【人種差別】ピザハットで無視される@ワルシャワ/ポーランド

【ワルシャワの旧市街にて】
僕がリトアニアのビリニュスから夜行寝台列車で、ワルシャワ中央駅へ着いたのは、朝の7時だった。
ホテルが受付を始める時間まで少し時間を潰して、駅の近くの中級ホテルへ行く。

すると、調べもせずに「満員!」と宿泊を断られた。
ガイドブックにある別のホテルでも、あっさり断られる。

3軒目のワルシャワ大学近くのホテルで、やっと部屋を確保した。
それも、レセプションの女性は見るからにイヤイヤという雰囲気だ。

3人部屋しかないからと部屋代を吹っかけられた。
ワルシャワの街を歩いても、人の僕を見る目が変に冷たい。

ワルシャワ旧市街を観光途中に出会った日本人学生と、夕方、繁華街の中華料理店に入る。
すると、きっちり料金を誤魔化されて、会計の時にウエイターとケンカをした。

そのあと入った、ホテルのバーでもやはり高く請求される。
社会主義経済が崩壊して、なんでもかんでも、とにかく金を吹っかけようとしているのだろうと解釈する。

次の日、一人でワルシャワのピザハットに入ったら、ウエイトレスが全員で僕の存在を無視する。
テーブルに座ったままで30分近くも放っておかれた。

僕は「Lonely Planet」のポーランド語会話集を使って、ポーランド語で声をかけて注文する。
注文は受け付けられたが、しかし、そのまま放っておかれた。

つまり、何も持ってこない。
あとに来たポーランド人にはすぐにピザが提供されている。

周囲に座っているポーランド人は、ちらちら僕のほうを見てニヤニヤしている。
つまり、ピザハットのポーランド人店員全員とポーランド人のお客全員が、僕を馬鹿にしているわけだね。

ここですごすごと立ち去るのが普通の日本人。
世界旅行者の僕は、「よーし、こうなったらここで一発、騒動を起こしてやる。最終的には米国のピザハットの本部に人種差別を訴えて、いいネタを作ってやるぞっ!」と覚悟を決めた。

覚悟を決めると、腕時計で「何分待っても持ってこなかった」という記録を取り始める。
騒動を起こすと覚悟を決めたら、余裕が出てくる。

「どんどん人種差別をしろよ。あとでどうなるか面白いぜ!」とうれしくなる。
僕は「世界旅行家」として日本の一流週刊誌にも写真付きで紹介されている。

またこの1996年には、雑誌に海外旅行のコラムも書いていた。
どんな状況も、見る立場を変えれば悲劇も喜劇になる。

ニヤニヤしながら、愛機のコンタックスT2をいじっている。
閉店まで粘った方が、話としては大きくなるので、待つ覚悟を決めた。

すると、僕の雰囲気を察したのか、ウェイトレスの責任者みたいなちょっと年上の女性が飛んできた。
もう一度オーダーを取り直して、まわりのウェイトレス連中をしかった。

そのあと、すぐにオーダーしたものが出てきた。
僕は争いが好きなわけではないから、ワインを飲んでピザを食べれば、それ以上のトラブルはどうでもいいと考え直す。

支払いの時に、「僕はこの店で人種差別されたことを、ピザハットの本部に報告する!」と一言残してあげたけどね。
実際は面倒なのでそれはしなかったけど。

そのおかげで、この話のネタが出来たわけだ(笑)。
でも、人種差別問題は、非常に重要なことなので、最後まで注文を持ってこずに、無視されたならば、当然レポートすべきだよ。

このあと、旧ユーゴ諸国の情勢を聞こうと、ワルシャワの日本大使館に行った。
すると、隣接する立派な「日本文化センター」には誰もポーランド人はいなかった。

ここでやっと気が付いたのだが、ポーランドでは日本人(東洋人)を嫌がって、差別してるんだよ。
日本人は、なぜか勝手に「ポーランド人は親日的だ」(という話をむかし聞いた気がする)と思い込んでいる。
だが、それは大間違い。

ポーランドでYHに泊った学生の話を聞いても、はっきりと日本人は差別されている。
僕の長い海外旅行経験でも、ポーランドの状況はひどかったよ。

だから、気持ちよく海外旅行をしたいならば、日本人はポーランドへ行かない方がいいでしょう。
僕は二度と行く気はないね。

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記目次』 / 一等ユーレイルパス21日間の旅(1988/09/12-1988/10/03)

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS(1988/09/03-1988/09/12)

europe asia world index 東欧縦断旅行
xxx