ロードス島から、フェリーで、エーゲ海を渡り、ピレウスへ到着して、アテネで宿を取り、いろいろ考える。@ロードス島〜ピレウス〜アテネ/ギリシア

1988年5月15日、正午ごろ、ロードス島を出たフェリー「イアリソス」は、アテネの外港ピレウスに到着した。
船で親しくなった、アムステルダム在住の若い日本人カップルと、もう少し話したかったけれど。
彼らの観光船が出る時間が迫っていたので、ここで別れた。
2人は、イドラ島への船に乗る。
このカップルは、もともとアムステルダム在住で、現地のロードス島ツアーに参加していたが、軽くエーゲ海の島を見たい。
日本人は、一箇所でのんびり過ごすことがもったいなくて、足を伸ばしたくなるものだ。
僕もその計画に乗ってもよかったが、若いカップルの間に、おじさんが割って入る場合、しつこくしないことが大切。
親しくなったとしても、限度を心得ていること、これが大人です。
僕としても、ピレウス到着が昼になったことで、アテネに行く時間が気になっていた。
今日は、新しく、飛込みで宿を見つけなければならないからね。
トルコに行く前アテネにいたときは、「ホテルアマゾン」に飛び込んだ。
ビジネスホテル風で、トイレもシャワーもあって、2500ドラクマ。
この時代、1ドラクマは0.9円だったが、面倒なので1円と考えれば、2500円。
実質2千円ちょっとという金額は、僕のこの時の感覚では、ちょっと高い。
だから、翌日にはもっと安いところへ移動するつもりだった。
ところがもちろん、アテネでは、ホテル代を少し下げることよりも、市内観光が重要だ。
なにしろすぐ歩いていけるところに、遺跡や観光名所があるわけだからね。
アクロポリスの丘へ歩き、もちろん、パルテノン神殿を見る。
国立博物館や、オモニア広場の映画館へも行く。
そのうちに、イスタンブール帰りの日本人旅行者と出会い、トルコ旅行を考え始める。
シンタグマ広場横に粘れる食堂を見つけたので、次々と日本人旅行者に話しかけていた。
となると、わざわざホテルを移動することは考えられないよね。
どうせすぐに、イスタンブールへ移動すると決めたわけだし。
しかし、新しくアテネに入るのに、それほど気に入ってないホテルに泊まることはない。
地下鉄で、シンタグマ広場へ出て、安宿のありそうな地域を歩いてみる。
3軒ほど飛び込んで、シングルで千円台で泊まれるのを確認。
その中から、「ホテルイデアル(HOTEL IDEAL)」(39 EOLOU ST.)に決める。
料金は、1700ドラクマ(1700円)。
前の「ホテルアマゾン」の2500ドラクマに比べれば、安くなった。
しかし、正直言うと、アテネにはドミの宿がたくさん存在して、もっとずっと安く(500ドラクマ程度で)泊まれたものだ。
もともと、アテネというところは、エーゲ海クルーズやエーゲ海の島々に行くための、起点としての役割が大きい。
アテネが目的地で、アテネに滞在するだけという旅行計画は、普通は立てない。
アテネに滞在する人もどんどん入れ替わっている。
だから、明るいうちに捜せば、宿は必ず見つかるものだ。
ヨーロッパ人の若者は、ユースの屋上で、星空を見ながら泊まったりしている。
僕は前回のアテネ滞在のときに、ユースやドミの安宿も当たって、その状況を確認している。
その時に感じたことは、5月だというのに、結構な数の若者がアテネに来ているということ。
これから夏の本格的なシーズンになれば、ヨーロッパ人の若者たちがうるさいだろうなーと、感じた。
それが理由で、アフリカ帰りに、アテネを避けたんだけどね。
僕には、今回、アテネですることがある。
まず、エジプトへの航空券を買うこと。
前回調べたが、カイロ(エジプト)経由ナイロビ(ケニア)行きの航空券を買うかどうか。
アフリカへ飛ぶ前に、予防接種が必要だね。
それから、マラリアの薬も入手しなければ。
エジプトやケニアの状況がわからないので、出来るだけの準備はしておきたい。
英語のペーパーバックは、アテネで簡単に入手できるので、ある程度持って行った方がいいだろう。
いろいろ考えると、結構忙しいものだ。
でもこの忙しさは、旅人にとって、とてもうれしいことなんだよ。
夜は、シンタグマ広場横の安食堂で、食事を取った。
前回ここにいたときは、イスタンブールへ行く前で、自分を旅行初心者だと自覚していた。
でも、僕はトルコを一通り回って、ロードス島からのフェリーでやって来た。
これからエジプト、(ひょっとして)ケニアへと旅をする。
だとしたら、(北アフリカ横断はやり終えているし)、旅行初心者は卒業したかな。
世界旅行者になるためには、北米一周、中南米一周が必要だろうが、そこまではやりすぎだと思う。
そんなことをしたら、僕の人生は旅で終わってしまうからね。
旅で人生を終わらせられるなら、それは素晴らしいことだろうが。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
トルコ旅行記  / greece-turkey-greece-egypt
xxx