『パリからリスボンへの長距離夜行寝台列車(SUD EXPRESS)で本や新聞を読み、旅行哲学をする』@パリ/フランス〜リスボン/ポルトガル
1988年9月29日に、TGV922で、ジュネーブからパリのリヨン駅に到着。
すぐに、翌日の、パリからリスボンへの列車「SUD EXPRESS」の、クシェット(簡易寝台)の予約を入れた。
「SUD EXPRESS」は、9月30日の朝にパリのオーステルリッツ駅を出て、リスボンのサンタ・アポローニャ駅に翌日(10月1日)朝到着だ。
つまり、まるまる一日列車に乗りっぱなしってことね。
しかし、ヨーロッパの鉄道は、とても快適。
特に僕は、何度も書くが「21日有効一等ユーレイルパス」を持っている。
だから、一等車は追加料金なしで乗り放題♪
しかし、いくら一等でも、丸々一日座っているのも、疲れる。
だって僕は、リスボンに到着したら、昼間観光して、その夜は、また夜行列車に乗るつもりなんだから。
この時まだ僕はぎりぎり30歳代だったが、これまでも、ヨーロッパ中を列車で走り回ってきて、疲れがあるだろうしね。
そこで、クシェットの予約を取った(クシェット料金は2千円程度)。
クシェットは、3段ベッドに寝具がないようなものだが、寝具はないが服を着たままでも、横になれるのがいい。
クシェットは昼間は二段目を折りたたんで、座席車として使う。
僕は、このコンパートメントの座席(夜になるとベッド)に予約を入れた。
でも、僕は、一等のパスがあるわけだから、二等のクシェットに予約が入っていても、二等席に座る必要はない。
これはクシェットの予約をしたときに、窓口で確認してある。
昨日パリに着いて、パリの日本書店「東京堂書店」で、大散財(合計161フラン/3703円)をして、海外では高価な、日本の本や雑誌、新聞を入手した
なにしろ、日本の2倍から3倍の値段で売られていたからね。
それは早い話、今日一等車で、じっくりと本を読みながら旅したかったから。
海外個人旅行を楽しむためには、本が好きであることが重要な条件。
今日のように、昼間は一等車に乗って、夜はクシェットで寝るだけという計画を立てていれば、たっぷりと本が読める。
これは、うれしいね♪
1988年9月30日午前6時半、泊まっていた「HOTEL SORETEL LUTECE」の部屋で起きる。
シャワーを浴び、トイレを済ませ、荷物をまとめ、ホテルを出るのが、午前7時半(朝食は食べずに宿泊料を節約している)。
スペイン方面への列車が出るパリのオーステルリッツ駅(GARE D'AUSTERLITZ)へ。
すでにホームに入っていた「SUD EXPRESS」に乗り込むのが、午前8時15分。
出発は午前8時42分なので、ガラガラの一等車で、絵葉書を書き、駅のポストに投函する。
駅で今日の日付の「THE TIMES」を買った。
昨日買った、日本の雑誌「宝石」、本「ツアラトゥストラかく語りき」、朝日新聞国際衛星版、今日買ったばかりの「THE TIMES」、いつも買っている「NEWSWEEK」それと英語のペーパーバック。
これだけ読むものがあるので、ニコニコだ(笑)。
この日の「タイムズ」には、珍しく日本の企業のニュースがあった。
それが、なんと堤清二のセゾングループが「インターコンチネンタルホテルズグループ」を買収したとの記事。
かなりびっくりしたが、日本企業と日本人についてよくわかっている僕は、「これは失敗するな」と、思った。
実際、バブルの時代に、日本企業は海外のいろんなもの(土地も、企業も、ビルも、ゴルフ場も、ホテルも)を買いあさったが、ほとんどすべて大損して撤退した。
僕はよく知っているが、日本人は日本人である限り、海外で成功できない。
海外で成功できる能力のある人は、日本国内では排除される。
最終的には、日本は、海外(世界)からは、無視されて、静かに滅んでいくしかない。
今では誰でも共通認識として持っていることを、僕は日本がバブル崩壊する前、日本経済の絶頂期に、ズバリ予測していた。
この時期のニュースをチェックしていた理由は、今上天皇(昭和天皇)の御容態を知りたかったから。
僕が世界一周旅行をしていた1987年9月から1990年5月までの足掛け4年で、日本のニュースで一番大きかったのは、昭和天皇の病状・崩御報道だった。
他の日本から世界へのニュースといえば、ほとんどは経済ニュース。
あと、僕がケニアにいたときに日本で起きた(1988年7月23日)「なだしお号事件」くらいだ。
1987年から1990年の、日本のバブルが絶頂期だって、日本のニュースは世界ではほとんど取り上げられていなかった。
だから、もともと日本は世界中から、重要視されていない、どうでもいい国だったんだよ。
僕は、バブルの崩壊から、世界中で日本が無視されることまで、昭和時代(1989年1月7日に終了する)に、的確に予測していたんだね。
「セゾングループがインターコンチネンタルを経営するのは無理だけどなー(笑)」と、考えたのはほんのちょっとで、別の本を次々と読んで贅沢な時間を過ごす。
フランスからスペインの国境を越えるときに、車掌にパスポートや切符など、すべて手渡した。
国境では、車掌が全部、国境越えの手続きをして、書類を戻してくれる。
夜になって、予約してあるクシェットへ移動した。
クシェットでは、前からいる人たちとちょっとしたトラブルがあったが、すぐに収まる。
スペインからポルトガルの国境(VILAR FORMOSO)を午前3時ごろに越えた。
このときは、起こされて、入国手続きをした。
朝になって到着時間を考えていると、ポルトガルとスペインの間には、時差が一時間あると教えてもらった。
リスボン到着予定が現地時間で午前9時15分。
ヨーロッパ大陸の時間とは、一時間違っていて、ヨーロッパ時間では、午前10時15分となる。
つまり、僕が乗ったパリからリスボンへの「SUD EXPRESS」は、25時間半の長距離列車だったわけだね。
この列車はすでに運行を止めて、今は存在しない。
ヨーロッパで、パリからリスボンまで、直通の寝台車なんて、存在したとしても、今は誰も乗らないだろう。
でも、ヨーロッパ旅行の本質が、列車旅であることを考えれば、とても残念なことだ。
ただ、僕はこの列車に乗ったというだけで、自慢できると思っているんだ。
パリからリスボンまで、25時間半の、夜行寝台列車で旅をしたのは、旅行者としての勲章だ。
ま、こういう経験、伝説が、本格的な旅行者には必要なんだよ。
だって、いま、いくらお金を払っても、こんな旅はできないからね(笑)。
さて、午前9時過ぎに、リスボンのサンタアポロニア駅に到着。
すぐに、今夜のマドリッド行き夜行列車の予約をする。
これが、「ESTRELLA LUSITANIA」で、リスボンを午後9時25分に出て、マドリッドチャマルティン駅到着が翌日の朝8時半予定。
この列車には、クシェットがなくて、二等寝台を予約したが、予約料金はドル払いできるという。
だから、僕は12ドルの現金で支払った。
サンタアポロニア駅で、日本人男性旅行者を見つけて、軽く挨拶する。
その挨拶で、奥深い性格をしているだろうと見破った僕は、彼と話したら、楽しいだろうと思った。
だが、僕は、駅にいた別の日本人旅行者に声をかける。
だって、もう一人は、30歳くらいの日本人美女だったからね。