『日本円5万円のトラベラーズチェックと、イタリアリラをドイツマルクに両替して、歩いてミュンヘンを観光し、鉄道を乗り継いでフュッセンへ』@フュッセン/ドイツ

注:この話は1988年の「ユーレイルパスを使った21日間ヨーロッパ鉄道旅行」の一部です。
1988年9月14日、ミュンヘンの宿で目を覚ます。
軽く二日酔いだが、昨夜「ホーフブロイハウス」でビールを飲みすぎただけなので、心配はない。
昨日、チューリッヒからミュンヘンに着いたあと、観光案内所の列の前にいた日本女性に話しかけた。
彼女と、マリエン広場で待ち合わせして、ホーフブロイハウスで飲んだだけ。
「マリエン広場」「ホーフブロイハウス」、これだけでも十分なミュンヘン観光と呼べる。
が、もう少し、歩いてみたい気持ちもあるね。
その前に、まず、ドイツマルクを入手したほうがいい。
1988年は、もちろん、ヨーロッパの通貨は、それぞれの国で違っていて、ドイツマルクは、米ドル、日本円と並んで世界の主要通貨だった。
これから、ヨーロッパの、いろんな小さな国を走り回ることになる。
とすると、両替の問題が出てくる。
何しろ国によって、使う通貨が違っていて、しかも、その国に半日しか滞在しないということもあるだろう。
そこでいちいち、トラベラーズチェックを両替していたら、使い残してしまう。
この時期、僕はロンドンの東京銀行で作った、日本円のトラベラーズチェックを持っている。
しかもそれが、2万円券と、5万円券だ。
僕の意識としては、ヨーロッパで強いドイツマルクを持っておけばいいと考えた。
強いマルクから、その場で、別の通貨に両替していけば、問題ないだろうという感じ。
ホテルの近くで見つけた銀行「HYPO BANK」へ飛び込んで、両替のレートや手数料を聞いてみる。
東京銀行の5万円のトラベラーズチェックを、ドイツマルクに両替するわけだ。
5万円を両替すると、手数料が10ドイツマルク引かれて、681.75ドイツマルクを手にする。
だから、1ドイツマルクは、約75円と考える。
この手数料の10ドイツマルクとは、750円も取られるわけだ。
ただ、この10ドイツマルクは、トラベラーズチェック1枚に対してかかるという。
ということは、5万円券1枚だから、750円引かれる。
もし、1万円券が5枚だったら、3750円もぼったくられるわけだ(涙)。
もちろん、日本円の現金の場合は、トラベラーズチェックよりももともと両替レートが悪いので、やはりトラベラーズチェックのほうが有利なんだけどね(笑)。
さて、5万円分のドイツマルクを手にしたら、気は大きくなるよ。
だって、ユーレイルパスは持っているので、交通費の心配はない。
その上、5万円分も現地通貨のドイツマルクがあれば、まずしばらくは、お金の心配はないからね。
もちろん、高級なホテルに泊まり続けていれば、5万円なんて、あっという間になくなってしまう。
だから、旅ではどの程度のホテルに泊まるかが、問題なわけだ。
ネットで一生懸命調べて、1泊に一万円も使ったら、長期旅行はできない。
長期旅行者は、必然的に、現地で自分の足で歩いて、安い宿を見つけることになるんだね。
日本円のトラベラーズチェックをドイツマルクにした後、手許にあった「11000イタリアリラ」を、14.2ドイツマルクに替えた。
ちなみにイタリアリラは現金だったので、両替手数料はかかりませんでした。
一度ホテルの部屋に戻って、お金を確認して、貴重品いれなどにしまう。
だって、一つの財布に5万円以上も入れておくのは危険だから。
トラベラーズチェックや現金を、あちこちに分散して、確認する。
次に、今日の予定を確認する。
とにかく今日は、ミュンヘンから、鉄道で移動する。
だって僕は、「21日有効一等ユーレイルパス」を持っているのだから。
パスを一日使わなければ、それだけで大損なんだから。
行くところも決まっていて、それはフュッセン。
ミュンヘンからフュッセンへは、鉄道でたった2時間程度で移動できる。
