ポートリー@スカイ島/スコットランド/英国
ルイス島のストーノウェイからターバートへ戻っても、何もすることがないので、とっとと早めに寝る。
翌朝目を覚ますと、一緒の若者は連日の移動でちょっと疲れているようだった。

動きが鈍くて、なんとなくぼんやりしてる感じ。
しかし、このころの世界旅行者はまだ30代で元気モリモリだったので、疲れなんか全く感じなかった♪

ターバートからウイグへのフェリーに乗る。
船の中で若者が「西本さん、ホテルにパスポートを置き忘れたみたいです…」と言う。

あれれ、これは大変だ。
とはいっても、ここはスコットランドの端の田舎町だ。
日本人のパスポートを盗る人もいないだろうし、それほど気にはならない。
ただ、わざわざまたパスポートを取りに戻るのが面倒なだけだ。

それに、トラブルが起きた時は、結果はどうであれ、考えられるなかの最適な行動を取ればいいだけ。
そこで僕は、まず、ウイグのフェリー会社の事務所へと行った。
というのは、自分でバタバタするよりも、フェリー会社に頼んだ方がなにかと都合がいいと思ったからだ。
たまたま、ホテルの名前は控えてある。
泊まったところは「マクロードモーテル」。
港のすぐ横にあって、通りの名前はそのままズバリ「ピアロード(桟橋通り)」だ。

フェリー会社の人がマクロードモーテルに電話をすると、パスポートは向うにあるそうだ。
僕らがチェックアウトしたあとで、部屋で見つけたのだろう。

さてそこでだよ、どうやってパスポートを手にするかだ。
普通ならば船の人に頼んで持ってきてもらえばいい。

ただ、その間ボーッと待ってなければならない。
しかもこのウイグの船着場には、何にもないんだから。
それは退屈だよ。
また、本当に間違いなく持ってきてくれるかどうか、それはわからない。

だとすれば、こちらから取りに行くのがいいだろう。
ホテルの人がパスポートをターバートのフェリーオフィスへ届けてくれるように頼む。

僕は若者に「キミの大切なパスポートだから、取りに行った方がいいだろう。1人でね」と告げる。
しかし若者は、「僕は英語が十分ではないので、西本さんが行ってくれないと困ります」ということだ。
まあ、それはそうだろうね。
英語があやふやな若者が1人で行って、フェリー会社のターバートのオフィスで話が通じなければ、これもまた面倒なことになる。
となれば、僕も行った方がいいだろう。
このころは、若者も僕も十分な金を持っていたので、フェリーで往復する運賃なんか気にしなかった。
フェリーで往復するだけだから、車はウイグの駐車場に置いたままにして、2人で船に乗る。
ターバートの船着場のオフィスで、もちろん無事にパスポートを手にして、また戻ってくる。

ところで、フェリーの片道が2時間弱。
だから、この日は6時間もフェリーに乗って行ったり来たりしていたわけだね(涙)。

そこで若者に説教をした。
「旅先では今みたいに置き忘れたものが戻ってくるとは考えられない。つねに自分の持ち物は確認しておくことが大事だ。自分のものは自分だけしか守れないよ」ってね。
若者は深く反省して、僕の言葉を聞いていた。
ウイグのガソリンスタンドで、車を満タンにする。
僕はしょんぼりした若者を乗せて、さらに説経をこきながら、車を勢いよく走らせる。
しかし、僕も疲れていたのか、ガソリンスタンドのポンプの上に旅行のメモ帳を忘れてしまった。
すぐに気がついて、またガソリンスダンドへ戻る。
もちろんスコットランドの田舎なので、メモ帳はそのままだった。

忘れ物をしないようにと説経したばっかりだったので、若者の僕を見る目がちょっと気になったね。
彼の僕に対する尊敬の気持ちが、少し減少した感じを受けたよ。

本当はこの日に一気にインバネスまで行ってしまう予定だった。
でも、フェリーに6時間も乗って時間もなくなったので、またポートリーに泊まることにした。

夕食はポートリーの町の、結構まともなホテルのレストランへ行く。
若者がパスポートなくしてそれを取り戻したというのだから、確かこのレストランの料金は彼が払ったんじゃなかったかな。

2人ともステーキを頼んで、ワインを飲んだ記憶がある。
若者が付け合せに、ポテトかライスかと聞かれて、「ライス」と答えたら、ほっぺの赤いスコットランド人の若いウェイトレスがクスクスッと笑った。

どうやら「rice」ではなくて「lice」と聞こえたかららしい。
でもこんなベタな話、「RとLの日本人の英語の発音で笑われる」なんて、英語本に書いてある定番の話が本当にあるんだと感動したよ。

【写真】ポートリー
【旅行哲学】忘れ物をしないようにと説経したあとは、自分が忘れ物をしないように注意した方がいい。
italy france uk
east europe route
一等ユーレイルパス21日間の旅
europe
index worlld list
london-scotland-international house

xxx