『ポーツマスで、親切な元水兵さんにB&Bを紹介してもらう』@ポーツマス/イギリス(英国)

シェルブールから出たSEALINK社のフェリーが、イギリスのポーツマスに到着したのは、1988年4月12日、午後10時を過ぎていた。
シェルブール発が、午後6時15分なので、4時間程度かかったわけだ。
船を降りて、税関の荷物チェックがある。
荷物検査は型通りなので、どんどん列が進む。

僕の頭は、くるくると回転している。
いま一番の問題は、今夜の宿を見つけること。
ポーツマスで宿が見つかるかどうかが、最大の問題だ。
もしポーツマスで宿が見つからないならば、ロンドン行きの夜行列車に乗ってしまってもいい。
列車が早く着けば、駅で夜明けを待てばいい。
インドなどでは駅の構内の床で寝たこともあった。
しかし、僕のよく知っているビクトリアステーションをはじめ、イギリスの駅には旅人が休めるような場所はなかった記憶があるが…。
列に並んで僕の前に立っていた、背の高い痩せた英国人に、聞いてみる。
近くにホテルがあるかどうか、ポーツマス駅からロンドンまでの時間などなんかね。
すると、ポーツマスからロンドンまでは、列車だとたった2時間くらいで着いてしまうという。
これでは短か過ぎて、列車の中で寝る訳にもいかない。
「今の時間に泊まれる安いホテルはないでしょうか?」と、心細くなって、たずねてみる。

イギリスで安い宿泊所といえば、個人経営のB&B(ベッド・アンド・ブレックファースト)ということになる。
ただ、個人経営なので、こんな時間には閉まっていることが多いのだ。

すると、その背の高いやせた英国人は、ちょっと考えて、「僕のよく知ってるB&Bがあるけれど、一緒に行くかい?」と答えてくれた。
助かった!

悪い人じゃないのは話し方でわかる。
一緒に、夜のポーツマスを、話しながら歩いて行くことにする。
彼の名前はスティーブ。
元英国海軍の水兵なのだそうだ。
その後公務員になったが、今は退職して年金暮らしをしているという。
「あの船ですっかり船酔いしてしまって、本当につらかったんです」と、僕が正直な所を言う。
「いい奴は皆、船酔いをするものさ」とスティーブが慰めてくれる。
「スティーブ、フランスに行ってたのは観光旅行ですか?」
「いや、酒の買い出しに行ってるんだ。免税で買うと安いからね。去年は200回ぐらいフランスに行ったかな」
本当だろうか?
イギリス人のユーモアというのは、まじめな顔をしてとんでもないことを言うので注意しなければいけない。
「君は旅行者だね。これからどこへ行くの?」
「正直に言うと、わからないんです」と告白する。
「ロンドンに行って、そこで考えるつもりです。もう日本へ戻ろうか、旅を続けて、エジプトを見ようか、すこし迷ってます」

そう答えて、北アフリカの旅の苦しかったことを少し話す。
「旅は楽しいことだけじゃありませんからねー」

スティーブはちょっと顔をしかめて、なにか思い出すように、言う。
「旅することが運命な人もいるよ」

「人生も旅みたいなものですしね…」と、僕。
話しながら歩いて30分程たって、いいかげん疲れたころ、「ほーら着いたよ!」と、スティーブが明かりの消えたB&Bのベルを押した。
しばらくして、中からあご髭を生やした50代のがっしりとした男性が出てきた。
2人は知り合いらしく、親しげな挨拶を交わしたが、その後でいやにていねいにスティーブが話し出した。
「この日本からの紳士が部屋を欲しいというのだが、部屋はありますか?」

B&Bの亭主は急にまじめな顔をして答えた。
「日本の紳士には部屋が1つ提供出来ますが、あなた用のはありません。今日はお客が多いのでね」

「それは残念ですね。それじゃあ僕は別の所を捜そう」とスティーブ。
それはいけない。せっかく一緒に来たのに!

「もしよかったら、僕と一緒の部屋に泊まりませんか」と、慌てて話しかけるが、スティーブはにこっと笑って立ち去って行った。
「僕が連れて来て貰ったのに、悪いことしちゃった」と心配すると、主人が「スティーブは大丈夫だよ」と言ってくれるので少し安心する。

主人はスティーブの海軍時代の友人で、名前はボブ。
このB&Bも退職金で始めたのだそうだ。

朝食付きで1泊11ポンド(2750円)はロンドンに比べるとぐっと安い。
その日は、疲れていたし、夜も遅いのでそのまま寝た。

翌朝、ベーコンアンドエッグにトーストそれに紅茶のティーポットというイングリッシュブレックファースト。
改めて荷物をまとめ、宿を出る。

ボブにさよならを言って歩き出す。
昨日とは違って今日は快晴だ。

早めにロンドンに着いて宿を決めて、友人のいる語学学校「インターナショナルハウス」の授業時間中に間に合わなければならない。
友人の下宿の場所が解らないので、昼休みに、授業から出て来た所を捕まえなければならないのだ。

重いバックパックを担いで、急ぎ足で20分ぐらい歩いて、ようやく駅が見えた。
そのとき、アーミージャケットのポケットにB&Bの部屋の鍵を見つけた。
しまった!戻すのを忘れてしまった。
もちろん、鍵を返しに戻ることにする。
昨日あんなに親切にしてくれたスティーブの友達を裏切るなんてできないからね。
また20分歩いてB&Bに戻った。
額に汗が浮かんでいる。
お詫びの言葉といっしょにボブに鍵を渡して、また玄関を出る。
すると、なんと向いの家からスティーブが出て来た。
なーんだ、スティーブはB&Bの向かい側の家に住んでるんだ。
昨日はかつがれちゃったんだ。
でも、本当に2人とも面白い人たちだ。

「おはよう、スティーブ!昨日はありがとう」とお礼を言った。
ボブとスティーブはにこにこしながら、2人で並んで見送ってくれた。

それからまた20分歩いて駅に着いた。
結局1時間も歩き続けた。
かなりの運動だったが、気持ちはさわやかだ。
いつかボブとスティーブにお礼の手紙を書こうと思いながら、書かないままになってしまった。

でもそれでいいんじゃないか。
お互いにとてもいい奴と出会ったことを、これからもずっと覚えているのならばね。

【旅行哲学】旅先で出会った人の優しさを、いつまでも覚えていること、それが大切。

italy france uk europe world index

italy-france-uk
xxx