プラハからニュルンベルクへ、オランダ人とアルバニア人と日本人(僕)の3人で、夜行列車のコンパートメントを独占してゆったりと寝る@ニュルンベルク/ドイツ

【チェコスロバキアのビザとスタンプ/9月24日DECINで入国、9月25日にCHEBで出国】
1988年9月24日、西ベルリンから東ドイツを通過して、プラハへ到着したのが、午後2時過ぎ。
両替が簡単にできなくて、かなりバタバタしたが、一応「ツーリストレート」で両替を済ませて、プラハの観光。
プラハの観光をしながら、いろいろと考えてみた。
最初は、プラハで一泊するつもりで、翌朝の列車を予約していたが、プラハで泊まるのはやめよう。
到着した日の夜の列車で、西ドイツへ抜けることにする。
つまり、プラハ滞在は、半日くらいになる。
ただ、ちょっとした問題があった。
翌朝、つまり1988年9月25日に乗るつもりだったのは「468」列車。
この列車は、プラハを午前7時40分に出て、「Furth im Wald」の国境を越えて、西ドイツへ入国する。
そのあと、いかにもヨーロッパの列車らしく、ミュンヘンへ行く車両とニュルンベルクへ行く車両とに分かれる。
僕はなにしろ「21日有効一等ユーレイルパス」を持っているので、西ドイツに入ってしまえば、ミュンヘンへ行こうが、ニュルンベルクへ行こうがどうでもいい。
でも、ミュンヘンは一度行っているので、ニュルンベルクへ行くことになるかな。
468列車でプラハからFurth im Waldまでの乗車券は、西ベルリンで買って、持っている。
ところが、午後8時15分プラハ発の列車は、Furth im Waldではなく、CHEBの国境を越えるんだ。
鉄道の経路が違うことになるので、乗車距離も違う。
下手をすると、文句を付けられる恐れもあるよ。
普通の人ならば、こんな心配はしないかもしれないね。
ただこの時、僕は社会主義国にいるという意識がとても強かった。
社会主義国で、ちょっとでも変なことをしていると、チェコスロバキアの国境警備隊に逮捕、拘束、起訴されてしまうかもしれない(涙)。
おまけに、拷問されたりしたら、どうしよう(涙)。
文句をつけようと思えば、つけられるかもしれない…。
プラハ駅で、時刻表を念入りにチェックして、「THOMAS COOK EUROPEAN TIMETABLE」と照らし合わせていた。
すると、なかなか知的な雰囲気のチェコ人の若者が、きれいな英語で話しかけてきた。
あとで考えてみると、間違いなく、チェコの国境警備隊か秘密警察の人間だと思う。

