「トーマスクックオーバーシーズタイムテーブル」と「地球の歩き方・東アフリカ編」を買って、翌日の美女との食事会を決める。@ロンドン/イギリス(英国)

【ハイドバーク@ロンドン】
1988年4月19日、火曜日。
昨夜、美人留学生の皆様と、ワインをたくさん飲んだので、少し二日酔いで、頭が痛い。
今日は旅行準備の買い物だ。
まず、「トーマスクックオーバシーズタイムテーブル(THOMAS COOK OVERSEAS TIMETABLE)」を買う。
「トーマスクックヨーロピアンタイムテーブル(THOMAS COOK EUROPEAN TIMETABLE)」は、ヨーロッパの鉄道時刻が書いてあって、非常に役に立った。
時刻表の細かいところは、自分で鉄道駅に行って、構内に張り出してある時刻表などで確認する。
それ以前の旅行予定、ある町から別の町へどのくらい時間がかかるのか、列車の本数はどれくらいか、を調べる。
だから、ヨーロピアンタイムテーブルは、少々古いものでも十分に使える。
オーバーシーズタイムテーブルは、ヨーロッパ以外の国の時刻表。
日本も載っているが、日本の交通機関の情報を、薄い本の一部で説明するなんて、不可能だ。
だから、時刻表としては、実際上は使えない。
今回、オーバーシーズタイムテーブルを買った理由は、交通機関のことよりも、ビザの条件が知りたかったから。
例えば僕が旅した北アフリカでは、モロッコでアルジェリアのビザを取るのに苦労した。
これから向かう予定の、エジプト、ケニアのビザをロンドンで取ったが、その周辺の国へ行くのにビザが必要かどうか、わからない。
この時代、ほとんどのアフリカ中近東諸国にはビザが必要で、「どこでどうやってビザを取るか」が大問題。
さらにそれ以前に、ビザが必要なのかどうなのか、それが判らない。
例えば、これから旅してロンドンまで戻ってくるまでに、旅した国で取ったビザを考えてみる。
ロンドンで、エジプト、ケニア、チェコスロバキアのビザを取る。
ケニアのナイロビで、タンザニア、ウガンダ、ルワンダ、ブルンジ、ザンビア、のビザを取った。
カイロでヨルダンビザを取り、アンマンでシリアビザをゲット。
イスタンブールでブルガリアのトランジットビザを取り、ベオグラードでハンガリービザ。
ブダペストで2度目のチェコスロバキアビザ、ウィーンでポーランドビザ、東ドイツの国境で通過ビザ、を取った。
これを見ればわかるが、この時代の、アフリカ旅行、中近東旅行、東欧旅行は、ビザを取ることが大変だったんだよ。
いまは、ビザの必要な国も少なくなって、旅は楽になったが、逆に、旅の面白さも減少したわけだ。
というのが、旅先で、見知らぬ町を歩いて、大使館を訪ね歩いて、ビザをゲットすること自体が、長期旅行の面白さなんだからね。
いまは、旅は楽になったが、苦労が少なくなっただけ、面白みも減少した。
海外旅行とは、未知のものに自分でぶつかっていくことなんだ。
ぶつかって跳ね返されないためには、語学力も、人格も、精神力も、覚悟も、機転も、愛想のよさも、もともとの頭のよさも必要だ。
僕の最初の世界一周旅行のときは、その時代もよかったし、僕自身も気力体力が充実していた。
僕がこの時代に、世界一周をしたのは、神の導きがあったとしか考えられない。
さて、日本語の書店で、「地球の歩き方」の東アフリカ編を買った。
ロンドンで日本語の本を買うと、だいたい2.5倍程度したから、4千円程度だったのかな。
「地球の歩き方」については、北アフリカ編が間違った情報だらけで、大金を損したばかり。
しかし、ブラックアフリカについては、全く情報がないので、どうしても買ってしまう。
このガイドブックは、ナイロビの日本人の集まる宿の情報があったりして、ある程度は役に立ったけどね。
でも、ここにも、「南半球では太陽は西から昇る」と書いてあった。
そのときは、ひどい勘違いだと思って、ただネタにして笑うだけだったが(南米旅行中に怒りが爆発した)。
アフリカ旅行をするなら、「Lonely Planet Africa」が定番で、僕も、ナイロビの本屋でこれを買って、旅行計画を立てたものだ。
本を買ったあと、セントポール寺院(ST. PAUL CATHEDRAL)へ行って、神に旅の無事を祈る。
それから、K君に電話をかけて、明日会う約束をする。
もちろん、美人で頭の切れる日本人留学生を誘うように言う。
さて、明日はどんな魅力的な美女と出会えるのでしょうか(笑)。
italy france uk europe world index

italy-france-uk
xxx