ツーリストレートで両替しても、物価が異常に安く、ビールを飲み、ステーキを食べても使い切れない@プラハ/チェコスロバキア(Czechoslovakia)
1988年9月24日午後2時過ぎ、東ベルリンを出たD375列車は、午後2時過ぎに「プラハ・ホレショヴィツェ駅」に到着
ホレショヴィツェ駅で両替所が見つからず、プラハ本駅へ移動するが、ここでも両替所が見つからない。
チェコスロバキアの通貨「コルナ」に両替できないのでは、動きが取れない。
ちなみにこの話は1988年で、チェコスロバキアは社会主義国でしたから、現在とはまったく違います。
常識的には、国際列車が発着するプラハ本駅に両替所がないとは考えられない。
しかし、僕が行った1988年9月24日は、本当に両替所が見つからなかったんだ。
僕が焦ったのは、この時期チェコスロバキアでは、一日当たり15ドルの強制両替があった。
つまり、強制両替をしておかないと、チェコスロバキアを出国するときに、トラブルが起きる可能性がある。
でも、ホテルならば、両替くらいはするはず。
そこで、駅前のホテルを片っ端から回った。
エスプラナーテホテルでは、「両替をやってない」と断られる。
エウロパホテルでは「あと40分待て」と言われる。
アンバサダーホテルでやっと両替できた。
15ドルが140コルナに替わるので、1コルナは15円と考える。
公定レートはこの時期、1ドルが5.4コルナだから、15ドルは81コルナのはず。
しかし、ホテルの両替では、公定レートに75パーセントのボーナスをつける特別優遇レートが適用されていた。。
つまり、2倍近くになって、1ドルが9コルナになるらしい。
これが海外からの観光客向けの「ツーリストレート」だ。
しかしこの他にも、実勢レートがあって、それは、ツーリストレートの3倍もよかった。
つまり、1ドルは30コルナ近くになるわけだね。
だから、強制両替制度を作って、一日当たり15ドルの外貨を、ツーリストレートで両替させていたわけだ。
一日当たり15ドルを使うというのは、普通のバックパッカーならば、使いきれない金額だけどね。
このことは、考えても疲れるだけなので、考えないことにした。
僕としては、チェコスロバキアへ入国して、プラハの町を歩けばそれでいいだけだしね。
コルナが入手できたので、駅へ戻って、地下にあるロッカーへバックパックを入れる。
つまり、現地通貨のコルナがないので、それまではまったく何にも動きが取れなかったんだ。
さて、このコインロッカーの仕組みが面白かった。
自分でロッカーの暗証番号を設定する仕組みだった。
空いているロッカーを見つけて、中にバックパックを入れる。
裏側のダイアルを回して、番号を設定する。
僕は「246番」のコインロッカーを選び、中にバックパックを入れて、ロッカーの番号を「K696」とした。
ロッカーに1コルナ(15円)を入れて、閉める。
開けるときは、表のダイアルを「K696」にすれば、ドアが開く。
ロッカーの使い方の説明もないので、やっと使い方が理解できたときは、大喜びしてしまった。
実はこの時期、ヨーロッパの駅のロッカーは、いろんなタイプがあって、使い方を理解するのが大変だったんだよ(涙)。
特にフランスは駅ごとに、ロッカーの使い方が違っていて、頭を使ったものだ。
一番進歩していると感じたのは、南仏の駅で、コインロッカーに荷物を入れて、お金を入れて、ドアを閉めると、レシートが出てくる。
そのレシートに、番号がプリントされていて、その番号を入れると、ドアが開くというわけだ。
逆に言うと、レシートをなくしたら、ロッカーは開かないってことね(涙)。
これは危ないと思って、僕はもちろん、レシートの番号を旅行ノートに控えたものだ。
プラハ駅のコインロッカーでも、K696という番号をノートに控えて、ロッカールームを出ようとした。
しかし、プラハ駅には、ロッカーがずらりと並んでいたんだ。
ヒヤッとして、振り向くと、自分がどのロッカーを使っているのか、わからなくなっていた。
