『パリで病院へ行き、銀座マダムの息子をロンドンへ送り、「サクレ・クール寺院(Basilique du Sacre Coeur)」を1人で見に行く』

【サクレ・クール寺院(Basilique du Sacre Coeur)/photo by pinoko(2008)】
1987年12月。
僕はロンドンでケンブリッジ英検特級(CPE)の試験を受けたあと、銀座マダムの息子Kくんと一緒にパリへバスで移動した。
ところが、おそらくは勉強のし過ぎが身体に悪かったのか、アレルギーが出てしまった。
もともとはパリをちょっと見て、スペインへ向かうつもりだった。

ところが僕が体調を崩したので、Kくんにもたいしたものを案内していない。
2人で怪しい怪しいという噂の、パリの下町「ピガール街」へ行った。

ここは早い話が、東京で言うと新宿歌舞伎町のようなところだ。
けばけばしい、怪しい雰囲気の店が並んでいた。

モンマルトルと言えば、有名なのが「ムーランルージュ(Moullin Rouge/82 Blvd de Clichy)」だ。
ここは、女性のキレイな裸があるとしても、観光客向けのショーだね。

しかし、こんなものは、観光客が見るもの。
僕たち、元気な男性2人組としては、もっとなにか怪しげなショーを期待して、通りを歩いていた。

それらしいところを見つけたことは見つけるが、入るのは怖い。
僕は日本でも風俗に行ったことがないので、ビビッてしまったんだね(涙)。

それに、変な店に入ったら、いくらボッタクラレルかわからない。
Kくんは、その前に、ロンドンのソーホーの「覗き部屋」で、ボッタクラレた経験がある。

なかなか、思い切って店に入れない。
エッチな本屋にいって、本を見ただけで帰ってきたんじゃないかな(涙)。

結局、田舎の中学生が、歌舞伎町を歩いただけで終わったようなもの。
そんなヘタレだったわけだよ(涙)。

とにかく僕の体調が悪いまま回復しないので、動きが取れない。
下手したら、このまま日本へ戻らなければならないかもしれない。

年が明けて、パリの「アメリカンホスピタル」へ行って、美人医学博士に診察してもらう。
結果は、ただのアレルギーだったので、一安心。

薬を処方してもらって、「肌を洗い過ぎないように」とアドバイスをもらう。
まあ、コレが僕がいまでも身体を軽く洗い流すだけで、生活している理由なんだけどね。
年が明けたら、Kくんは、ロンドンへ戻って、一度日本へ帰る予定だ。
Kくんをバスターミナルへ送って、僕は1人部屋のホテルへ移動した。

Kくんをロンドンへ送り出して、正直、やっと本当にパリを楽しむ気持ちになれた。
僕の身体がこれからどうなろうと、とにかく、生きるか死ぬかの病気ではない。

だったら、とにかく、スペインまでは行きたいものだ。
また、一人部屋として見つけた部屋が、これがなかなかステキな部屋だった。

パリのカルチェラタン付近にある安ホテル。
細い通りに面して窓がある。

この部屋は、これまでいろんな旅人の人生を見てきた。
それが実感できる、部屋だった。

パリのど真ん中に好きな部屋を確保して、ホテルから出ればそこは、パリのど真ん中だ。
こういう、パリに住んでいる感じはいいねー。

僕はあらためて、パリを1人で歩く気持ちになった。
思い浮かんだのが、モンマルトルだ。

そこには「サクレ・クール寺院(Basilique du Sacre Coeur)」がある。
パリで買った市内地図「11 Michelin Paris Plan」を見て、多分北駅へ行ったんじゃないかな。
パリの中心部は、驚くほど小さい。
網の目のように地下鉄が通っているが、元気な人ならば、パリの中は十分に歩いて移動できる。

実はこの時期僕は、旅行の日記をつけていなかった。
だから、ノートを見ると、ほんの少しのメモがあるだけだ。

そのとき使っていた地図を見ると、北駅から、サクレ・クール寺院への道が赤で塗られている。
だから、北駅から歩いていったのだろう。

サクレ・クール寺院の下から、僕はフニクラー(ケーブルカー)に乗って登った。
もちろん歩いてもいいわけだが、名物のフニクラーに乗るのが、観光客としては話のネタだからね(笑)。

サクレ・クール寺院に入って、内部を見る。
寺院の内部は、たぶん感動的だったのだろうが、それほど記憶にない。

だって僕はこの前も後も、世界中の寺院、教会、モスク、遺跡を見続けることになるのだからね。
僕が内部を見ていたら、フランス人の神父さんが話しかけてきた。

しかも日本語だった。
何でも、日本に何年もいて、最近戻ってきたのだそうだ。

一通りサクレ・クール寺院の説明をしてくれた。
僕はもちろん、丁寧に対応をして、気持ちよく別れた。

あれから20年たって思うのだが、あの神父さんはひょっとして僕に興味を持ったんじゃないかな…。
いまあのころの自分の姿を思い出すと、ロンドンで勉強をしてパリへ着いたばかりだった。
フランス語を思い出しながら話をしていたので、ものすごく知的な雰囲気だったと思うし。
病気でやつれていたので、ほっそりしてたしね。

身体もまだまだよかったし。
まあそれも、昔の話なんだけどね。

ニュースでは、神父さんたちも裏では、いろんなことをしているというニュースもあるしね。
うーむ。

注:サクレクール寺院の写真を提供してくれたpinokoさんのレポートによると、
「階段のあたりには、黒人のあやしい土産売りがたくさんいました。
腕をつかもうとしてましたが ひもをもっていたので 勝手にミサンガを編んで、お金をとるんだな、って思いました」
とのことです。
モンマルトルは、新宿歌舞伎町みたいなところですから、サクレクール寺院は花園神社に当るかもしれませんね。
モンマルトルへ行く前に、新宿や六本木に行って、黒人に慣れておくといいかもしれません。
east europe route
一等ユーレイルパス21日間の旅
index worlld list europe
london-scotland-international house
ロンドンを出て、フランス、スペイン(からモロッコ)への旅(1987-1988)
xxx