列車の出発までの時間はたっぷりとある。
僕はロンドンでケンブリッジ大学英語検定試験の特級(CPE)に合格しているので、ぺらぺらと事情を説明する。
僕はプラハからFurth im Wald国境への切符は持っている。
その切符は明朝の468列車に予約がしてあって、指定席だ。
しかし、僕は468列車に乗らずに、今夜の458列車に乗って、西ドイツへ向かいたい。
国境はCHEBとなるが、手許の切符で乗って問題があるのかどうかということ。
この親切な若者は、僕と一緒に駅の鉄道案内所へ行った。
すると、案内のおじさんが、自信を持って、答えてくれた。
「この切符では、経路が違うので乗れない」
「20時15分の列車ではなく、22時30分の257列車に乗り、ノリンバールクで259列車に乗り換えろ」
「458列車だと、プラハからCHEBへの切符を新しく買わなければならない」
「その料金は、50コルナ。ただし指定席は満員だ」とのこと。
50コルナといえば、ツーリストレートだと、750円。
そして、使い残したチェココルナがまだ手許には残っているので、お金はある。
ここで僕は決意した。
今夜の458列車に乗り込んでしまう。
ルートは違っていても、チェコ国内の鉄道切符は持っている。
車掌が検札に来たら、切符を見せて、もし不足料金があるならば、その場でチェココルナで支払ったらいい。
とにかく西ドイツへ入りさえすれば、僕には天下御免の通行手形「一等ユーレイルパス」がある。
今の問題は、ただ、チェコスロバキア国内で、違ったルートの鉄道切符を持っているというだけ。
普通の旅行者ならば、僕のように、国境の違いなど気が付きもしないだろうし、そのことで細かく考えたりはしないだろう。
よーし、いろいろと考えるのは止める。
列車の中で何か言われたら、そのときの話だっ!
こう決意して、切符のことは、考えないことにする。
だいだい、社会主義国の鉄道の車掌というのは、もちろん公務員だろう。
チェコスロバキアの公務員が、夜中に、言葉も通じない日本人旅行者のわずかな鉄道料金の違いを摘発するだろうか?
僕の社会常識では、もともと公務員が、そんな面倒なことはしないはず。
見逃せば、何の問題もなく、平和な日常が過ぎるのだから。
小さなトラブルを見つけて、少々のお金を取るよりは、気がついても、知らない振りをするだろう。
そちらのほうが、楽だからね。
僕がチェコスロバキア鉄道の車掌(公務員)だったとしても、絶対そうするね(キッパリ!)。
僕はそう考えて、自分の世界観に賭けることにした。
そう考えると、問題はなくなった。
458列車の出発前に、プラハ本駅の上層階に行って、ビールを飲んで、時間をつぶす。
大きな丸屋根のレストランで、500mlの生ビールを頼んで、僕の旅のことをあれこれ考える。
普通だと僕は、こういう場合は本を読むんだが、レストランが薄暗くて読めなかった。
午後8時までレストランで粘って、ホームに入っていた458列車に乗り込む。
結構混んでいて、オープンサロンの客車に、人がどんどん入っていく。
見ると、オープンサロンの車両は指定席らしい。
僕はコンパートメントの車両へ入る。
ヨーロッパの列車では、誰かが座席を予約してある場合は、その席に予約済のカードが置いてある。
また、コンパートメントの場合は、入り口の座席表に、予約済の席はそう書いてある。
逆に言うと、予約が入ってないなら、勝手に座っていいわけだ。
というわけで、僕は自由席のコンパートメントに入って、一人で座った。
このコンパートメントは、向かい合わせの3席で、合計6人用だ。
二等車コンパートメントは、(ベルリンからプラハのときのように)8人用コンパートメントもあるが、6人用だとうれしいね。
出発前に、コンパートメントに、あと2人、バラバラに乗客が入ってきた。
一人は30歳をちょっと超えたくらいのオランダ人。
もう一人は、20歳代のアルバニア人。
オランダ人が話し好きで、彼が中心になって、僕たちをリードする。
彼は、ずいぶん長くチェコスロバキアに滞在していたそうだ。
実勢レートで両替していたので、生活費はほとんどかからず、豪華な食生活を楽しんでいたとのこと。
僕が気にしていた「強制両替」の事を聞くと、彼はこの制度自体を知らなかった。
確かに、僕が両替したときも、特に書類にサインしたりしなかったしなー。
人物的にちょっと怪しいと思わないでもなかったが、彼の提案で、すぐにコンパートメントの座席を引き出して、ベッドを作る。
ヨーロッパの列車のコンパートメントは、向かい合わせの座席部分を引き出して、まっ平らなベッドが作れるようになっている。
6人用のコンパートメントで、3人が横になると、席はいっぱいになる。
他の人は普通は入ってこないよ。
ドアを開けた人もいたが、僕たちが横になっているのを見たら、割り込んだりしない。
あっさり諦めて、別の席を探しに行った。
3人で横になったまま、いろいろと話をしていた。
車掌がやってきて、切符のチェックをしたが、僕には何も言わなかった。
午前2時ころに、CHEBの国境を越えた。
出国審査があったが、僕が心配していた強制両替についても、何も聞かれなかった。
どうやら、心配しただけ損したようだ。
強制両替がないのならば、15ドルもの大金を両替することもなかったのに…(涙)。
ガイドブックに書いてあったのを信じたからの失敗だ。
特に僕が持っているのは、「地球の歩き方」という若者向けのもので、いい加減な話が適当にまとめてあるというので、悪名高かったのだが。
国境を無事に越えてしまえば、西ドイツだ。
西ドイツに入ったら、もう切符の心配は要らない。
僕は、なにしろ「21日有効一等ユーレイルパス」を持っているのだから。
458列車は、時刻表では午前5時50分(実際は少し遅れていたが)に、ニュルンベルクへ到着した。
この列車はそのまま走れば、午前8時36分にシュツッツガルトへ到着予定だ。
でも、僕は、とっととニュルンベルクで降りた。
というのは、別にシュツッツガルトへ行く意味もないしね。
ニュルンベルクといえば、「ニュルンベルク裁判」でも名前が知られているし。
まあ、ニュルンベルクを歩いて、時間をつぶして、またどこか別の町へ行きましょう。
それは、列車に乗るときに、考えればいいだけだ。
だって僕は、自由主義国に戻ってきた。
手許に一等ユーレイルパスがあれば、どこへだって気の向くままに進めるのだからね(笑)。
 

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

europe asia
world index
xxx