『パリ北駅から鉄道でブローニュ、ドーバー海峡を昼間のフェリーでフォークストンへ越えて、ロンドン(ビクトリアステーション)へ』@パリ/フランス

トーマスクックヨーロッパ鉄道時刻表(1988)
1988年10月10日、朝5時50分に目が覚めた。
泊まっているのはパリのカルチェラタンにある「HOTEL HENRI W(ヘンリー4世ホテル)」。

ここは、そのころパリで一番安いと評判のホテルだった。
シングルが1泊80フラン。

10月5日に、東京銀行パリ支店で、5万円のトラベラーズチェックを両替したら、2335フランになった。
1フランは21円ちょっとだが、こういうときはわかりやすく20円と考えることにする。

つまり、アンリ四世の宿泊費は1泊シングルで千6百円程度だ。
カルチェラタンのど真ん中にあったので、どこへ出るにも食事をするにも、とても便利だった。

部屋はかなり汚くて狭いが、安さと立地の良さには換えられない。
シャワーは共同シャワーで、シャワールームに鍵がかかっている。

シャワーを浴びると別に12フラン(240円)かかる。
しかし、パリに住んでいると、毎日シャワーを浴びる気は起こらないけどね。

パリからロンドンへ行くルートについては、いろいろ考えた。
いままでイギリスとフランスの間を移動したことがある。

最初は、ロンドンからバスに乗り、途中で「ドーバー/カレー」のフェリーに乗り換え、さらにバスでパリへ来た。
次は、シェルブールからポーツマスへのフェリーだった。

ただどちらも、英仏海峡を渡るのが夜になって、海を越えたという実感がない。
そうして、僕は次にロンドンへ行く。

英国からは、おそらくはアメリカへ渡るつもり。
だとすれば、英仏海峡をボートで越えるのは、これが最後のチャンスかもしれない。
昼間の英仏海峡を船で渡って、その風景を心に刻みたいものだ。
トーマスクックのヨーロッパ時刻表(1988)をチェックした。
すると、パリから朝の鉄道に乗り、昼間のフェリーで海峡を渡り、ロンドンへ午後到着するルートを発見する。
その時刻表TABLE50「LONDON-PARIS」には、次の内容の時刻表があった。
401 RAPID
Paris(Nord) dep. 0805
Amiens arr. 0908
Amiens dep. 0916
Boulogne(Maritime) arr. 1026
Boulogne(Maritime) dep. 1115(French Time)
Folkstone Harbour arr. 1205(British Time)
Folkstone Harbour dep. 1240
London(Victoria) arr. 1404
前日(1988/10/09)に、パリ北駅へ行って、この列車のことを確認した。
言っておくが、旅先では列車の時刻や何かは、自分で確認するのが原則だよ。

料金はパリからロンドンまで、フェリーと列車の料金をすべて込みで、2等が395フラン。
1フランは20円ちょっとなので、約8千円だ。

パリの地下鉄(メトロ)で、5フラン(百円)を払って、切符を一枚(un ticket)だけ買って地下鉄に乗る。
この意味は、しばらくはパリには戻らないってことね。

パリ北駅(Gare du Nord)の15番窓口(guichet 15)で、ロンドンまでの切符を買う。
料金は昨日確認したとおりの395フラン。

長い列車の先頭にロンドン行きの車両が連結されていた。
僕はトーマスクック時刻表のTABLE50「LONDON-PARIS」を見て、列車の一編成が、全部Boulogne Maritime駅へ行くものと思っていた。

でも、ヨーロッパの鉄道の常として、途中で別れて、いろんな目的地へ行くものなのだ。
それを再発見して、いかにもヨーロッパらしくて、うれしくなる。

この列車はコンパートメント形式で、僕が入った2等の6人用コンパートメントは満員。
天気もいいし、寒くもなく、さわやかな気候で、昼間に英仏海峡越えするにはちょうどいい。