ロッカーの暗証番号は控えたが、ロッカー自体の番号を控えてなくて、わからなかった。
ただ、このときは、ロッカーを閉めてすぐ移動したばかりだった。
ロッカーの場所の記憶をたどって、だいたいの見当で、ロッカーに番号を入れていった。
3個目で、ロッカーが開いたときは、本当に冷や汗びっしょりだったよ。
ここで、「世界旅行主義」に「ロッカーの設定番号だけではなくて、ロッカー自体の番号を控えること」という、新しい理論が加わったわけだね。
ホテルを次々と回っての両替は、疲れた。
ロッカーの使い方を理解してバックパックを入れるまでも、結構な時間がかかった。
実はこの時までに、僕はプラハで泊まる考えは放棄していた。
もともとは、プラハで一泊して、翌朝西ドイツへ移動するつもりだった。
しかし、プラハはさすが社会主義国で、両替も、ロッカーも普通ではなく、常識的な旅ができないようだ。
僕としては、なるべく早く、チェコスロバキアから脱出するのがいい。
手許の「THOMAS COOK EUROPEAN TIMETABLE」をチェックすると、プラハ本駅から出る、今夜午後8時15分(20時15分)の夜行列車がある。
それに乗れば、明朝午前8時36分に西ドイツのシュツッツガルトに到着する。
西ドイツに入りさえすれば、この精神的な重圧感も、雲散霧消するに決まっている。
とにかく、できるだけ早く、この重苦しい雰囲気の、社会主義国から脱出したい。
そう決めれば、あとは列車の出発まで、とっととプラハ観光をすればいいだけだ。
プラハの観光名所を、次々と急ぎ足で歩いてまわる。
まず、プラハ本駅を出て、カレル橋方向へ行く途中にある「火薬塔」へ。
そのまま歩き続けると、「旧市街広場」へ出る。
それから、有名なカレル橋へ。
カレル橋は、ヴルタヴァ川(モルダウ川)に架かる橋で、その欄干には聖人像がずらりと並んでいるのが特徴。
ただ、僕のような普通の日本人としては、特に知っている人もなく、フムフムとうなずきながら通るだけ。
まあ、橋の周辺には、観光客目当ての店もあるし、行って退屈することはないでしょう。
ヴルタヴァ川を、カレル橋で越えると、「小地区広場」に出る。
続いて進むと、プラハ城に入る。
プラハ城から東門へ行く途中にある狭い通りが、黄金小路
細い道の両側にお土産屋が並んでいて、観光客が集まる場所だ。
僕が行ったときも、プラハの旧市街自体は、それほど観光客が多いとは感じられなかった。
ところが、黄金小路に入ったとたん、観光客でびっしりだったしね。
この時期のこの場所には似合わない、日本人の新婚カップルまでいたよ。
ここで、今でも僕の記憶に残っている事件が起きた。
それが、黄金小路の切手屋だ。
チェコスロバキアは、きれいな図柄の切手で有名な国だ。
だから、黄金小路に小さな切手屋を発見して、入ってみた。
きれいな切手は、荷物にもならず、絵葉書に貼って送ってしまえば、持って帰る手間もない。
小さな切手屋の中は、観光客で満杯だった。
僕は、切手の入ったガラスケースを覗くだけ。
というのは、結構な値段を付けた切手も多かったからね。
その中で、三枚のシリーズの切手があった。
三枚が半分ずつかさなって、並んでいた。
一番上のきれいな大判の切手の値段が、とてもリーゾナブル(REASONABLE)な値段だった。
ちなみに英語で「REASONABLE」とは「CHEAP(安い)」の「婉曲表現(EUPHEMISM)」です(笑)。
たぶん、日本円で30円程度、つまり、ツーリストレートで2コルナ程度だったのではないかな。
僕が見ても安いと思ったし、購買欲がそそられたからね。
で、3枚セットなので、観光客の一人が、「3枚セットでください」と声をかけた。
一番上の切手が2コルナ(30円)だとして、他の二枚も似たような図柄だから、3枚セットでも、6コルナと考えるのが常識だろうね。
6コルナで、90円だ。
90円で、きれいな図柄のチェコスロバキアの切手セットが手に入るなら、とてもいい買い物だね。
