ホワイトハウスホテルの宿泊を1日延ばし、アテネ行きの明日の切符を買い、始まったばかりの恋に別れを告げる。@ロンドン/イギリス(英国)

【ピカデリーサーカス@ロンドン】
1988年4月21日、木曜日。
アールズコートのB&B「ホワイトハウスホテル」にチェックインしたのが、4月14日。
このホテルは、ウィークリーレートがあって、10パーセント引きだったので、一週間泊まることにした。
14日から20日までの一週間の部屋代は支払い済み。
だから21日の今日、チェックアウトするつもりだった。
ただ、まだ航空券も買ってない。
これでは絶対に出発できないので、あと1泊分を支払って、今日も泊まることにする。
21日だけの宿泊費は16ポンドで、割引は効かない。
そこを10パーセント引きにしてくれないかと、交渉する。
これは僕が無理なことを言ったわけだが、無理でも宿では値引きの交渉をするのが、旅行者としては当然のことなんだよ。
暗くなる前にホテルを捜すときは、客の方が立場が強いので、交渉するのは当然。
部屋を見せてもらった後で、「気に入ったけど、もう少し安くしてくれ」と言えば、値下げするもの。
値引きをしなければ、別のホテルを当たって比較すればいいだけなんだから。
「世界旅行主義」には「ホテルは3軒当たって決める」というセオリーがある。
一度ホテルを出て、別のホテルを見て歩いて、また戻ってくれば、ホテルは喜ぶものだ。
そこで、さらに、「3泊するから値引きをしろ」「朝食は食べないから料金を下げろ」などと交渉する。
オフシーズンの場合、いくらでも交渉できる。
これを、インターネットのホテル予約サイトで決めたら、安いようでも、実際は高い。
インターネットで予約する場合、必ず、予約サイトに手数料を払っているのだから。
その常識のない人たちが、「ネットで予約すると安い」などと、子供でもわかる間違いを勧めている。
インターネットで安そうなホテルを見つけて、旅行上手だと勘違いしている人が多い。
「自分の目で見て、値引きの交渉をして、さらに安くする」のが、旅行者の基本なんだ。
でも、ホワイトハウスホテルの値段は下がらなかった。
美男子のアラブ人の若者も、僕がこのホテルを気に入っているのを知ってるしね。
さて、今日はまず、航空券を買わなければならない。
だって僕は、明日飛ぶつもりなんだから(笑)。
値段を調べていた旅行代理店へ行って、航空券の値段を確認する。
英国で有名な大手安売り切符会社「トレイルファインダーズ」の店へ歩いていく。
明日4月22日のロンドンからアテネの片道切符が、99ポンド(約24000円)。
念のために、他の切符も確認してみる。
フランクフルト経由アテネの往復切符が149ポンド(約36000円)である。
でも、僕の旅行計画は、アテネまで行ったら、そこからさらにアフリカへ飛ぶつもり。
最終的にまたロンドンへ戻るつもりだが、どういうルートを取るか、わからない。
どちらにしてもロンドンまでの帰路は、ヨーロッパ鉄道旅行にするつもりなので、片道切符がいい。
アテネの片道切符は、オリンピック航空で、このとき一日2便あった。
12時30分ロンドン発で17時58分アテネ着と、16時48分発22時10分着。
当然、12時30分発にする。
夜中に知らない町に到着すること自体、絶対に避けなければならない、海外旅行の大原則だよ。
12時30分に出るフライトも、本当は遅い。
午後6時にアテネに着いても、そこから入国審査を受けて、空港から街まで出るのに時間がかかる。
アテネの町に入るのは、日が暮れてからだろう。
土地勘のない、はじめての町を、ホテルを捜して歩かなければならない。
こういう時、旅慣れてない人は、ユースホステルでも予約しておいた方がいいでしょう。
夜に着く場合は、その日の宿はただ寝るだけなので、翌朝町を歩いて、気に入った宿を捜せばいい。
衣類を洗濯して、シャワーを浴びて、髪を洗った。
この時代は、僕は髪が長くもなく、短くもない、普通の長さだったからね。

【世界旅行者・西本健一郎/1988年】
今日は、昨日はじめて会って、気になる女性がいたので、彼女と再会する。
英語学校のインターナショナルハウスのロビーで、午後2時半に待ち合わせしている。
K君と会うと、僕が気になっていた昨日の美女の他に、美女をもう1人連れてきた。
男性2人、女性2人のダブルデートだ。
僕は明日アテネに飛ぶのだし、お昼だから、バーガーキングでお昼を食べて、話をする。
昨日の女性は、ロンドンでの記念にウィスキーを入れるスキットルを、プレゼントしてくれた。
スキットルといっても、どういうものかわからないと思うので、ここで紹介しておきます。
ウィスキーやブランデーの強い酒入れておくものです。
いくら僕が明日旅に出るからといって、昨日会って話をしただけの人にプレゼントをあげるだろうか。
しかも、スキットルだ。
これは、「旅先で、寒い夜なんかに、ウィスキーを飲んで、私を思い出してね」という意味。
実は、世界一周旅行にずっと持って旅をして、日本に戻ってくるまで持ってました。
話が尽きないので、またみんなでパブに行って、飲んで、盛り上がった。
ビールを飲んで、気持ちよく酔っ払って、別れる。
スキットルをプレゼントしてくれた女性を、かなり好きになった。
それは、彼女もわかっている。
もう少し、時間があったら、もっとわかり合って、本格的な恋愛に発展したかもしれない。
ひょっとしたら、すごく相性がよくて、2人で新しい人生を切り開くことが出来たかもしれない。
でも僕は、明日アテネに飛ぶ。
時間がない。
僕はすでに「勉強モード」から「海外個人旅行モード」に入っている。
大人だから、このまま別れるしかない、とわかっている。
ロンドンへ戻ってくるだろうが、再会はできないだろう。
それでいい。
旅では、出会ったら、必ず別れがある。
だから旅先の恋の想い出は、いつまでも美しいままなんだ。
italy france uk europe world index

italy-france-uk
xxx