プラハからの夜行列車で、ニュルンベルクに到着し、教会で祈って、5DM寄付する@ニュルンベルク(nurnberg)/西ドイツ
僕がニュルンベルクに入ったのは、あれは1988年9月25日の日曜日、それも朝早かった。
チェコスロバキアのプラハから夜行列車に乗った。
これをいま時刻表で確認したら、プラハ20時15分発、ニュルンベルク到着が午前5時50分のD458列車だった。
ベルリンからプラハに到着したのが、時刻表では14時01分だから、プラハにいたのは6時間くらいだ。
ちなみにこの「ベルリン〜プラハ」、「プラハ〜チェコスロバキア国境」の切符は、(そのころの)西ベルリンで買ってたけどね。
午後8時過ぎに列車に乗った。
2等の自由席は、6人用のコンパートメントだった。
そこをオランダ人とアルバニア人とそして日本人の僕の3人が占拠したわけだ。
コンパートメントの座席を引き出して、ベッドにして、3人で仲良く寝る。
コンパートメントは6人入れる自由席だから、もちろん、ほかの人も入ってこれる。
夜中に、コンパートメントのドアを開けて、「ここは空いてますか」と聞いた人がいた。
僕らは、「ええ空いてますよ」と言ったが、3人がきれいに横になっているところへ割り込めないと悟ったらしく、誰も入ってこなかったよ。

トイレに行くときに、車内を見て回ったら、指定席はオープンサロン式で、ぎっしりと満員だった。
かえって自由席のほうが楽に乗れたわけだね。

この時期のチェコスロバキアは社会主義が崩壊する前で、かなり政情不安定な空気があった。
国内の経済は最悪だったので、オランダ人の話では「闇両替でものすごく安く滞在できた」とのこと。

僕もツーリストレートで両替して、プラハのビアホールでビールの中ジョッキが一杯20円程度だったからね。
ちなみに闇のレートはツーリストレートの3倍もよかった。
それでも、ツーリストレートは、公定レートよりもずっとよかったんだ。
つまり、公定レートの意味がなかった(涙)。
それなのに、僕はガイドブックに書いてあった1日15ドルの「強制両替」を信じて、両替してた。
だから、僕にとって、チェコスロバキア滞在のメリットは、何にもなかったんだ(涙)。

コンパートメントで3人で一晩寝て、翌朝ニュルンベルクへ到着。
横になってはいたが、中途半端に寝ていたので、頭がボーッとしている。

ニュルンベルクといえば、もちろん第二次世界大戦でナチスの戦犯を裁いた「ニュルンベルク裁判」で有名な町だ。
とにかく町を歩いてみないと話にならない。
とっとと列車を降りて、早朝の町を歩く。
ヨーロッパの町というのは、とにかく歩けばそれでいいんだ。

歩き出すと、日曜のせいか、午前中の町はとても静かだ。
ニュルンベルク中央駅からケーニグ通りを歩く。

聖ローレンツ教会、聖セルバドゥス教会などを見て歩く。
なかなかきれいな落ち着いた町という雰囲気だね。

なにげなく聖セルバドゥス教会に入っていったら、ちょうど日曜のミサがあって、僕は後ろの席で静かに祈っていた。
すると、牧師さんが寄付金を集める箱を持って回ってくる。

あわてて小銭を出そうとしたが、ポケットには5ドイツマルクコインしかない。
何も出さないわけにも行かないし、お釣りをもらうのもおかしいので、そのまま5マルクを払ってしまった。

この時期、1ドイツマルクは75円程度だったので、400円くらい。
これは、僕としては大金だったね。
牧師さんも、変な東洋人が大金を寄付したのでびっくりしたようだ。
丁寧な態度で受け取ってくれたよ。

ニュルンベルクは、なかなか感じのいい町だった。
中央広場、デューラー広場のデューラー像、城壁、教会の屋根の構造の比較などをしながら、たらたらと歩く。

すると、一応予定していた午前9時4分発のシュツッツガルト行き列車に乗り遅れてしまった。
最初から、ニュルンベルクを見て歩いたら、間に合わないかもとは思っていたのだが。

こういうときは向かい酒が効くものなので、列車を待ちながら、ニュルンベルク駅舎内のバーでビールを注文する。
ザワークラウトとソーセージ3本で7.5ドイツマルク。
それをつまみにビール3杯をするすると調子よく、キモチよく飲む。
全部で17ドイツマルク程度(千三百円弱)だった。
朝に飲むビールはキモチいいねー(笑)。
日曜日の朝なので、人も少なくて、静かだし。

プラハから同じコンパートメントでいっしょだったオランダ人が、バーへ入ってきた。
避けるわけにも行かず、ちょっと世間話をする。
オランダ人の若者は「昨日はごめん」と、僕に謝罪する。
というのは、夜中に、コンパートメントで話をしているうちに、オランダ人が調子に乗って、日本人を馬鹿にするようなことを言ったからだ。
それ以降、僕は気分を悪くして、彼と話をしなかったからね。
日本人はあまり気にしていないが、大東亜戦争では、蘭領インドネシアを日本が開放して、オランダを追い出した。
オランダ人の植民地体制をひっくり返して、オランダ人を捕虜にして収容所に放り込んだり、あまりいい取り扱いをしていない。
オランダ女性を日本高級軍人専用の慰安婦にしたという話もある。

そういうこともあって、オランダ人の対日感情というのは、あまりいいわけではない。
昭和天皇がオランダ訪問されたときも、オランダ軍退役軍人による反日運動があったと聞いている。

本当は気分が悪かったのだが、僕はそのオランダ人の反日感情がわからないわけでもなく、日本人を嫌う理由も知っている。
「別に気にしてないよ」と答えて、2人で互いの旅の無事を祈って、ビールで乾杯をした。

そうそう、ニュルンベルクの駅に両替所があって、両替レートの表がでていた。
チェコスロバキアの通貨コルナ札が少し残っていたので、窓口に出すと、あっさりと突き返される。
あまりに安いので、両替の手間をかけたくなかったのだろう。
強制両替を確かめもせずに、15ドルもの大金をツーリストレートで両替した僕が悪い。
だって、西ドイツでは、当然、実勢レートで取引をしているはず。
実勢レートは、ツーリストレートよりも3倍いいというのだから、15ドルはもともと5ドルの価値しかなかった。
そうして僕は、一生懸命に、チェコスロバキアコルナを使おうとして苦心したから、半分以下にはなっていた。
つまり僕が持っていたコルナは、200円程度のものだったのでは?
そうして、200円を西ドイツマルクにしても、手数料で吹っ飛んでしまっただろうからね(笑)。
誰も、この時代のチェコスロバキアコルナなんて、ほしくはないんだから。
さて、あっさりとコルナの両替をあきらめる。
そうこうしているうちに、10時4分発の列車にも乗り遅れた。
駅で時刻表を見ると、ニュルンベルクからシュツッツガルト行きの列車が、昼の12時21分に出る。
トーマスクックの時刻表をチェックすると、どうやらシュツッツガルトで乗り換れば、今日中にハイデルベルクへたどり着けそうだ。
うまく乗り継いで、15時8分シュツッツガルト発の列車が、20分遅れて16時16分にハイデルベルクに到着する。
これから、ホテルを見つけるわけだが、それは簡単だ。

【旅行哲学】教会へ行くときは小銭を用意しておくこと

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

europe asia
world index
xxx