インターナショナルハウスで日本女性の相談に乗ったりしてた僕は、チェコスロバキアのビザを取って、美女2人と会い食事をする。@ロンドン/イギリス(英国)

【ソーホー@ロンドン】
1988年4月20日、水曜日。
これからの旅行計画はだいたい決まった。
旅行準備で、ガイドブックなんかも用意した。
海外旅行で一番大切なお金も、まだ百万円以上、手許にある。
日本の銀行口座には、もっとあるけどね。
これを書くと、「どうしてお金を作ったんですか」と、よく聞かれるが、「バブルの時代だったから」という一言で終わりにする。
お金はトラベラーズチェックにして、安全を確保してある。
トラベラーズチェックは、現金に比べて両替率もいいしね。
クレジットカードも持っているが、日本で請求書をチェックできないので、できるだけ使わないことにしている。
いままでだと、列車のことを調べにマドリッドのアトーチャ駅の窓口へ行って、その場でバルセロナへの切符を買ったときに使っただけだ。
南欧から北アフリカを旅してロンドンに着いて、一週間。
行こうと思えば、すぐにでも旅に出ることは出来る
ただ、まだ航空券を買っていないけどね。
アテネへ飛ぶとだいたい決めているが、切符を買うまでに何が起こるかわからない。
ものすごく魅力的な女性と出会ったなら、僕は、英語の勉強も、旅も捨ててしまってもちっともかまわない。
英語の勉強も、旅も、僕にとっては、本気ではなくて、しょせん遊びだ。
勉強よりも、旅よりも、女性との恋愛がずっと大事だ。
ただ、その女性が、金持ちだという条件がつくけどね。
4月の終わりなので、観光客も少なく、ギリシアへのフライトはガラガラで、いつでも飛べると確認してある。
僕はだいたい、海外の旅先で、その場で2〜3日後の予約を取って、それから飛ぶ。
今回ロンドンにだらだらしているのは、実は、ホテルに一週間連泊しているせいだ。
フランスのシェルブールから、イギリスのポーツマスへ入ったのが、4月12日。
ロンドンへ移動し、定宿のセントジョージホテルへ行ったが、いつものノエミおばさんがいなくて、適当なホテルに泊まった。
翌日、アールズコートへ移動し、適当に歩いて、なかなか趣のある、「ホワイトハウスホテル」へ移動。
このホテルはとても感じがよくて、ついうっかり、1週間泊まると決めた。
もちろん、1週間の割引があったからだけどね(10パーセント引き)。
だから、4月20日の夜までは、部屋が確保してある。
この期間に、ロンドンで、すでにエジプトビザと、ケニアビザをゲットした。
有名な英語学校「インターナショナルハウス」には、僕の友人が在籍している。
またこの時期は、20歳代のかなり知的な日本女性が大量に留学していた。
僕の友人を通して、美人留学生(知的な女性は必ず美しい)の皆さんと、話をして盛り上がって、中華料理を食べて、ワインを飲む生活だ。
ある程度頭がよくて、20歳代後半の女性となれば、もちろん男性とのお付き合い経験もあるわけで、いまさらカマトトぶったりしない。
例えば、20歳代後半で、東京のOLを辞めて、イギリスへ留学している場合。
これは当然、男性と別れたか、男性との関係を考え直そうと思っている。
それか(1988年の話ですよ)、郷里に立派な縁談があるが、その前に、英国留学をして、自分の自由な生活を思い切ろうと考えている。
ロンドンの学校を、最後の夢として捉えているわけだ。
できたら人生を大きく転換させたいが、それが無理だろうとも考えている。
ただ、海外に出て、自分の人生を振り返り、流れの中で、しばらく踏みとどまりたいという気持ちがある。
そういう知的な女性と話をすることは、僕にとっても、興味深い。
また女性にとっては、僕と話すことは、刺激になる。
このとき、まだぎりぎり30歳代の離婚男性で、京都大学卒で、何でも受け入れてくれる、話が面白いおじさん。
独身だが、離婚しているので、男女関係の相談にも乗ってくれる。
エッチネタを話すが、いやらしくなく、上品だ。
しかも、本気で女性を口説いたりしない。
実際僕は、インターナショナルハウスで、日本女性のカウンセラーみたいな立場に立ったこともある。
1987年の秋学期の終わりごろ、僕は校長から指名を受けて、日本人留学生の相談を受けた。
学校に通っている日本女性が、シャンプーを万引きしてつかまった。
店も警察も事件にするつもりもないが、女の子は英語がよく理解できないので、僕に説明してくれという話だ。
そこで僕が、「たいしたことないよ。僕も昔よく万引きしたものさ。気にすることはない」と、慰めたんだけどね。
彼女は学校に友達もいなくて、精神的にちょっと不安定だった。
学校で、アドバイスをしたときに、本当は、そのあと食事でもして、人生相談に乗るべきだと思った。
でもそれを、敢えて、しなかったんだ。
実際、1987年の秋学期では、インターナショナルハウスには、日本人はたくさんいたが、僕がトップのクラスだった。
それに、いろんな話題でも、僕は外国人のクラスメートをリードする立場だったし。
学校からは、僕にBBCの国際放送の対談番組に出てくれないかという話も持ちかけられた。
ただ、その時期は、秋学期も終わりに近く、いろいろと精神的につらかったので、断った。
学校生活については、また別に、詳しく語るつもりです。
英国の英語教育と、日本の英語教育とは全く違うと、僕が感じたことを、残しておきたいしね。
午前中に、チェコスロバキアのビザを取りに行った。
ビザ代は12ポンド(2880円)で、ビザはその場でもらった。
なんでチェコスロバキアのビザを、アフリカへ行く前に取ったのか。
それは、このとき、アフリカ旅行でケニアへ行っても、長くいるつもりはなかったから。
アフリカから、すぐヨーロッパへ戻り、ヨーロッパ旅行をする考えだった。
この日は、留学生の美女の皆さんと食事をする予定だったので、話のネタを作りたかったんだと思う。
それと、午前中は暇だったから(笑)。
ビザを取った後、5万円のトラベラーズチェックを、バークレー銀行ノッティングヒルゲート支店でポンドに両替した。
K君との待ち合わせ場所へ行くと、美女が2人いた。
いつものように、旅の話、英語の話、恋愛話、人生論を語って、楽しく盛り上がった。
ただ、ちょっと気になる女性がいたんだ。
もう少し話したかった。
わかり合えるのではないかと感じた。
実家も金持ちらしいし…。
そこで、明日、インターナショナルハウスの授業が終わる時間に、学校で待ち合わせした。
このように、旅では、出発しようとしたときに、必ず、それを止めようとする、魅力的な異性が出現するものなんだね。
italy france uk europe world index

italy-france-uk
xxx