『両替し、ホテルを決め、リスボン行き「SUD EXPRESS」のクシェットを予約し、久しぶりに日本文化に触れ、旅への意欲を新たにする』@パリ/フランス
1988年9月29日、ジュネーブ発午前10時04分、パリ到着午後1時36分(13時36分)予定のTGV922に乗る。
TGVは、予定時刻より2分早く、13時34分に、パリ・リヨン駅(GARE DE LYON)に到着した。
僕は2回目のパリに、鉄道で入ったわけだ。
いい機会なので、陸路で(今回は鉄道で)新しい国に入った場合に何をするのか、どういう順序になるか、説明をしておきます。
まず、世の中では、お金がなければ何にもできない。
海外旅行での「お金」とは、現地通貨のこと。
1988年の時点では、まだヨーロッパ共通通貨のユーロが導入されていなかった。
だから、フランスにいるときは、フランスの通貨フランスフランを持ってないと、動きが取れない。
もちろん今では、ヨーロッパの短期旅行の場合は、日本と同じように、ATMを使うことが多い。
国際キャッシュカードで自分の口座から引き出したり、クレジットカードでキャッシングするのが普通だろうね。
ただ、本格的な長期旅行になると、カードの危険性を考えないと、いけない。
何しろ長く日本を離れて、旅をしているのだから、カードのトラブルが起きたときに、対応できないんだよ。
もちろん、カードを盗難、紛失にあってしまったら、カードしかない場合は、まったく動きが取れなくなる。
カードをスキミングされて、知らないうちに大金を失う恐れもある(自己破産する可能性もある)。
そういう点では、今でもトラベラーズチェックが一番安全安心だ。
ところが、トラベラーズチェックは、両替しないといけない。
どうやら最近の旅行者は、外国人と話すことが不得意らしく、両替自体(外国人と話をすること)に恐怖心を抱いているようだ。
だから、人間を相手にせずにすむ、ATMを使う、カードの人気が高いようなんだよ。
でも、海外旅行に出て、両替もできないくらいに外国人を怖がっているのなら、人との出会いもないだろう。
人との出会いを拒否するならば、海外個人旅行なんかには出ないほうがいいと思うよ(笑)。
海外旅行のお金の持ち方については、僕がまとめたものがあるので、それを参考にしてください。
お金についてのいろんな体験からのアドバイスもあるので、興味深いでしょう。
さて、1988年9月29日では、とりあえず、リヨン駅の両替所でトラベラーズチェックを両替する。
ヨルダンの首都アンマンで作ったバンカメ(BANK OF AMERICA)100ドルのトラベラーズチェックを1枚、フランスフランにした。
トラベラーズチェックの両替レートが5.90で、100ドルは590フランスフランに替わる。
両替手数料の10フランスフランを引かれて、実際に手にしたのが580フラン。
つまり、この時期の1フランスフランは、約23円と考える。
スイスで使っていたスイスフランの残り、9.10スイスフランは、ジュネーブ駅の両替所で、35.50フランスフランに両替済みだ。
手許にあるフランスフランがだいたい620フラン程度で、日本円で1万4千円ちょっと。
いま考えているのが、今日はパリで一泊だから、これで十分だ。
明日はどこへ行くかわからない。
また、パリへ戻ってくるかどうかも、まだわからないしね。
これで、フランスフランへの両替問題は、おわり。
次は、明日の列車を予約する。
僕が考えていたのは、パリからポルトガルの首都「リスボン」へ行くこと。
1988年はじめには、スペインに旅をして、バルセロナでスペイン語学校へ通っていた。
そのあとアンダルシアへ旅をして、そのままジブラルタル海峡を渡ってモロッコへ移動した。
だから、僕のヨーロッパ旅行地図には、ポルトガルがポツンと空白のまま残っている。
ポルトガル以外の、ほとんどの西ヨーロッパの国へは行ってるので、今になって、ポルトガルが気になっているんだ。
「トーマスクック・ヨーロッパ鉄道時刻表」で、パリからリスボンへの列車は調べてある。
パリのオーステルリッツ駅からポルトガルのリスボンへ国際列車が一本走っていた。
これが「SUD EXPRESS」で、パリを午前8時42分発、リスボンのサンタ・アポローニャ駅着が、翌朝の午前9時15分だ。
まる一日かかるが、この列車に乗れば、一気にポルトガルへ行ける。
2等のクシェット(簡易寝台)の予約(上段)も、すんなりと入った。
僕は「21日有効一等ユーレイルパス」を持っているので、一等の座席車には自由に座れる。
窓口で確認したが、パリからずーっと一等車の自由席に座っていて、寝るときだけ、予約したクシェットへいけばいいとのこと。
一等の座席も快適だが、24時間の列車旅となれば、やはり横になって休めたほうがいいからね。
というわけで、明日の旅行計画が完成したわけだ。
次は、今夜のホテルを決める。
僕は、最初にパリに来たときは、「オーステルリッツ駅(GARE D'AUSTERLITZ)」のホテル案内所で紹介してもらった宿に泊まった
特にいいホテルでもなかったが、そのあと僕は、パリで、飛び込みでホテルを当たり、なかなかいいホテルを見つけた経験がある。
今日はホテルを自分で探す時間もないので、リヨン駅のホテル案内所で、ホテルを紹介してもらう。
前回、僕はカルチェラタン地区を歩き回っていて、土地勘があるので、カルチェラタン地区のホテルをリクエストする。
するとカルチェラタン地区に、「HOTEL SORETEL LUTECE」というところが見つかった。
シングルでシャワートイレつきで、190フランスフラン(4370円)。
シングルの部屋代が160フラン(3680円)と朝食が30フラン(690円)。
フランスの地方都市で、100フラン弱(2千円前後)で泊まっていた僕からすれば、さすがに高い。
が、ホテル案内所の女性は、「これはいいホテルなので、この料金は安いですよ」と、勧める。
まあ、ドイツやスイスでは、宿泊費は高いしね。
昨日の宿泊も、ジュネーブの「HOTEL BEAU-SITE」で、48スイスフラン(4080円)と、ボッタクられたばかりだ(涙)。
しかも今日は、パリでやることもたくさんある。
ここは、決断が大切なので、思い切って、「HOTEL SORETEL LUTECE」に決めました。
場所も僕が慣れ親しんだ地域、カルチェラタンを上がって、リュクサンブール公園近くにあったしね。
早速ホテルへ行って、チェックイン。
チェックインの時、朝食を付けないように交渉して、部屋代だけの160フラン(3680円)にした。
これだったら、バックパッカーとしても、ぎりぎり我慢できる値段だ。
確かにバックパッカーが泊まるような雰囲気ではなくて、宿泊客の服装がかなり高級だったよ(笑)。
観光案内所でもらったホテルリストで確認したら、このホテル「HOTEL SORETEL LUTECE」は、確かに安いホテルではなかった。
シングルの最安値の部屋が、350フラン(8050円)となっていたからね♪
僕は、ジュネーブからパリへ到着して、両替をして、列車の予約をして、ホテルを決めた。
これで、今夜のベッドを確保して、明日の列車に乗れるわけだ(そうして明後日の朝にリスボンへ到着する)。
あとは、日本文化に触れましょう。
バックパックを部屋に置いて、パリの街角へ飛び出す。
オペラ座周辺の、日本人相手の店が固まっているところへ。
ここでまず、日本語の本が読みたくて、東京堂書店へ行った。

