ルクセンブルグ@ルクセンブルグ/ルクセンブルグ (「1日で4カ国旅行」より)
ブリュッセル駅のロッカーの開け方に、ちょっとで手間取った。
が、ぎりぎりブリュッセル中央駅11:21AM発に間に合う。
今日の目的地は、フランスのストラスブール。
ホテルを捜し、市内観光をして、食事をするためにはどうしても観光案内所が開いている夕方には着きたい。
ブリュッセルを昼の12:20に出る列車が夕方5時にストラスブールに着く。
その後の列車になると到着が夜9時を過ぎるのだから、これを使うしかない。
11:21発に乗るのは、ルクセンブルグで約35分ほど下りられるからだ。
列車で通り過ぎただけでその国を訪れたなんて言う人もいるが、それはおかしい。
どうしてもその国の街を自分の足で歩かなければいけない。
その国の土地を自分の足で踏みしめなければ、その国へ行ったとは言えない。
14:12ルクセンブルグ駅到着。
荷物をコインロッカーに放り込んで、とっとと歩きだす。
時間は30分しかないのだから、とにかく有名なアドルフ橋まで歩いて行こうと考える。
時計を見ながら、それらしい方向に15分歩いても、たどり着かない。
どうやら道を間違えたらしい。
もともと地図がないのだから、仕方ない。
駅で簡単な地図をチラッと見ただけで、方向を決めたのが間違いだったかも(涙)。
仕方ない。ルクセンブルグを歩いたのだからいいことにしよう。
少し疲れてしまった。
慌てて駅へ戻り、14:49発のストラスブール経由バーゼル行きの列車に乗り込む。
ルクセンブルグ駅の前は何の変哲もない普通の街だった。
旧市街はちょっと離れた所にあるらしい。
計算では十分にそこまでたどり着けるはずだったのだが、仕方がない。
乗り込んだ一等車のコンパートメントの中は僕一人だった。
バックパックから裁縫道具を取りだして、外れていたアーミージャケットの肩のボタンを縫いつけにかかる。
ストラスブールへは予定通り午後5時に到着する。
さてこれから、ストラスブールの今日の宿を見つけなければね。
でも宿を見つけるのは、とても簡単だよ。

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

europe asia
world index
xxx