ライン川下り@ハイデルベルク〜フランクフルト〜ビンゲン〜コブレンツ〜ケルン〜アムステルダム/ドイツ〜オランダ
1988年9月26日、ハイデルベルクの「HOTEL CENTRAL」で目が覚める。
ハイデルベルクの駅から、朝7時55分のイタリアエクスプレスに乗り、フランクフルトに午前8時51分到着。
手許のトーマスクックの時刻表と微妙に時間がずれているが、だいたいのことはわかる。
もともと時刻表なんて、ある町から別の町への移動にかかる時間、列車が何本くらいあるのか、それがわかればいい。
時刻表でだいたいの見当をつけて、あとは実際に駅に行って確かめるだけなんだから。
フランクフルト駅から日本の実家へ、ロンドンのバークレイバンクの自分の口座への送金依頼ハガキを出す。
これは、米国へ渡るための資金の調達だ。
9時15分フランクフルト発、ビンゲンへ9時59分着の列車に乗る。
ビンゲンとはライン川くだりの船着場のある小さな町。
今日はライン川を下るつもりなんだ。
ライン川をボートに乗って、ローレライを見なければ、ヨーロッパ旅行に欠陥が生じる。
だって、ヨーロッパ旅行をしていれば、定番というものがある。
例えばドイツならば、「ロマンチック街道」、そしてこの「ライン川下り」なんだね。
どんなにセコくても、悪い噂があっても、コペンハーゲンの人魚姫の像も、ブリュッセルの小便小僧もみなければならない。
イタリアへ行ったらトレビの泉、スペイン階段、コロッセオなんかは定番だよね。
その定番をちゃんと押さえて見ているから、僕は世界旅行者として成立しているわけだよ。
同じように、エジプトのピラミッドも見るし、アテネのアクロポリスの丘にも登り、ニューヨークの自由の女神、リオデジャネイロのポンジアスカにも登る。
世界三大滝も見れば、世界三大面白い名前の町(マチュピチュサマルカンドトンブクトゥ)へも行く。
さらには、ほとんどの人が知らない、世界三大黄金博物館(サンホセ、リマ、ボゴタ)も見る。
これではじめて、世界旅行者なんだよなー(笑)。
あー、旅行自慢をすると、気持ちいいね!

時刻表をじっくり眺めると、ライン川下りの船は、ビンゲンに10時半ごろに到着する。
駅に10時前に着いて、30分あればビンゲンの鉄道駅からライン川の乗船場へと移動できるだろう。
多分ね。
ところが、列車がビンゲン駅へ到着するのが少し遅れて、10時10分だ。
しかも駅を出ても、船着場がわからない。
はっきりした案内標識が出ていると思っていたのだが…。
ちょっと焦る。
といっても、ライン川と駅は40mくらいしか離れてない。
とにかくよくわからないまま川の方向へ歩き出すと、矢印を見つける。
その矢印方向へ、ズンズンと歩くと船着場を発見。
バックパックを背負っているので、ちょっと汗をかいた。
船着場には、なんと日本人だけが3人、船を待っていた。
日本のサラリーマンで、仕事のついでにちょっと観光中という感じ。
案内役とちょっとえらいさん(といっても課長クラス)と平社員と見て取ったね。

10時30分到着予定のライン川下りの船は、10時35分に到着する。
さすがドイツ人!よく考えてうまい時間(予定時刻より5分遅れ)に運行しているじゃないか。

ビンゲンで船に乗ったのは、だから、僕たち日本人4人だけだった。
この日は、快晴ではないが、晴れで雨の心配はない。
船はもちろん観光船なので、客はみんな見晴らしのきく上甲板へ集まる。
その甲板をサッと眺めると、日本人らしい男女カップルが2組、女の子が2人、男性1人を発見した。

上甲板の最後部に椅子を持ってきて、そこに座って落ち着いて、景色を眺めていると、ドイツ人の団体が声をかけてくる。
調子を合わせて話をしていると、強い酒を勧められて、もちろんぐいっと一息に飲む。

一息に飲んだら、ドイツ人が喜んで、さらにもう一杯勧める。
これも飲むが、後は「これは強い!」と言って、3杯目は遠慮したよ。
ドイツ人は、僕が酒を断ったら、大笑いして喜んだ。
ま、日本人の団体客が、箱根でドイツ人を見かけたら、酒を飲ませるのと同じ感覚だ。
だから、ドイツ人と日本人は、民族の気質は合うんだろう。

ライン川はそれほど幅は広くない。
水深はかなりあるようで、貨物船と次々にすれ違う。
中部ヨーロッパの運送の大動脈なのだろうね。
すれ違った船には、「SAYONARA-BASEL-CH」と書いたものがあった。
これは「スイスのバーゼル船籍のさよなら号」というわけか…、などと取り留めのない考えが浮かぶ。
他の観光船ともよくすれ違う。
また、ライン川の両岸丘の上には、次々と城が出現する。
ちょっとした高地があれば必ず城があるという感じだ。