【東京堂書店@オペラ/パリ】
ニーチェの「ツアラトゥストラはかく語りき」(手塚富雄訳)620円が、パリでは65フランスフラン(1495円)。
パリの日本書店では、日本語の本は、この時代、2倍半程度してたね。
月刊誌の「宝石」(1988年9月号)が74フラン(1702円)。
日本では2千円近くも払って、買うような本ではないが、本当に日本語の活字に飢えていたんだよ。
朝日新聞国際衛星版(1988年9月29日)が22フラン(506円)。
日本に戻ってきたら、朝日新聞なんか、地下鉄の網棚に置き捨ててあっても読まないけどね。
僕は海外旅行先では、「INERNATIONAL HERALD TRIBUNE」を読み続けていたので、世界のニュースはよくわかっていた。
ただ、蛸壺のような日本の新聞にどんなばかばかしいことが書いてあるか、チェックしたかったんだよ。
日本語の本、雑誌、新聞に散財(合計161フラン/3703円)したら、次は食事だ。
食事といっても、パリの日本料理店は高価なので、庶民的な日本風の中華料理屋へ。
それが、「ラーメンひぐま」。
中華丼(40フラン/920円)とねぎラーメン(40フラン/920円)を食べて、合計80フラン(1840円)。
そのあと、酒屋を見つけたのか、僕のノートには、「ビール(小)6.20フラン、ビール(大)13フラン、別のところでビール(小)6.50フラン」とある。
一本ずつ飲んだとしても、25.7フラン(600円)くらいか。
結局、昼過ぎにパリのリヨン駅に着いてから、ホテル代に160フラン(3680円)、本に161フラン(3703円)、食事に105.7フラン(2431円)使った。
他に、パリからリスボンへの列車のクシェット料金も払ったはずだが、記録してない。
でも、クシェット料金は、だいたい2千円程度のはずだ。
これを全部合計すると、1万2千円になるよ(涙)。
昼過ぎの両替直後は、1万4千円ちょっとのフランスフランがあった。
それがあっという間に、1万2千円も使って、残りは2千円くらいだ(涙)。
いやはや、お金って、あっという間になくなってしまうね。
「世界旅行主義」にも、「お金はあるだけ使ってしまうもの」とあるしね。
でも、時々は、こういう日もあっていい。
だって、明日は丸一日列車に乗りっぱなしで、リスボンへ着く明後日の朝まで、何にもしないんだから。

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

europe asia
world index
xxx