いままでのこと、これからのことを考え、ロンドンへ行くと決定し、シャンゼリゼのマクドナルドで、ラゲッジラベルを持つ若者と話す。@パリ/フランス


1988年10月8日。
「21日間一等ユーレイルパスの旅」が終わって、ちょっと気が抜けた状態だ。

ユーレイルパスを使って、常に鉄道移動していた時は、常に時間に追いかけられている感じがした。
逆にその緊張感があるから、旅の達成感があり、終わった後のパリ滞在が、のんびりと楽しめるとも言える。

10月4日に申請したパスポートの再発行と合冊は、10月7日に無事パリの日本大使館で受け取った。
さてこれからどう進むかだ。

いままでも書いているように、この時僕は、旅のルートについて悩んでいた。
この世界一周旅行に出たのは、もともとは、離婚してしまって、気分転換が必要だったから。

たまたまお金が少しあったので、海外に出ようと思う。
この時代は、1989年12月の最高株価へ向けて、日本中がバブルの状態。

日本の経済はとにかく盛り上がっていて、大学生の就職は選り取り見取り。
日本企業は意味もなく海外進出をしていた。

大学生も売り手市場。
大学生ならばどんな馬鹿でも、一流企業に悠々就職が決まっていた。

企業は就職希望の学生を一流リゾートホテルに缶詰めにして宴会をやり、ほかの企業に行かないように囲い込んでいた。
日本の若者で、大学に入れなかった人たちの中では、海外留学がブームだった。

あのいい加減な旅行本「地球の歩き方」の出版社も、「成功する留学」などというトンデモ本を出版して、多くの若者の人生をダメにしていた。
僕はこのことを、日本のメディアで知ったのではなくて、この時代、実際に海外にいて、いろんな体験で知っているところがスゴイわけだよ(笑)。

僕は、日本では一流大学(京都大学工学部)を卒業して、大手企業の本社勤めだった。
ただ、僕はもともと東京大学以外は認めてなかったので、京大に入ったことは、失敗だった。
ではなぜ東大に入らなかったかというと、僕の時には東大の入試がなかったからなんだ。
僕は東大に入って、東京で、寺山修二の劇団「天井桟敷」に入ろうと考えていた。
大学に入ったら、もう勉強は卒業したいと考えていた。
でも、東大の理科一類に合格していれば、あとの人生は勉強しなくても、一応成立するだろう。
だから、京大では、ほとんど勉強した記憶はない。
この時代の京大は、勉強してなくても卒業させてくれたものなんだね。

会社に入っても、まじめに仕事をした記憶は全くない。
いま改めて考えてみると、「僕はもともと働くことが嫌い」だったんだ(笑)。

それと、特に出世したいとも思わなかった。
ただ勉強は好きだったんだよ。

仕事は嫌いだったが、勉強は好き。
とすれば、誰でもできる語学の勉強をしていれば、恰好はつくし、時間は潰れるし、軽く金になる。

語学の勉強をしていたわけだが、英語はとっくに英検一級を取っていた(1976年)。
その流れで、フランス語学校に通って、全くの初心者から一年で仏検2級を取った(1986年)。

そのついでに、ラジオスペイン語講座でスペイン語もやった。
だから、この海外旅行の最初の目的は、英語、フランス語、スペイン語を海外で勉強しようということだった。

1987年にロンドンの有名語学学校「インターナショナルハウス」の特別クラスで勉強して、ケンブリッジ大学英語検定試験特級(CPE)に合格した。
次にスペインへ行って、バルセロナでスペイン語学校に通った。

バルセロナでは、そんなに本気でもなく、連日酒を飲んでいたので、学力は向上しなかったが。
さらに、ナイロビでフランス語学校(アリアンスフランセーズ)へ通って、フランス語を学んだ。

ナイロビの場合は、フランス語学校に通ったという名目だけ。
しかし、英語、フランス語、スペイン語を学校に通って勉強するという形はできた。

ただ、アフリカから中東、ヨーロッパ、特に「21日間一等ユーレイルパスの旅」が終わった時点で、迷いがあるわけだ。
英検一級を持っていても、ケンブリッジ英検特級(CPE)を取っても、それだからこそ、自分の英語はまだまだだと、わかっている。

フランス語やスペイン語は、もともと英語の補助のために勉強していたので、海外旅行で意志が伝わるレベルで問題ない。
もし語学をやるならば、英語をもっと徹底的にやった方がいいだろう。

でも、僕はアジア、ヨーロッパ、アフリカ、中東と旅をしてきた。
このままアメリカ、南米、太平洋諸国と旅を続ければ、世界一周旅行が完成する。

つまり英語をもっとやるか、このまま世界一周旅行を続けるかについて、迷いがあった。
迷ったときは、決断を先延ばしするのが僕のやり方。

そこで、とにかく英国へ行って、ロンドンで考えることにする。
ロンドンは語学学校にも通っていたし、語学学校の友達(美女)と連日パーティをしていた楽しい記憶もある。

それと、これが大きなポイントだったが、英国からなら「アイルランド」へ行くことも、簡単にできる。
英国とアイルランドは、海を隔てているだけだからね。

英国もアイルランドも英語を使うから、英語の勉強にもなる。
海外旅行としても、アイルランド一国を増やすことができる。

だから、とにかく、英国へ行こう。
英国から米国へ飛ぶのは、定番ルートなんだし。

シャンゼリゼを歩いて、いろいろ考えながら、マクドナルドに入った。
パリがいいのは、とにかくいくらでも時間潰しができること。

どこへ行くか迷ったら、シャンゼリゼを歩けば、それだけで暇がつぶれる。
歩き疲れたら、マクドナルドへ入ればいい。

二階への階段をトントンと軽やかに上ると、そこに日本人の若者を発見。
しかも彼は、僕と同じく、吉田のラゲッジラベル(luggage label)を持っている。

顔を見て、「これは面白そうだ」と、ピンとくる。
旅先では、旅行者の顔つきを見れば、知能程度、人生経験のあるなし、話が面白いかどうか、だいたい予想がつくもの。

最近は、ネットで旅の友達を募集している人もいる。
でも、どういう人かわからないで旅先で一緒になったら、問題が起きると思うよ。

この男性は、なかなか頭も切れて、面白かった。
ディジョンとランスでフランス語学校に半年ほど通っていたとか。
知的な人は顔つきを見ただけでわかるものなんだよ。
ただ、いい大学を出ても、頭が固くて、冗談の通じない人もいるけどね(涙)。

彼はこれからヨーロッパ旅行をするそうなので、いろいろとアドバイスをした。
僕は、英国からフランスへ来て、スペインへも行ったし、南仏からフランス西部を旅してフェリーで英国へ行ったこともある。

しかも、いまは「21日間一等ユーレイルパスの旅」が終わったばかりだしね。
旅先で自分の旅行について話せて、それを興味をもって本気で聞いてくれる人がいるというほど、楽しいことはないよ。

若者と別れて、本屋を回る。
クリスティーの「ELEPHANTS CAN REMEMBER」(31F)と「平凡パンチ」(37F)を買った。

とにかく、ロンドンへ行くことに、心は決まった。
どうやって行くかだが、ここは昼間にドーバー海峡を渡りたいもの。

そのためには、明日は、列車を調べましょう。
もちろん「Thomas Cook European Timetable」(1988)を見れば、ロンドンへのルートはわかる。

しかし海外個人旅行では、自分で鉄道駅へ行って、自分で確かめるのが基本。
明日、ロンドンへの列車が出る、パリ北駅へ行ってみましょうか。
xxx
パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)
フランス/france

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

europe asia
world index
xxx