さっき船着場で、ちょっと挨拶していたサラリーマンの案内役と話をする。
「マインツでは船着場が駅から離れているので、ビンゲンで乗ったのは正解ですよ」とのことだ。
この船はマインツ8時45分発だったのだけれどね。
さて、ちょうど正午くらいにローレライを通る。
話に聞いていたとおり、どうでもいい、ただの岩でした。
すると音楽がかかって、みんなでローレライの歌を合唱するよ。
世界各国から来た人は、それぞれの国の言葉で歌う。
日本人は日本語で歌うが、僕は歌詞の最初の方しか覚えていないのに気がついた(涙)。

ローレライを通過するころは、船にも景色にも飽きてしまっていた。
椅子に座って、英語の推理小説(アガサクリスティーのもの)を読んでいると、急に賑やかになる。
東洋人がドイツ人の団体に声をかけられて、立ったまま胸を張って、酒の一気飲みを調子よくやっている。
「ドイツ人に勧められて、酒の一気飲みをするなんて、こんなお調子者は絶対に日本人だな。しかも関西系!」と確信して、声をかける。
すると思ったとおり、大阪から来た学生だった。
暇つぶしに船のバーに行って、ビールを飲みながら彼と話をする。
彼は、なんでもヨーロッパから出発するエジプトツアーに参加したそうだ。
日本出発のヨーロッパ旅行という話だったが、たぶん留学生だったのだろう。
エジプトツアーで知り合ったヨーロッパ人に住所を教えてもらった。
その人たちの家へ押しかけていって泊まって、宿泊費を浮かせているという。
こういう旅の仕方ははじめて聞いたので、チョー感動する。
まあ、迷惑がる人もいるだろうね。
それで、「断られたりしないのかな?」と聞く。
「遠くから電話をかけると都合が悪いと断られるので、家の近くから電話をかけて『今日泊まりたい』と言います!」との大胆な返事だ…。

ただ、ここまですごい話だと、僕もどこまで大阪風の冗談なのかわからなかったが。
でも、話のネタにメモを取ったよ。

そのほか、ちゃんとジャケットを着たヤングサラリーマン風の日本人の若者が、僕らが盛り上がっているので話しかけてきた。
ちょっと真面目そうな人には、そのころ「お仕事でいらっしゃってるんですか?」と聞くのがその時代の常識だった。

まだこの時代は、まだ「人生で一番大切なものは仕事」などという日本にしか通用しない話があったんだよ。
で、彼が答えた言葉で、「こいつはちょっとダメだな」と思ったんだけどね。
その言葉は、いいネタなのでここでは公開しません。
13時50分、船はコブレンツへ少し遅れて到着。
僕はコブレンツで降りる。
ライン川下りも2時間半ほど楽しめば十分だよ。

コブレンツの船着場で船を降りて、この大阪人と一緒に、コブレンツ駅まで歩く。
コブレンツ駅へ到着したのが14時35分。

僕はコブレンツからケルン方面への列車に乗る予定だ。
「トーマスクックヨーロッパ時刻表」を見ると、どういうわけか15時2分、15時8分と連続してICがこの駅を通過する。

15時2分の列車はとても混んでいた上に、乗り込む人が多かった。
僕は時刻表を確認して、次の15時8分の列車に乗ることにする。
予約をしてない人たちが、15時2分の列車にどどっと乗りこんだという意味、それは15時8分の列車はガラガラのはず。
が、船で見かけた、旅行に慣れてなさそうな日本人男女カップルが2分の列車に無理に乗り込んだ。
列車で席を見つけられないみたいで、うろうろしているのが見える。
僕が大阪くんに合図をすると、彼がカップルに「次の列車に一緒に乗りましょう」と窓越しにジェスチャーで説明する。
カップルもその気になって降りかけたところで、列車が出発して行ってしまった…。
美男美女の、真面目そうな日本人カップルだったんだがなー。
「シモネタを飛ばして、からかうには面白かっただろうけど…」と、もっと前に声をかけなかったことを後悔する。
声をかけなかったのは、仲のよさそうなカップルだったので、邪魔しては悪いという親切心からだったんだけど。

15時8分の列車は予想通りガラガラで、大阪君と2人でコンパートメントを占領できたよ。
天皇陛下の病状について、海外での報道について話をする。
大阪君はイギリスのサンデータイムズを持っていた。
僕はインターナショナルヘラルドトリビューンを持っていたので、新聞を交換した。

大阪君はケルン(16時10分着)で降りる。
彼はなかなか頭も切れて、話も面白かった。
連絡先も交換せず別れてしまったことが、ちょっと残念。
でも、そういった心残りが、旅の喜びでもある。
出会ったすべての人のことを、いつまでもきれいな思い出にしておけるからね。
僕は列車からケルンの大聖堂を眺めただけでケルンを通り過ぎ、午後7時にアムステルダムへ到着した。
ケルンの大聖堂は、ケルン駅のすぐ近くにあるので、降りてもよかった。
だって僕は鉄道乗り放題のユーレイルパスを持っているのだから。
ただちょっと時間が遅かった。
僕はこのままアムステルダムへ行って、そこで今夜の宿を探さなければならないしね。
アムステルダム駅前のツーリストインフォメーションで、宿を紹介してもらった。
部屋に荷物を置くとすぐに、誰でも気になる「飾り窓の女」をチェックしに行きました。

【旅行哲学】ローレライはつまらないが、観光船で出会う人は面白いかも。

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

europe asia
world index
xxx