ニュルンベルク駅でビールを飲みすぎて、ハイデルベルクに着くのが遅くなり、ホテルを見つけ、とっとと町を見て歩く@ハイデルベルク/ドイツ
1988年9月25日、日曜日の朝、チェコスロバキアのプラハからニュルンベルク(NURNBERG)に到着。
この日は天気がよくて、日曜日の朝のせいか、町を歩いている人も少なく、清潔な通りと建物が、とても気持ちがよかった。
ニュルンブルク歩いて、教会で祈った。
町歩きをゆったりと楽しんだあと、駅へ戻る。
町へ出る前に、「トーマスクックヨーロッパ時刻表」を調べて、いた。
僕は「21日有効一等ユーレイルパス」を持っているので、ニュルンベルクから、西ヨーロッパならば、どこへ進んでもいい。
思い返すと、チューリッヒでユーレイルパスを買ったのが、1988年9月12日
その日に、チューリッヒからミュンヘンへ移動した。
その後は、ロマンチック街道をヨーロッパバスで通ったり、ハンブルクへ行ったね
続いて、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、フィンランドと北欧四カ国を旅した。
さらに、東ドイツを通って、ベルリンへ行き、チェコスロバキアの首都プラハを観光して、この日の朝、ニュルンベルクへやってきたわけだ。
これからは、旅し残している、ベネルクス三国(ベルギー、オランダ、ルクセンブルク)方面へ向かうことになるだろう。
また、ドイツにいるのに、「ライン川下り」をしないのは、ちょっとまずいね。
この時代は、ライン川下りのボートに乗るのは、ユーレイルパスがあれば無料だったしね(今の状況については確認ください)。
だから、次に考えることは、ライン川下りだが、今日は無理なので、明日にしよう。
すると、今夜、どこで泊まるかという問題が出てくる。
トーマスクック時刻表の鉄道路線図をチェックする。
シュツッツガルトからちょっと北へ行ったところに「ハイデルベルク(HEIDELBERG)」がある。
ハイデルベルクといえば、確か有名な小説の舞台で、大学都市だったはず。
ここで一泊して、その後、ライン川下りをすればいい。
という方向に考えが進み、今日9月25日は、ハイデルベルクで泊まることに決定。
「E3776」が午前9時04分にニュルンブルク駅を出て、シュツッツガルト(STUTTGART)に午前11時45分に到着。
シュツッツガルトで「IC514」に乗り継げば、午後1時16分(13時16分)にハイデルベルクへ到着。
午後の早い時間にハイデルベルクに到着すれば、宿を見つけて、ハイデルブルクを観光するのに、まったく問題がないね。
ニュルンベルクを9時04分発の列車に乗るつもりだったが、ニュルンベルクを歩いているうちに、どうでもよくなった。
ニュルンベルク駅で、朝食代わりにビールを飲む。
ビールを飲んでいると、列車に乗ることなんかどうでもよくなってくる。
列車でいっしょだったオランダ人と話をした後も、本を読みながらビールを飲み続ける。
10時04分発「E3074」にも乗り遅れてしまった。
すると、次は12時20分なので、昼飯として、ザワークラウトとソーセージ3本をつまみに、さらにビールを飲む。
結局、ビールを合計3杯も飲んでしまったよ。
人が少ない日曜日のニュルンベルク駅のバーで、真昼間に生ビールを飲むのは、ホント、とってもキモチイイですっ!
やっとお昼の12時21分に出る「D2854」に乗る。
シュツッツガルト到着が午後2時46分(14時46分)と、さすがドイツ国鉄、時間通りだ。

シュツッツガルトで乗り換えて、午後3時08分(15時08分)発の「IC612」に乗るつもり。
この列車だと、ハイデルベルクに午後4時16分(16時16分)到着予定。

