『パリの日本大使館で、パスポートの再発行と合冊を申請し、凱旋門へ行って、シャンゼリゼ通りを端から歩き倒す。』@パリ/フランス

【パリの日本大使館で再発行、合冊されたパスポート】
ヨーロッパをユーレイルパスで走り回って(一等ユーレイルパス21日の旅)、最終日の1988年10月3日にパリオーステルリッツ駅に到着。
その日は、ホテルを「アンリ4世ホテル」(一泊シングル80フラン)に決めて、日本食を食べ、日本の本を読んで、昼寝をして、ごろごろして過ごした。
とにかくヨーロッパを、東はフィンランドから、西はポルトガルまで、走り回った。
この時代はまだヨーロッパの社会主義国が健在だったので、東ドイツやチェコスロバキア、といった社会主義国にも足を伸ばした。
ほとんど休むことがなく、次々と新しい町を訪れ、次々と列車を乗り換えていたので、肉体的にも知的にも、僕は研ぎ澄まされていたことだろう。
パリへ来て、緊張を解いて、少しのんびりしたい。
しかし、1988年10月4日、この日には、僕にははっきりとやるべきことがあった。
それが、「パリの日本大使館でパスポートの再発行」をしてもらうこと。
つい先日、フランスからスイスへ入国するとき、ベルンの入国審査でパスポートの写真が剥がれかけていることを指摘された。
入国に少しトラブって、再発行を受けるようにと、指示されている。
これから多分イギリスへ行くが、イギリスは入国が厳しいので有名だ。
パリにいるときに、パスポートを再発行しておけば、ちょうどいい。
パリなら、ある程度、というかどれだけ長期間でも、暇を潰せるからね(笑)。
手ごろな日本食堂もあり、日系書店では日本語の本や雑誌の立ち読みができる。
ただ、町を歩いているだけで、パリのど真ん中。
洒落たメトロの駅で、地下鉄に乗るだけでも、パリにいるって感じがする。
パスポートの再発行のために、パリにしばらく滞在しなければならないかも。
まあ、いろいろ考えても仕方がない。
パスポートの再発行に何日かかるか考えたり調べたりするより、直接日本大使館へ行ってみればいいんだ。
地下鉄の「COURCELLES」駅で降りて、日本大使館へ歩いた。
中へ入ると、結構人が多いと感じた。
特にツアーできた日本人中年男性が、ツアコンに連れられて、パスポートの盗難届けを出していたのが興味深かった。
パリは泥棒(スリ)が多いので有名だ。
僕の友人の女の子も、パリの地下鉄でパスポートや財布を盗まれてしまったからね。
僕の場合は、盗難にあったわけではなくて、パスポートもある。
ただ、そのパスポートの写真が剥がれかけているというだけ。
窓口の担当者と話をすると、話はテキパキと進む。
問題は、古いパスポートと新しいパスポートを合冊するかどうか。
もちろん、世界旅行者としては、パスポートが、新しいパスポートと古いパスポートの2冊になっても、面白くもおかしくもない。
ここはどうしても、パスポートを合冊してもらいたい。
合冊といっても、自分勝手にパスポートをホッチキスで止めてもダメ。
日本大使館の公的な様式によって、2冊のパスポートを公的なシールで一体化させなければならない。
それには理由が必要だったが、僕にはもっともらしい理由が存在する。
というのが僕の古いパスポートにはポーランドのビザがあったんだ。
このポーランドのビザはウィーンで取ったものだった。
ポーランドへ行くとしたら、普通は、北欧から入るか、この時代は東ドイツから鉄道で入国するしかない。
ただ僕は、東ドイツに囲まれた陸の孤島西ベルリンから、チェコスロバキアへ逃げ出した。
もう社会主義ポーランドへ行く気などはない(結局、2回目の世界一周のときに、東欧縦断をして、その時に行きました)。
でも、ポーランドのビザは、パリでパスポートを合冊する理由にはなったんだよ(笑)。
無駄なようだと思っても、動いていれば何か、得るものはあるわけだ。
申請したのが10月4日。
合冊した新しいパスポートを受け取るのは、3日後の10月7日となった。
料金は、250フランスフラン。
この時期だと、(1フランが23円と考えると)6千円弱だ。
この料金は合冊の手数料を含んだものだが、案外安いね。
まあとにかく、パスポートの再発行と合冊の申請は終わった。
パリの市内地図を見ると、日本大使館は、凱旋門のすぐ近くだ。
日本大使館から、落ち着いた通りを歩いて、凱旋門(L'ARC DE TRIOMPHE)へ。
ここではじめて、凱旋門に上ったような気がする。
でも上らなかったのかもしれない。
「22F ascenseur」とあるので、エレベーターに乗ったのは間違いない。
ただ、それほど印象的ではなかったみたいだ。
パリの風景は、映画に出てくる。
だから自分で上ったことより、映画のシーンのほうが強烈な印象を残すってことかしらん。
その凱旋門から、シャンゼリゼを歩く。
ROND POINT DES CHAMPS ELYSEES(ロンポワンデシャンゼリゼ)まで、銀行の両替レートをチェックしながら、ゆっくり歩いた。
そのままコンコルド広場(PLACE DE LA CONCORDE)へいき、オベリスクを見上げる。
さらに、チュルリー公園(JARDIN DES TUILERIES)へ。
これで、パリ散歩はオシマイ。
次は、日本人街をうろうろする。。
「ひぐま」で、中華丼定食(53フラン)。
ジュンク堂書店を見つけて、文芸春秋(1988年10月号、91.60フラン)を買う。
あと、東京からロンドンに一緒に来た、K君の居場所を確認するために電話した。
ロンドンの下宿に電話したら、日本人男女2人が出てきたが、よくわからないそうだ。
東京へ電話したら、三田のマンションにいた。
ということは、僕がロンドンへ行っても、遊び歩く友達はいないってことね。
とにかく、10月7日まで、パリをうろうろしましょう。
そのあと、ロンドンへ行かずに、パリに住むかな。
まそれは、明日考えよう。
今日は、日本大使館に行って、パスポートの再発行、合冊をお願いできただけで、十分です。

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

europe asia
world index
xxx