『オーステルリッツ駅に着き、カルチェラタンを歩いてホテルを探し、HOTEL HENRI IVに落ち着いて、僕の21日間のユーレイルパスの旅が終わる』@パリ/フランス

1988年10月2日朝、夜行寝台の「エストレージャ・ルシタニア」で、リスボンのサンタ・アポロニア駅からマドリッドのチャマルティン駅へ。
昼間、マドリッドを歩いて東京飯店で食事を取り、パリへの夜行寝台列車に乗る
これがマドリッドからパリへの「タルゴ」、一人部屋の一等個室寝台。
一等ユーレイルパス(一等の乗車券)の他に、個室寝台料金が2万円もする。
もしユーレイルパスを持ってないと、3万5千ペセタ(38500円)とのこと(驚)。
それで、ちょっと期待していた。
例えば、個室にシャワーとトイレがついているのではないか、とか美人アテンダントがお世話してくれるのでは?ってね(笑)。
でも、実際に部屋に入ってみると、一人部屋といっても、実際は二段ベッドの二人部屋を一人で使うというだけ。
どうということのない、普通の一等寝台車でした(トイレもシャワーも共同でした)。
部屋は狭くはなかったし、窓も大きかったけどね。
もちろん、キモチのいい寝具が備えられてました。
ただ、チャマルティン駅を出るのが、午後7時50分だから、窓が大きくても、外の風景は見られない。
パリ、オーステルリッツ駅到着が午前8時48分。
だが、パリの夜明けは遅くて、10月初めでは午前8時ごろなので、ほとんど景色を楽しむ時間はない。
ちょっと損した気もするが、でも、「追加で2万円も払って、タルゴの一等個室寝台に一人で泊まった」というのも、いい思い出だ。
さらに、「たいしたことはなかった(涙)」というオチまで着いているのが、海外個人旅行としてはポイントが高い。
確かに大金を使ってしまったが、このパリからポルトガルへの旅では、夜行列車に乗り続けで、3日間ホテルに泊まってない。
パリからリスボンまで、リスボンからマドリッドまでも、列車の二等寝台だった。
しかも、この「二等寝台」は、おそらくクシェットで、それぞれ二千円弱の追加料金がかかっただけ。
そういう意味では、この2万円も意味があるかもね。
海外個人旅行では、メリハリを付けるのが大事(「世界旅行主義」より)。
例えば、僕がこの世界一周旅行の終わりごろ、タヒチへ行ったときもそうだった。
最初の一泊は空港のベンチで寝て、次の夜はパペーテ港を見下ろすベランダ付きの「ホテル・パシフィック(60ドル)」に泊まったからね。
という風に、無理にでも失敗を正当化するのが、海外個人旅行のコツだよ。
タルゴは特に遅れることもなく、スムーズに走り続け、午前9時ごろにパリ・オーステルリッツ駅に到着。
これで、僕の「一等ユーレイルパス21日間の旅」が終わったわけだ。
もちろんパスは、今日一日使える。
いま思えば、このチャンスに、無理にでも、「モンサンミッシェル」へパリから日帰りすればよかったかも。
正直言うと、僕はこの時、モンサンミッシェルの存在自体を知らなかったんだよ。
ぼくはガイドブックを持たずに、「トーマスクック・ヨーロッパ時刻表」一冊でヨーロッパを旅していたし。
旅先で出会った旅行者と話をしたが、この時代にモンサンミッシェルの名前がでたことはなかった。
いまでは、日本人が行きたい世界遺産のアンケートでトップになったりしているけどね。
ま、観光地の人気も時代によって移り変わるということでしょう。
それと正直、21日間も鉄道で走り回るのにも疲れたよ。
ユーレイルパスの使い終わりをパリにしたのは、パリからはどこへでも行けるということ。
例えば、僕の友人のいるロンドンもすぐ近くだ。
また、日本へ戻ってしまってもいい。
さらには、もちろん、アメリカへ飛んでもいい。
僕はバルセロナで、米国の「B-1,B-2ビザ(一年有効)」を取っているからね。
パリから北米へ飛行機で、一気に飛んでしまってもいい。
パリやロンドンのような世界的な大都市ならば、どこへ行くにしても、便利な(安い)切符がある。
でもそんなことの前に、まず、パリでの今夜の宿を決めなければ。
午前の早い時間にパリへ着いたので、今回は、自分で歩いてホテルを探すことにした。
以前もパリにいたときに、カルチェラタンの安ホテルを回って部屋を探したことがあるので、ホテル探しは慣れている。
まず最初に、「サン・ジャック通り(RUE SAINT-JACQUES)」の「アンリ4世ホテル(HOTEL HENRI W)」という安ホテルへ行ってみた。
すると、部屋があったので、即決で、このホテルに決めてしまう。
その理由は、アンリ4世ホテルは、この時代パリで一番安いという評判だったから。
一泊シングルで80フラン(1840円)。
パリでこの値段だと、もちろん、トイレもシャワーも共同。
また、シャワーは別料金がかかった(パリジャンやパリジェンヌは一週間くらいシャワーを浴びなくても平気だ)。
一応部屋を見つけたから、今日はこれでいい。
パリで何をするか、これからどこへ行くのか、それはじっくり考えましょう。
一つだけはっきりしているのは、パリの日本大使館で「パスポートの再発行」をしてもらうことかな。
だって、フランスとスイスの国境で、ちょっとしたトラブルがあったしね。
あとはまた、日本風の中華料理屋へでも行きましょうか。
もちろん、日本語の雑誌や本や新聞をじっくり読みたいね。
参考:「世界旅行者のヨーロッパユーレイルパス21日鉄道走り回りルート(1988)」

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

europe asia
world index
xxx