『ザルツブルクからチューリッヒへ、EC60マリアテレジア(MARIA TERESIA)2等車で7時間』@チューリッヒ/オーストリア

1988年9月12日、ザルツブルク中央駅前の「ホテルヤーン」で起きて、熱いシャワーを浴びる。
昨日はザルツブルクを歩き回り、午後9時にコロッと寝ていたので、目覚めは快適だ。
ところで、いまネットでチェックしたら、僕が1988年に泊まった「ホテルヤーン」は、いまも存在しているようです。
評価を読んでも、僕が泊まったときと同じく、いい雰囲気なので、オススメしておきます。
駅の近くで、ヨーロッパ周遊の途中で、1〜2泊して移動するにも便利です。
旧市街までは歩いて往復できる距離ですしね。
僕はこの日、ザルツブルク(オーストリア)を出て、チューリッヒへ移動するだけ。
手許には、「THOMAS COOK EUROPEAN TIMETABLE(April 1988)」がある。
これは、ロンドンのビクトリアステーション構内にあった「W.H.SMITH」で買ったもの。
トーマスクックの使用方法は、これで、列車の大体の情報を調べて、駅の時刻表で最終確認すること。
昨日、旧市街から戻ってくる途中で、駅に立ち寄って、駅の時刻表で、今朝の列車は確認してある。
ザルツブルク駅から、EC60「MARIA TERESIA」号が、午前10時19分に出発する。
EC60は、もともとウィーン西駅午前7時始発で、3時間ちょっと走って、ザルツブルクへ到着する。
ザルツブルクを10時19分に出て、インスブルックを経由して、チューリッヒ着が16時26分となる予定。
他の列車も調べたが、朝食を取って、チューリッヒにまだ明るい時間に到着する列車はこれしかない。
今日はとにかく、チューリッヒに移動して、宿を見つければそれで十分だ。
ホテルで朝食を取る時に、20歳代後半の日本女性を発見。
さわやかに「日本の方ですか♪ご一緒させていただけませんか(笑)?」と、声をかけて、一緒のテーブルに着く。
彼女はパリからやってきて、今日、これからウィーンに向かうとか。
僕は、ウィーンから昨日来たばかりなので、ウィーンの観光や、僕が気に入ったレストランの話などをする。
昨日出会っていたら、同じホテルに泊まっているのだし、同じベッドに入ってもよかったのだが。
旅先では、日本では考えられないことも、何でも起きるからね。
チューリッヒへ向かう僕と、ウィーンへ旅する日本女性が、ザルツブルクのホテルで、朝食を一緒にする。
互いの旅を軽く話をして、朝食が終わったら、あっさりと別れて、二度と会わない。
というのは、(特に僕は)顔もすぐに忘れてしまうから。
でもザルツブルクの「ホテルヤーン」の食堂で会ったことだけは、一生こうして覚えている。
これが旅の楽しさなんだね。
今の人たちみたいに、日本から「旅仲間募集」をした人と一緒だったら、人間関係が大変だろう。
だから、旅行者は、一人旅をすべきなんだよ。
そうすれば出会いは、次々にあるのだから。
朝食をとって、バックパックを背負って駅へ歩き、予定通り「マリア・テレジア」の2等車へ。
この列車も、コンパートメント車両だった。
コンパートメントという場合、普通は、一つの部屋に向かい合わせで一列3席がある。
一等だと、3席が向かい合わせで6席だが、二等ではときどき8席の場合もある。
コンパートメントは、乗客の雰囲気がいいと、話が弾んだりするものだ。
例えば、パリからドーバーへの列車のコンパートメントでは、イギリス人、カナダ人、ドイツ人と日本人の僕で世間話をした。
しかし、バルセロナからコルドバへのコンパートメントでは、イチャイチャカップルに当てられて、コンパートメントを脱出した。
また、東洋人バックパッカーの僕が1人でコンパートメントにいると、普通の欧米人は同席を避ける傾向がある。
いまは、ヨーロッパの鉄道も、「開放型客室(オープンサロン式)」が多くなった。
ただ、オープンサロン式だと、人と知り合ったり、世間話をする機会は減ってしまうね。
しかしまた、雰囲気の合わない人と同じコンパートメントで、向かい合わせになったりすることもないわけだ。
日本でも昔は、列車といえば、向かい合わせの席がほとんどで、乗客同士で、世間話をすることはよくあったものだが。
マリアテレジアはのコンパートメントは6人部屋で、乗客が多かった。
この列車は、ウィーンを午前7時に出て、チューリッヒに午後5時前到着予定。
