『チュニスからローマへ飛んで、イースター休暇にぶつかったが、テルミニ駅東側の安宿に泊まる』@ローマ/イタリア
1988年3月27日、チュニスのホテルで目が覚める。
この日は、チュニス航空752便に乗って、午前9時ごろにチュニスからローマへ飛ぶ。
35番のバスに乗って、余裕を持って空港へ(350ミリーム/50円)。
空港でビールを飲むと、これが1TD(150円)だった。

手っ取り早くチェックインして、出国手続きを済ませる。
チェックインカウンターで、モロッコのマラケシュからワルザザートへのバスで一緒になった若者と再会する。

待合室に入ると、また別の日本人旅行者と出会う。
3月の終わりだから、ちょうど学生旅行者が日本へ帰る時期だ。

チュニスの空港の待合室にも、4人ぐらい日本人学生がいたと思うよ。
アルジェリアとチュニジアでは、それほど日本人と会ってなかったので、互いに話したいもの。

この時期、モロッコ、アルジェリア、チュニジアの北アフリカ横断旅行は、結構人気があった。
だから、「地球の歩き方」も北アフリカのガイドブックを出していたわけだ。

このガイドブックがかなりいい加減で、いくらでも突っ込むところがある。
日本人旅行者が共通に持っている「地球の歩き方」についての、ここが違った、あそこはおかしいという話は、盛り上がるものだ。

学生の1人が、「お世話になった人への、お土産のウィスキーは何がいいでしょう?」と僕に聞いた。
僕はシーバスリーガルを勧めてあげた。

このころは、海外旅行に出たらウィスキーを買うのが、まだ習慣としてあったようだ。
僕自身も、モロッコの空港でジョニ赤を(自分で飲むために)買ったくらいだから。
調べたら、ウィスキーの税率が下がったのが、1989年だとか。
それ以前は、有名な洋酒は、一万円を超していたもので、とにかく海外旅行に出たら、洋酒をお土産にするのが、定番だったんだね。
空港で出会った日本人の若者はみんな、モロッコ、アルジェリア、チュニジアと、旅をしてきたようだ。
そこでみんな言いたいことが山ほどあるんだよ(笑)。

北アフリカの旅行話があまりに盛り上がりすぎて、学生さんの1人は飛行機に乗り遅れそうになる(笑)。
旅が終わるころになると、気が合いそうな、面白い人と出会ったりするもの。
旅の終わりに、旅の話を語ることで、旅は収まりがつく。
日本に戻ったら、誰も北アフリカ旅行の話なんて、真面目に聞いてくれないよ(涙)。

さて僕は、旅が終わりどころではない。
これから、ローマへ飛んで、ロンドンまで陸路で移動するつもりだ。

チュニスエア752便に乗る。
フライトは午前9時8分。

チュニスからローマへのフライトは1時間ちょっとで、ローマ到着は午前10時半ごろ。
入国審査の列で、日本からローマへ到着したばかりの、日本のOLさん2人組と一緒になる。

気軽に話しかけて、一緒にローマ市内まで行くことにする。
というのは僕は、イタリアのガイドブックを持ってなかったからね。

彼女たちのガイドブックを見せてもらって、今日の宿をどこにするのか、考えなければならない。
この時代は、空港からの鉄道は存在していなかったので、空港バスに乗る。

バスは、ゆったりと走り、ローマ市内に入る。
僕は女の子から借りた「地球の歩き方・イタリア」を読む。
どうやらテルミニ駅の東側に、安宿街があるようだ。
僕も今度の旅で、イギリス、フランス、スペインでの旅行経験がある。
どこも、自分で歩いて、宿を見つけてきた。
「いつものように、行けばすぐに宿は見つかる」と考える。
日本からのOLさん2人は、もちろんホテルの予約をしている。
これが女の子1人ならば、僕が彼女の部屋に一緒に泊まってあげてもよかったんだけどね。
イタリアはヨーロッパだから、ホテル代も高い。
節約のために同じ部屋に泊まったって、ちっとも変ではない。