ということは、午前中は、軽くミュンヘン観光に使えるってわけね。
というわけで、まず、ミュンヘンを歩くことにした。
僕の旅行ノートには、「駅→マクシミリアン広場→宮殿庭園→マリエン広場」とある。
最初に「駅」とあるのは、ホテルをチェックアウトして、バックパックを背負って、地下鉄でミュンヘン中央駅へ行って、バックパックを預けたという意味だろう。
その後、ミュンヘン市内を歩いて回ったということだ。
いま調べると、「マクシミリアン広場」というのが見つからず、「マクシミリアン通り」ならある。
ただ、この話は、1988年9月14日のことなので、ほとんど記憶がなくなっている。
読者も、大して気にならないと思うので、そのまま記録しておきます。
ただ、最後のマリエン広場のことは覚えている。
マリエン広場の名物は、複雑な動きをする「仕掛け時計」なんだよ。
それで、午前11時の時報がなるのを確認するために、広場で待っていたんだ。
仕掛け時計は、まず中央の仕掛けが動き出し、次に、下で人形が踊り、最後に金色の鶏が動いた。
「2分間は何も起こらない」と、わざわざ記録してあるのは、気を持たせたという意味だろう。
午前11時の仕掛け時計の動きを見て、すぐにミュンヘン駅へ。
フュッセンへの移動については、すでに確認してある。
ミュンヘンを12時(正午)に出る「EC96」列車に乗って、カウフボイレン(KAUFBEUREN)着が12時48分。
EC96列車には、1等と2等の車両があるので、1等パスを持つ僕は、もちろん1等車に乗る。
カウフボイレンで列車を乗り換える。
「駅のホームで、日本人会社員と出会い、ちょっと話をした」とノートに書いてあるが、記憶にない。
アウクスブルク(AUGSBURG)発のローカル列車が、カウフボイレンを13時04分に出て、フュッセン(FUSSEN)に14時03分到着。
このローカル列車には、二等車しか連結されてなかった。
フュッセンに到着したのが、午後2時過ぎだ。
まずとにかく、フュッセンの観光案内所へ歩く。
観光案内所で、フュッセンの地図や旅行情報のパンフレットを入手する。
そうして、もちろん、今夜の宿を紹介してもらう。
僕はこのパターンで、ベオグラード、ブダペスト、ウィーン、ザルツブルク、チューリッヒ、ミュンヘンとやってきた。
だから、フュッセンでも同じやり方だね。
観光案内所では、「一番安い、街中の、シングルルーム」とお願いした。
すると、ビール工場の横の宿を紹介してくれた。
これが、30ドイツマルク(2250円)。
部屋は小さかったが、清潔で、すっきりした感じの部屋だった。
シーズン終わりのせいか、ほかに客がいなくてガラガラ。
僕は、とても気に入った。
ドイツの宿は、とにかく清潔で、シーツがパリッとしていて、熱いお湯がドバッと出るのがいいね。
もちろんこの値段だと、トイレとシャワーは共同だが、人がほとんどいないので、自由に使えるし。
つまり、フュッセンで街の家を一軒借り切ったようなものだ。
これがフュッセンの中途半端に高いホテルを予約していた場合、こんな幸運は有り得ない。
だから、海外個人旅行では、思いがけない幸運に出会うし、それを記憶できる。
自分が神に愛されているってことが、実感できるわけだ。
さて、バックパックを部屋に置いて、僕が次に向かうところは、もちろん。
「ノイシュバンシュタイン城(NEUSCHWANSTEIN CASTLE)」です(笑)♪
すると、そこには、超絶美人で人懐っこい米国人の女の子が、僕に声をかけてきた。
安くて居心地のいいホテルが簡単に見つかり、次は若い白人美女と出会う。
こんなこと、小説に書いたとしても、誰も信じないだろう。
でも、海外個人旅行では、簡単に起きることなんだよ。
xxx

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

europe asia
world index
xxx