しかしこれまでも世界各地を旅していた僕の旅行本能は、「そんなうまい話があるはずがない」と叫んでいた。
すると、店の人は、「はい3枚セットで100コルナです」と平気で口にした。
100コルナとは、ツーリストレートでも、千5百円。
外国人旅行者ならば、千5百円位は払えるので、声をかけた旅行者は、おとなしく金を払った。
みんなわかっていたが、「あーあ、ひっかかったね(笑)」という雰囲気が満ち満ちていたよ。
僕はこれを、「オイオイ誘い水かよ」事件と呼んでいる。
とにかく、買い物をするときは、値段を一つ一つ確かめないとね。
まあこれで一応、プラハの観光は終了だ。
あとは、両替した15ドル分のコルナを使い果たさなければならない。
だって、プラハから西ドイツ国境までの鉄道の切符は、すでにベルリンで入手している。
午後8時15分の列車で西ドイツに抜けられるのは、プラハ中央駅で確認済みだ。
とすれば、両替した15ドル分のチェコスロバキア通貨140コルナを使い果たさなければならない。
ところが、この時期のチェコスロバキアの物価は、信じられないくらい安かった。
生ビールの中ジョッキが1コルナちょっと、つまり20円くらいなんだから(笑)。
とにかく、15ドル両替したものを、ビールを飲んでも、結構豪華なつまみを食べても使い切れない。
さらに、ホテルでステーキを食べても、ワインを飲んでもまだお金は余っていた。
駅近くの、結構まともなホテルで、ステーキとワインの食事をとって、チップを払っても、お金は減らないんだ。
いやはや、僕の人生でも、お金がありすぎて、どう使っても使い切れずに焦った経験は、プラハが一番だったね。
最後には、お腹いっぱいになって、ビールを飲んだら、口からビールが戻りそうな状況で、ふらふらと町を歩いていた。
すると、大きな通りに民衆が集まり始めているのが感じられた。
それを、気付かない振りをして、歩いていくと、その通りの奥で、武装警官隊が集合していた。
またこの武装警官隊、治安部隊、が体格がよくて元気そうだったんだよなー(涙)。
民衆のデモ隊は、いかにもひ弱そうな学生や、若者、女性もいたよ。
これでは、武装警察に、ボコボコにやられてしまうに決まっている。
そうして、刑務所行きか。
でも、僕は、チェコスロバキアはすばらしい国だと思った。
民衆が自分たちの手で、民衆の権利のために戦っている。
日本では、一部政治勢力に組織されたデモはあったし、これからもあるかもしれない。
でも、本当に個人の意思で、武装警官隊とぶつかろうなんていう日本人はいないよ。
僕も、ボコボコにされるのがわかっているのに、デモの先頭に立とうなんか思わない。
日本人って、そういうものなんだよ。
だから、日本には本当の民主主義も、自由もないんだ。
だって、自由も民主主義も、大衆が自分たちの力で勝ち取るべきものなのだから。
日本にあるのは、集団順応主義だけだよ(涙)。
これからも、絶対に西欧風の民主主義は、日本には根付かない。
だから、日本は進歩、進化することはない。
日本人がいくら表面を取り繕っても、結局は、集団のナアナアしかできないんだよ。
それは、西欧諸国からはとっくに、見破られているけどね。
たぶん、アジア諸国からも、理解されてしまって、可哀想に思われているよ。
さて、僕は、昼過ぎにプラハへ到着して、両替でバタバタして、駅のコインロッカーでドギマギした。
プラハの観光をして、黄金小路で人生の真実を学んで、プラハの大通りで自由のために戦う民衆を見た。
僕の頭脳は、今日一日起きたことを処理するので、オーバーヒートして熱を持っていた。
さて次は、西ドイツへの夜行列車に乗り込まなければ。
しかしこの列車にも、興味深いトラブル(?)が待っていたのだった。
それは次回の、お楽しみね♪ 
xxx

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

europe asia
world index
xxx