だから僕は、一人旅の方がいいというんだよ。
旅に出たら、どんな出会いがあるかわからないんだから。

バスは空港からテルミニ駅まで、一時間くらいかかったかな。
バスがローマの市街地に入ると交通渋滞にはまり込み、ゆっくりと進む。

そのバスの窓から眺めるローマは、まさしく遺跡だらけだよ(笑)。
バスは、ローマのテルミニ駅の西側の通りに停車した。

ちょうどお昼時で、ホテルのチェックアウトが終わった時間。
僕はこれから、テルミニ駅東側の安宿街へ歩くつもり。

バスを降りて、バスから荷物を引き取り、僕はバックパックを背負う。
そこに、子供が3〜4人、走って寄ってくる。

そうして、僕たちに向かって、新聞紙を突き出す。
僕は、「僕のサインが欲しいのかなー?」と、考えたりする。

OLさんが大声を上げた。
見ると、OLさんのウェストポーチから何か抜かれたようだ。

僕が、子供の身体を確保し、盗られたものを取り返した。
子供は特に逃げるわけでもなく、暴れるわけでもなく、大人しく品物を返す。

盗られたものというのは、OLさんの帰りの航空券だったよ。
OLさんたちは、僕に「ありがとうございます!」と大感謝だ。

子供たちは、駅の正面入り口の方へ、特に急ぐでもなく戻っていく。
そちらを見ると、おばさんが待っている。

僕は、「あのおばさんがボスで、子供たちが手下なんだろうか?」と思う。
ところで日本でこういう状況になったら、「泥棒は捕まえて警察へ連れて行くべきでは」と考えるかもしれない。

ところが世界の常識では、そこが大きく違う。
確かに子供は、航空券を盗ったが、僕がすぐに取り返した。

すると、泥棒をしたという証拠も何もないわけだ。
海外では、泥棒が盗もうとして失敗した場合、何も起こらないんだよ。

何も盗まれてないのだから、警察に届けることもない。
だから、泥棒は失敗したら、また別の人を狙うだけだ。

実際この子供たちは、このあとも、いつもテルミニ駅の横にいたよ。
警察も何もしないんだと思うね。

このあと、OLさんと連れ立って、駅の正面まで歩いた。
「お互い注意しましょうね」と言って、彼女たちと別れる。

僕は、とにかく宿を見つけなければならない。
テルミニ駅の東側の通りを歩くと、ペンションの看板があちこちのビルに見つかる。

ガイドブックに載っていたペンションへ行くと、あっさり満室だと断られる。
次のペンションでも断られる。

「なぜ混んでるのか」聞くと、ちょうどイースター休暇にぶつかっているそうだ。
心当たりはこの地区しかないので、バックパックを背負って、次々と宿を当っていく。

すると、5〜6軒目に、やっと部屋が見つかった。
ただ、「今日と明日はいいけれど、明後日は予約が入っているので出てもらう」との条件付きだ。

それならそれでかまわない。
旅では、今日の宿さえ確保できていればいい。

ローマは世界的な観光都市だから、2日は確実にいるだろう。
でも、3日いるかどうかわからない。

2泊しか取れないということは、とっととローマを出ろとの神の導きかもしれない。
この宿が「ペンションマルサラ(PENSION MARSALA)」だった。

1泊シングルが3万2500リラで、朝食つき。
この時期のレートは、10リラが1円見当だったので、3300円程度だ。

テルミニ駅のすぐ東側なので、場所としては最高だった。
ペンションの受付がビルの3階で、僕の部屋は受付から階段を上がった4階だった記憶がある。

シャワーとトイレは共同だった。
部屋を確保して、すぐに地下鉄に乗って、スペイン広場へ行く。
そのあと、トレビの泉へと歩く。
今朝、チュニスで起きた時間が早かったので、ちょっと疲れた。
ホテルへ戻り、ベッドに横になってすこし休んだ。
夕方になってきたので、駅付近の適当なところで、食事でも取りに出ましょう。
そう考えて、僕はテルミニ駅へ歩いて行きました。
するとテルミニ駅構内のカフェに、30歳くらいの日本人美女を発見する。
ローマのテルミニ駅に、手持ちぶさたな美女が1人でいる。
これはこれは、どうしても話しかけなければなりますまい。
この夜の、あっと驚く展開を、お楽しみにね♪
italy france uk east europe route europe
index worlld list

xxx