ソールズベリー(SALISBURY)大聖堂@ソールズベリー/英国
『旅では、下手に細かい計画を立てずに、朝早くから動くのがいいという話』

【ソールズベリー大聖堂】
1996年7月14日。
僕のロンドンの定宿「セントジョージホテル」は、ビクトリアステーションの裏にある。

そのベルグラーブ通りから、バッキンガム宮殿、グリーンパーク、ピカデリーを歩いて、ピカデリーサーカスへ。
ピカデリーサーカスから地下鉄(TUBE)で、ウォータールー駅へ。

ソールズベリーへ行こうと考えていたのだから、普通ならば僕はもっと早く動き出すはず。
なぜこんなにゆっくりしていたかというと、昨日一度ウォータールー駅へ来て、ソールズベリーへの鉄道時刻表を入手してあったからだ。

ヨーロッパの鉄道駅には、路線別の小さな時刻表が無料で置いてあるもの。
僕が入手したのはその時刻表24番。

時刻表を見ると、ウォータールーからストーンヘンジのあるソールズベリーまでは、1時間半程度で行ける。
だとしたら、無理に早く行く必要はなく、正午ごろにソールズベリーに到着すればいい。

午後の早いうちにストーンヘンジを見て、悠々とロンドンへ戻れるはず。
早く行き過ぎても、時間の潰しようがないだろうと考えた。

ま、これが間違ってたわけだけどね(涙)。

昨日手にした時刻表だと、午前10時58分の列車があるはず。
だが、ウォータールー駅の表示では、10時25分の列車があった。

すぐに切符を買って、12番ホームへ。

(いまはどうか知らないが)英国の鉄道では、出発ホームの表示は出発直前まで出ない。
表示されてすぐにホームへ急ぐ。

車掌に聞くと、「ソールズベリーには12時半に到着する」とのこと。
出発が10時25分で到着が12時半では2時間かかる。

これはちょっと時間がかかりすぎる気がするが…。
WOKINGまでは、列車は快調に走ったが、それからゆっくりとなり、BASINGSTOKEを出るのが11時52分。

時刻表を見ると、この列車はもともと10時58分に出る列車で、それが10時25分に出ただけらしい。
というのが、BASINGSTOKEを出たあとは、10時58分の列車の時刻表通りに走ったからだ。

車内には、ものすごくうるさい子供がいて、父親が大声でしゃべる子供を止めさせようとしていた。
が、子供は全く言うことを聞かない。

母親はタバコを吸うだけで知らないふり。
日本でもしつけの悪い子供をよく見るが、イギリスにも存在したというのは感動的だった。

その家族3人がWHITCHURCHで12時過ぎに降りたあと、列車内は静かになり、心が安らぐ。
ソールズベリー到着は、車掌の言ったとおり午後12時35分になった。

ウォータールーからソールズベリーに着いて、ストーンヘンジへのバスに乗り遅れた。
このときは、「Lonely Planet」のBRITAINを持ってた。
「Lonely Planet」のいいところは、小さな町でも正確な地図があるところ。
ソールズベリーの町を、ガイドブックを見ながら歩く。

観光案内所でストーンヘンジへのバスを確認する。
そのあと、ソールズベリー大聖堂へ歩いた。

夏休みのせいか、大聖堂にはヨーロッパの若者、旅行者がたくさんいたよ。
僕はいつものようにローソクを買って(50ペンス)、火を灯し、神に祈る。

ちなみに、ソールズベリー大聖堂の尖塔は、イギリス一高いそうだ。
大聖堂自体、非常に大きくて、風格があり、一見の価値はあります。

大聖堂を見ても、次のバスの時刻まで時間が潰せない。
町の通りを歩いていて目に付いたイングリッシュパブに入った。

中にいるのは地元の人だけで、みんなからじろっと睨まれる。
よそ者は居て欲しくない雰囲気。

ビールを飲むのを諦めました。
まあただの時間つぶしで、特に飲みたいわけでもなかったしね。

駅へ戻って、バスの時刻を再度確認して、この時刻からストーンヘンジへローカルバスで往復するのは、大変だと確認する。
ロンドンを出るのが遅すぎたんだ。

それと、日曜日でローカルバスの本数が平日の半分になっているとは予想できなかった。
こうなったら、無理をせずに、明日出直すのもアリかな…。

しかし、神様が僕の迷いを察したのだろう、そこへタクシーがスーッとやってくる。
そして僕に声をかけた。

「西本くん、大聖堂で祈ってくれてありがとう。ストーンヘンジへ行くかい?」ってね。

この続きの、ソールズベリーからストーンヘンジへの話はこちらです
「ストーンヘンジと大きな豚の話」
「ストーンヘンジ写真集」
このストーンヘンジ旅行では、大きな失敗をした。
それは、前日に時刻表を入手して、計画を立ててしまったところだ。

前日に入手した時刻表を見て、簡単に往復できると考えたために、ロンドンを出るのが遅くなった。
時刻表がなければ、僕のことだから、起きたらすぐにウォータールー駅へ行ったことだろう。

そうすれば、早くソールズベリーに到着できて、ストーンヘンジへもローカルバスで往復できたはず。
下手に時刻表に頼って、余裕を持ったところがまずかったわけだね。

成田空港へのスカイライナーも、一度だけ時刻を調べたことがある。
京成上野駅までの地下鉄の所要時間、地下鉄駅までの時間などを考えて、計画的に部屋を出ることにした。

部屋で出発予定時刻まで無駄に時間を過ごす。
ぎりぎりに出ようとしたら、出発直前に持ち物を確認したりして、焦ってしまう。

一度パックした荷物をまた広げたりした。
急いで出るときに逆に置き忘れたものがあったが、取りに戻る時間がない。

地下鉄に乗っているときも、「遅れたら次のスカイライナーまで待たなければならないし…(汗)」と精神的にもよくない。
いつものように、たっぷり時間をとって、早めに家を出れば、イライラすることもなかったわけだ。

これを旅行哲学すると、「旅では計画を立てないほうがいい」「旅先では朝早く行動を開始する」という二大法則が見つかるってことね。