ただ、フランス国鉄(SNCF)の軌道の保守はあまりよくなくて、横揺れを激しく感じる。
パリ北駅を出た時はコンパートメントに6人で、話もしなかった。

しかし、アミアン(AMIEN)で2人が降りた。
コンパートメントの空間にも余裕が出来て、ブローニュ(Boulogne)へ行くまでの間、コンパートメントで話が始まった。

4人の内わけは、フランス系のイギリス人、オーストラリア在住のカナダ人、BBCで働いているドイツ人、それと僕。
一時間ほどしかなかったので、自己紹介と天気の話程度に終わったが。

ブローニュの港でSEALINK社のフェリーに乗り継ぐ。
もちろん僕は、デッキに出て、英仏海峡の景色と海風を楽しむ。

デッキで同じく海を見ていた日本女性2人を見つけて、話しかける。
彼女たちは、九州の佐賀から来た観光客だった。

1人の女性がしっかりしていて、もう一人の女の子の世話をしている感じだったね。
イギリスの入国審査が船内であったので、一緒に行ったが、別々に旅行していることを強調した。

というのが、お互いに迷惑がかかってもいけないからね。
僕はそれまでに、ガトウィック空港、ポーツマス港で入国審査を受けて、6か月滞在をもらっている。

審査は簡単に終わって、今度も無事に6か月の滞在許可をもらう。
船に乗っているのは、2時間弱。

面白かったことは、1988年は、9月25日にフランスのサマータイムが終了していた。
しかし、イギリスのサマータイム終了が10月22日。

普通はフランスとイギリスの間には、1時間の時差があるものだ。
ところが、10月10日では、ちょうど英仏の時間が一緒になる時期だったんだよ。

だから、フランス時間とイギリス時間が一緒で、フォークストン港到着が午後1時ごろになった。
イギリス側の列車では、佐賀の女性たちと一緒になって、ロンドンのウンチクを話してあげた。
何しろ僕は、一年以上前の1987年9月にロンドンへ来て、それから、スコットランド旅行して、ロンドンの英語学校で勉強していた。
そのあと、フランス、スペイン、北アフリカと旅をして、イタリアから、フランス経由でロンドンへ戻った。
ロンドンから、アテネに飛び、トルコを旅して、アフリカへ飛び、中近東から東ヨーロッパ経由でヨーロッパへ入った。
そして、ユーレイルパスで21日間ヨーロッパを動き回った
パリに戻って、しばらく滞在した。
そうして、1988年10月10日、パリの滞在を切り上げて、ロンドンへ向かっているわけだ。
だから、ロンドンについてはウンチクを語っても、許されるだろう。
特に彼女たちが泊まる宿についてはね。
僕はロンドンのベルグラーブ通りにある「セントジョージホテル」に泊まる。
彼女らに、ベルグラーブ通りの安宿街の説明をする。

ビクトリアステーション着が、午後3時半。
僕は女の子たちと別れて、とっとと歩いて、セントジョージホテルへ行きました。
女の子に親切なのと、しつこいのの差は、紙一重だからね。
セントジョージホテルを紹介するのと、セントジョージホテルに泊まるように誘うのでは、大きく違う。
セントジョージホテルのおばさんに「僕を覚えているか?」と聞いたら、「もちろん!」と答えたよ。
ノエミおばさんは、僕が2回目の世界一周の途中で、1996年に行ったときも、僕を覚えていた。
僕を覚えているからって、安くしてはくれなかったけどね。
このときのセントジョージホテルのシングルルーム料金が、ちょっと値上がりしていて、20ポンド。
両替をしたところ、1ポンドは240円程度だったので、約5千円か。
パリでは「アンリ4世ホテル」に、1泊千6百円で泊まっていたのに…(涙)。
「やはりロンドンの宿は高い」というのが結論。
ただ、「セントジョージホテル」には、まともなイングリッシュブレックファーストが付いてましたけどね。
パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)
フランス/france

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

europe asia
world index
xxx