5,6a、6という番号がついている。
結局他の人が現れず、このコンパートメントは僕1人の専用となった。

【洗面台が机になる】
三人用コンパートメントには、洗面台があり、その上が机になる。
鏡もあり、ベッドにはカーテンがあり、立派なハシゴもある。

ちなみに、クシェット(簡易寝台)では、寝具もなく、カーテンもない。

【顔を洗い、歯を磨いてイスタンブール到着を待つ】
到着が午前8時半の予定だったが、午前10時ごろになった。
到着がお昼前だと、宿を探すにも便利だ。

時間つぶしでシルケジ駅の観光案内カウンターで、世間話をして、市内地図を入手。
昔泊まっていた「エリットホテル」にチェックイン。

【アヤソフィア@イスタンブール/トルコ】
さっそく、スルタンアフメット地区を歩いて、アヤソフィアとブルーモスクを見る。
イスタンブールを歩いていると、さっそく、いろんな人に会いました。

21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記目次』(1988/09/12-1988/10/03)

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS(1988/09/03-1988/09/12)

europe asia world index 東欧縦断旅行(1996)