観光案内所で出会ったばかりの日本女性と、ホーフブロイハウスで、ビールを飲む@ミュンヘン/ドイツ

正直言うと、ヨーロッパの旅行に関しては、ホテルの心配をする必要はない。
という意味は、自分でホテルを捜してうろうろ動き回るより、どこに行ってもまず観光案内所がある。
観光案内所で紹介された所に泊まるのが一番間違いがないんだ。
ミュンヘンの観光案内所の窓口に並ぶ列で、日本の女の子に軽く声をかけた。
僕はその観光案内所で、ホテルを紹介してもらった。
彼女は、観光案内所でパンフレットをもらっただけ。
友達から紹介された(といっても友達がただ一泊したというだけなのだ)ホテルに泊まると言っていた。
僕がこの女の子に声をかけた理由は、一人でビアホールに行きたくなかったからだ。
南ドイツの中心都市、ミュンヘン。
そして、ミュンヘンの名所は、ビアホールだんだよね(笑)。
ミュンヘン名物のビアホールに、男1人で行って、面白いかー??
読者全員の答え、「面白くないでーす(笑)」。
ところで、性別は関係なく、旅先では、日本人と出会ったら声を掛け合うのが旅の基本。
旅人同士で知り合って、食事を一緒にするのが楽しいよ。
ミュンヘンでは、ビールを飲むのが定番。
だから、どうしてもビアホールに行きたいものだ。
ミュンヘンでは観光客は「ホーフブロイハウス」に行くに決まっている。
ヒトラーがドイツ労働者党の集会で演説をして頭角を現したのが、このビアホールだ。
彼女とは、機械じかけ人形のある時計台で有名なマリーエン広場で待ち合わせした。
すっぽかされたかと思ったほど遅れてきたよ。
僕は、基本的に約束は信じないので、気持ち的には、あっさり諦めていた。
ただ、ビヤホールに1人で行くは、チョーつまらないので、かなり長く待ったかな。
他にすることもなかったし。
実は、僕は案内所で紹介して貰ったホテルに直行してすぐ落ち着けた。
けれど、女の子は友達が紹介したホテルに自分で直接行った。
しかしそこがいっぱいで泊まれないくて、また観光案内所に戻ってホテルを紹介してもらったんだってさ。
女の子としては、それからシャワーを浴びたり、(魅力的な中年男性とお酒を飲むのだから、当然)お化粧に時間がかかったということらしいね(ホントかなー)。
もちろん、下着を選ぶのも大変だったろうね。
日本では全く知らなかった、また、日本ですれ違っても、なんとも思わないであろう、僕と、彼女の魂が、ミュンヘンで出会った。
これは、神様の導きではないかな?
2人で「ホーフブロイハウス」へ、歩いて行った。
ビールの1リットル大ジョッキを、互いに取る。
乾杯をした後は、ワイワイと話しをする。
正直、何を話したか、全く覚えてない。
ただこの時期、僕には女の子が無視しようとしても、ゼッタイに不可能な、強力な武器があった。
それは、「離婚して、寂しいので旅に出た」という、誰も抵抗できない話なんだね。
離婚して、世界一周旅行に出たならば、誰だって、興味を持つ。
その上、僕は、京都大学工学部卒業で、ものすごく頭がよくて、話が面白い。
その話も、笑えるシモネタ中心なんだから。
こんなおもしろい日本人のおっさんは、この時期の世界中に、まず、僕以上の人間は、いなかっただろうね。

【ホーフブロイハウス】
ホーフブロイハウスで、若い女の子相手に、離婚話と、シモネタで大盛り上がり。
この女の子も飲める方だったので、わいわいと話をした。
もちろん近くにいる人たちとも、話を始めて、ドンドン盛り上がる
僕は、自分で注文した1リットルの大ジョッキを3つを軽く飲み干し、女の子の余ったビールまで飲んで酔っ払ってしまった。
それで、せっかくシャワーを浴び下着を替えて来た(であろう)女の子には期待はずれで、僕の部屋に誘うこともしなかった(ごめんね!)。
僕はお酒を飲んじゃうと、女のこのことは考えられなくなっちゃうんだよなー。

【写真】有名なビアホール「ホーフブロイハウス(Hofbrauhaus)」

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

europe asia
world index
xxx