日本人留学生の美女と、金龍飯店で食事@パドバ(パドヴァ)/イタリア

1988年4月2日、僕はヴェローナを出て、鉄道でヴェネチアへ入った。
ベニスの運河沿いを歩いてたら、カフェに日本の女の子が1人でいるのを発見する。

僕はこのころは、すっかりラテン系の人間になっていた(もともとラテン系だという指摘は、受け付けます)。
バルセロナの生活に馴染んで人妻との恋愛があったし、イギリス人のパンク女性、スウェーデン人美人女子大生を泣かせた。
アンダルシアの各都市を見て回って、春休みの旅行に出ていた日本人学生を誘っては、連日飲んでいた。
そのあと北アフリカを横断してイタリアへ飛び、日本女性に声をかけては夕食をともにする。

完全にラテン系の雰囲気で、舞い上がって旅をしていたので、1人の女性を見て声をかけないはずがない。
運河沿いのカフェで、話をしたが、いくらでも続く。
話は楽しいが、ベニスを見ないわけには行かない。
適当なところで切り上げて、続きは夕食の時にとの約束をする。

ベニスで出会った男女なら、ベニスで食事をするのが当然。
しかし、彼女は大学の休暇でパドバ(パドヴァ)に宿を取っていた。

パドバはベニスのサンタルチア駅からたったの30分ちょっとの町、歴史のある大学都市だ。
僕もベニスに泊まるのは宿が高いだろうから、パドバへ宿を取ろうと考えていた。

パドバで待ち合わせをする。
待ち合わせの時間は、午後7時30分。
1人でベニスを歩き倒して、ちょっと疲れて、早めにパドバへ向かう。
その親切さが評判のパドバ駅の観光案内所が、僕のような貧乏人向きの、安い宿を紹介してくれた。

紹介してもらったのが「La Perla」(Via Cesarotti 67)。
おとなしいおじさんが、人生に疲れ果てた、やる気のない雰囲気で迎えてくれた。
このやる気のなさが、僕は好きだったなー。
部屋を見せてもらって、8号室に決める。
シングルで16000リラ。
この時期は、10リラ=1円と考えればわかりやすいので、1600円だ。
この値段だともちろん、シャワーもトイレも共同。
でも静かで、清潔で、いい部屋だったよ。

シャワーを浴びて、汚れの比較的少ないTシャツを着て、待ち合わせの時刻に行く。
ミチコはすでに僕を待っていた。
もちろん僕は、すっぽかされることも、ある程度予期していた。
旅先での約束は守らなくてもいい(「世界旅行主義」より)からね。
旅先で1人で食事をするのは、つまらないもの。
昼にベニスで話をしたときに、どんどんまだまだ話が続いていた。
あのままだったらベニスの観光が出来ないと、パドバで会って、続きを話そうってことだった。
ベニスについては、やはり町を歩いてみたかったからね。
二度目に会ったら、今朝会ったばかりなのに、もう最初から友達の雰囲気だ。
僕にはたいした力はないが、すぐ人と馴染んでしまう才能はあると思う。
僕は中華料理が食べたかったので、彼女を誘って、夜のパドバを2人で捜して歩く。
「金龍飯店」という漢字のサインが出ている店へ入る。
まずワインを一本とって、中華料理を何品か頼んで、2人で分け合って食べる。
旅先では、互いの経歴を深く追求したりしない。
相手の話すことをすべて受け入れて、すべて肯定する。
さらに、それをさらに発展させて、面白おかしく、盛り上げる。

僕はミチコの話をとてもディープに聞いてあげた。
僕も、自分の離婚体験から、人生論、旅行論、恋愛論を展開する。
僕はなにしろ、イギリスの語学学校の話から、パリ、バルセロナのスペイン語学校の話、おまけに北アフリカの話も出来る。
もちろん、イタリア旅行で感じたことがたくさんある。
イタリアについて、互いの考えを交換する。
ミチコはイタリアへ留学している学生で、しかも、なかなか知的な人だった。
知的な女性は、エッチな話を振られても、それだけで怒ったりしない。
男女が旅先で出会って、一緒に食事をして、話が合ったら、男性が口説くのが礼儀だ。
断られても、男性としては、口説いたということで、責任を果たしたことになる。
女性も、せっかく男性と2人で食事をして、口説かれないとつまらないだろう。
もちろん「これはエッチできる!」と思った。
彼女は、彼女のホテルの部屋のことを話したので、僕を誘っているのは小学生でもわかる。

僕の部屋にはシャワーもないが、彼女のホテルにはバスタブもある。
ビデがあるかどうかまでは聞かなかったが、暗黙のエッチの了解が成立する。

問題は、僕はワインを飲むと、エッチがどうでもよくなってしまうこと。
きれいな女の子とディープな話をしながら、ワインを2本も開けてしまったら、それが一番幸せ。
もうあとは帰って寝るだけ(涙)。

だから僕にワインを2本も飲ませちゃダメなんだよ…。
ただ、僕は、きれいな女の子とのパドバでの思い出を、きれいなままにしておきたい気持ちもあった。

彼女を彼女のホテルまで送ってあげた。
何もせずに、1人で夜のパドバを歩いて、僕の部屋へ戻りました。

【旅行哲学】世界旅行者が、ワインを2本も飲んだら、あとは眠いだけ。
italy france uk east europe route europe
index worlld list

xxx