『ザルツブルグを新市街から旧市街の観光地まで歩いて、日本人のような中国人グループにビックリする』@ザルツブルク/オーストリア

1988年9月11日、ウィーン西駅午前10時発「EXP142 PONGAU」で、ザルツブルク中央駅着に13時20分到着
駅の観光案内所で、駅前の「ホテル・ヤーン(GASTHOF JAHN)」を紹介してもらい、歩いていって、チェックイン。
まだ午後2時だ。
明日は、チューリッヒに行くので、ザルツブルク観光は、今日の午後しかない。
とはいっても、まあ、別に明日泊まってもいいんだけどね(笑)。
この適当さが、海外個人旅行のいいところだ。
ただ、僕の感覚では、ザルツブルクに、それほど見るものはないはず。
1988年だとザルツブルクは、まだ、映画「サウンドオブミュージック」の撮影地というのがポイントだった。
マイクロバスを使った「サウンドオブミュージックツアー」みたいなものが、特に日本人の女性旅行者には人気だった。
僕はもちろん、中学校時代に、サウンドオブミュージックを映画館で見て、大感動した。

そのLPレコードを買って、聞いていたことがある。
かといって、ザルツブルクでサウンドオブミュージックの舞台を見るツアーに参加するほど、こだわりはないんだよ。
映画と現実はまた別の話だからね。
さてとにかく、ザルツブルクで見なければならないものは、「ホーエンザルツブルク城」だ。
ザルツブルク中央駅、僕の泊まっているヤーンホテルは、観光名所が集まっている旧市街とはちょっと離れている。
が、もちろん僕は歩きます。
世界旅行主義にも「初めての町はとにかく歩くこと」とあるからね。
この日は天気もよくて、お気楽に、ズンズンと歩いて行きました。
ザルツァッハ川を越えて、とにかく、ホーエンザルツブルク城へ。
ケーブルカーでお城へ上り(16オーストリアシリング/160円)、入場料が5オーストリアシリング(50円)。
お城からの帰りは、下り道をゆったりと歩きました。
続いて、大聖堂、墓地、モーツァルトの生家と見て回った。
お城の中の広場に、東洋人の集団を見つけたので、日本人かな♪と近づいていく。
すると、中国語が聞こえる。
これはかなりビックリした。
というのが、中国人(多分香港?)の若者が、日本人のようなファッションだったから。
髪型も、ファッションも、雰囲気も日本人ぽかったんだよなー。
僕はまるっきり日本人だと思い込んで近づいていったから、かなりの衝撃を受けた。
僕が日本を出たのが1987年の9月で、ザルツブルクに来たのが1988年の9月。
ちょうど一年ほど日本を離れていた時期だ。
1987年でも日本のバブルは過熱状態だったから、1988年だと、東アジア全体が日本化していたのかもしれない。
ちなみに僕が、この旅を続けて、日本に戻った1990年には、バブルは崩壊していたのだが(崩壊してもバブルの余波は残っていた)。
1990年に戻った時は、新橋を歩いているサラリーマンの服装がイタリアンだったのに、驚いたからね。
僕が世界一周旅行をやって日本を離れていたころに、ずいぶんな状況があったのでしょうね。
僕はすでに、あちこちで教会や大聖堂、お城、要塞などは、見てきているので、どんなものを見てもとくに感動はない。
だから、「日本人のようなファッションと雰囲気を持った中国人」というのは、新しい発見だったんだ。
帰りも歩いてホテルへ。
旧市街からホテルへ戻る途中で、途中で「ミラベル庭園」へ軽く入った。
ザルツブルク中央駅前で、声をかけられた。
なんと、イスタンブールからベオグラードへのバスで一緒だったイギリス人だ。
バスを降りたあとの互いの旅の話を交換して、あっさり別れる。
あのバスに乗っていた別の若者とも、ヨーロッパのどこかの路上で再会したんだよなー。
きっと彼らは、神の命令で僕の安全を見守っている天使なのだろうね。
駅前のレストランで、スープ、カツレツ、サラダの食事と、ワインのハーフボトルを取った(140オーストリアシリング/1400円)。
朝から何も食べてなくて、歩き回ったのでお腹がすいていた。
これでヨシとしましょう。
この日はクターッと疲れていたので、ヤーンホテルの快適な部屋で、午後9時にはコロッと寝てしまいました。
明日は、チューリッヒに向かいます。
xxx

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

エジプト〜ヨルダン〜イスラエル〜ヨルダン〜シリア〜トルコ
europe asia
world index
xxx