ただ、さすがのドイツ国鉄も、そこまでキッチリはしてない。
実際は20分ほど遅れて、ハイデルベルク駅到着は、午後4時半過ぎになった。
午後4時半に、はじめての町ハイデルブルクに到着すると、ちょっと焦る。
この数日、東ドイツ、チェコスロバキアと、社会主義国を旅していて、精神が張り詰めていたのに、西ドイツに入って、急に緊張が緩んだみたいだ。
ハイデルブルクに着いたら、まずホテルを見つけなければ。
ドイツはとにかくすべてがきちんとしている国なので、鉄道駅があればそこには、当然観光案内所がある。
フランスだと、観光案内所があっても、パンフレットが置いてあるだけだったりと、頼りにならないことも多い。
しかし今までの経験では、ドイツでは、観光案内所があれば、その場でホテルの予約をしてくれるもの。
ハイデルベルク駅でも観光案内所を探したが、駅の中では見つからない。
しかし、駅にホテル予約ボードがあって、電話で予約できるようになっていた。
英語で電話をかけて、駅から近い「HOTEL CENTRAL(ホテルツェントラル)」を予約。
ボードのホテル紹介では、シングルルームが49から73マルク(3675〜5475円)となっていた。
が、自分で電話したら、46マルク(3450円)の部屋が取れた(!?)。
駅を出ると、目の前に、観光案内所を発見する。
観光案内所で、ハイデルベルクのパンフレットと地図を、無料でもらう。
あと、念のために、一番安いホテルを聞く。
それが46マルクより高かったので、自分で予約した「ホテルツェントラル」に行くことに決定。
ホテルツェントラルは、駅からすぐ近くなので、バックパックを背負って、歩いていく。
どうせ一泊しかしないし、明日朝の移動のためにも、鉄道駅近くのホテルというのは、便利だね。
ホテルの受付で確認すると、シングルルームで46マルクぽっきりで、しかも朝食付き♪
シャワーとトイレは共同だが、シャワーは無料だ。
早速シャワーを浴びると、さすがドイツ、熱いお湯がドッカーンと出てきて、メチャ気持ちいい。
部屋も清潔で、シングルルームのベッドには、糊のきいた、真っ白なシーツが敷いてある。
昼からビールも飲んでいることだし、シャワーを浴びているのだから、このままベッドに転がり込みたい。
しかし僕は、明日はフランクフルトへ移動して、ライン川下りをするつもりだ。
ハイデルベルク駅の時刻表を見て、鉄道の時刻を確認済み。
明日、午前7時55分ハイデルブルク駅発の「イタリアエクスプレス」に乗れば、何とか明日中にライン川下りができるはず。
つまり、ハイデルブルクを見るには、今日の夕方から夜しかないわけだ。
疲れてもいたが、とにかくハイデルブルクの中心部へ出る。
ハイデルブルクという町は、鉄道駅と中心部の旧市街が少し離れている。
ハイデルベルク中央駅から、旧市街の入り口「ビスマルク広場」の間は、市電に乗って移動。
旧市街は、急いで歩いて回った。
ハウプト通りを歩いて、大学広場へ出る。
また、ネッカー川へ出て、アルテ橋を見て、マルクト広場へ出て、精霊教会で祈った。
ただ、ヨーロッパの町を片っ端から歩いてきた僕の印象では、正直それほどのことはない。
特にこの日は日曜日だったせいか、観光客が多くて、「観光客向けの町だな」という感じ。
僕としては、朝に歩いたニュルンベルクの方がずっといいと思った(ノートにそう書いてある)。
目に付いた中華料理店へ入って、牛肉麺を食べる。
バーへ入って、ビールを3杯飲んだ。
これで、ハイデルベルク観光は終了。
ホテルに戻って、コロッと寝る。
翌朝は早く起きる。
というのは、ハイデルベルク駅からフランクフルトへ、午前7時55分発の「イタリアエクスプレス」に乗る予定だから。
それともちろん、宿泊費に朝食が含まれてたので、食べたかったから。
バックパック旅行をしていると、朝食があれば、それで夕方まで過ごすもの。
特に今日は、ライン川下りをするつもりだしね。
ライン川下りが終わって、そのあと、どこで泊まるかは、それは、ライン川の船の上で考えればいい。
ひょっとしたら、東京に土地を持っている大金持ちの美女と出会うかもしれないし(このときはまだバブル崩壊前でした)。
そういえば、コペンハーゲン(デンマーク)を出てから、ベルリン、プラハ、ニュルンベルク、ハイデルベルクと、日本人とまともに話してない。
まあ、僕の旅行経験で予想すると、ライン川下りの船には、まず間違いなく日本人がいるだろうけどね。
僕はホテルを出て、歩いて駅へ向かいました。
ドイツは、鉄道が発達していて、都市間の移動は簡単。
ハイデルベルクを午前7時55分に出るイタリアエクスプレスに乗れば、フランクフルトに9時前に着く。
フランクフルトから、ライン川のボートへは、ビンゲンから乗るつもり。
でも、そううまく行くかどうか、それは神のお導きのままだ。

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

europe asia
world index
xxx