とても便利な使いやすい列車なんだよね。
だから、ザルツブルク駅で列車に乗って、コンパートメントをチェックして歩いたが、空いたコンパートメントはなかった。
黒人が1人いたコンパートメントに入る。
列車が駅を出てしばらくして、子供を2人連れた黒人家族が入ってきた。
つまり、コンパートメントが満席になり、子供も夫婦も、メチャクチャうるさい。
本を読むにしても、とても無理だが、知らないふりをして我慢していた。
黒人のお父さんが、僕の様子を見て、「別のコンパートメントへ移動したらどうか」と声をかけてくる。
確かに、居心地が悪いのに、意地を張って、我慢することもないわけだ。
他のコンパートメントをチェックして、白人夫婦と女性一人のいる、静かなコンパートメントへ移動した。
白人夫婦は、窓側の席で、向かい合っていて、座席を予約している。
ちなみに予約しているかどうかは、コンパートメントの入り口に表示されてます。
でも、予約したからって、予約した席に無理に座る必要もないんだけどね。
これで静かに、チューリッヒまで行ける、ホッとした。
ところが、この静かなコンパートメントに、あとからアルバニア人が3人入ってくる。
このアルバニア人も、人なつっこくて、うるさくて、コンパートメントの人に、話しかけてきたりする。
バックパッカーの僕と、一人旅の白人女性は耐えられたが、上品な白人夫婦は、コンパートメントを出て行ったよ。
この理由はだね、子連れの黒人夫婦やアルバニア人は、もともと2等車の切符で一等車のコンパートメントに入っていた。
列車が駅を出てしばらくすると、車掌の検札があって、一等コンパートメントを追い出されて、2等へ移動してきたってこと。
そこで、「2等コンパートメンと車両と1等コンパートメント車両が連結されているとき、1等コンパートメントに近い2等コンパートメントは避けた方がいい」という旅行テクニックを思いついて、わざわざノートに書いた。
ちょっとイライラして、列車食堂へ行って、ワインを頼んで、164オーストラリアシリング(1640円)も使ってしまった(涙)。
チューリッヒ到着は午後4時26分予定が、30分程度遅れて午後5時になる。
今でもはっきり記憶しているのが、車窓から見たスイスの風景のすばらしさ。
映画に出てくるような、山小屋と野原が目の前に現れたときは、本当に息を呑むくらい驚いた。
チューリッヒ中央駅に午後5時に到着。
ここからはスイスフランになるわけで、まず両替だ。
手持ちの670オーストリアシリングが79.05スイスフラン、50ドル札の現金が76.75スイスフランになる。
僕は、1スイスフランを85円考えることにした。
続いて、チューリッヒ駅の観光案内所で、ホテルを紹介してもらう。
「一番安いホテル」というので、当ってもらったが、一泊38スイスフランのホテルが満室。
次に電話をかけてもらった「HOTEL ROTHUS」に部屋が見つかった。
トイレシャワーは共同で、シングルで40スイスフラン(3400円)。
その他、シャワーを使うと3.5スイスフラン(300円)、朝食が6スイスフラン(510円)。
やはりスイスは、物価が高いね。
部屋にバックパックを置いて、町を歩いた。
まずチューリッヒ湖の湖岸へ行く。
可愛い少女が、白鳥にエサをあげていた。
スイスは風景もきれいだし、人々の様子も服装も、お金持ちの雰囲気だね。
歩きながら、徐々に不安が増してくる。
これからドイツへ向かい、できるならば、北欧へも足を伸ばしたい。
今日の宿は3400円で見つかったからいいが、これから物価の高いドイツや北欧へ行くのは大変だ。
毎日切符を買って、列車に乗って、ホテルに泊まっていたら、あっという間にお金はなくなる。
「ユーレイルパスがあればなー」と思うが、ユーレイルパスはヨーロッパでは購入できないと聞いている(これは間違いだったが)。
でも、ドイツの鉄道パスならば、隣国のスイスでは買えるのではないか。
そう思いついた僕は、チューリッヒ駅へ歩き出した。
これから、僕の伝説の「ユーレイルパスを使った、21日の鉄道旅行」が始まるので、ご期待ください。
xxx

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

エジプト〜ヨルダン〜イスラエル〜ヨルダン〜シリア〜トルコ
europe asia
world index
xxx