平日になったので、アフリカ旅行のための準備に取り掛かり、日本人美人留学生のみなさんと盛り上がる@ロンドン/イギリス(英国)

【ロンドンブリッジ@ロンドン】
1988年4月18日、月曜日。
週末にじっくりと計算して、手許のお金が、まだ百万円以上あるとわかったので、アフリカまでは行ける。
ただ、どういうルートでケニアに入るか、それはわからない。
ケニアに入る以前に、エジプトのピラミッドを見たいし、それなら、ギリシアへ行って、アテネのパルテノン神殿も見たい。
すると、ロンドンからアテネへ飛ぶのがいいだろう。
この時期、アテネで航空券を買うと安いという話が、定説化していた。
しかし、旅の話はすべて疑ってみるのが大切。
海外旅行では、切符が安いといわれているところに実際に行ってみると、ちっとも安くなかったというのが、よくある。
そこへわざわざ移動する交通費を考えたら、大損しているってこと。
「切符が安いという噂の所へ、自分で行って確かめてみる」というのも、旅行話としては興味深いよね。
それを確かめるためにも、アテネには行きたい。
ロンドンであれこれ考えずに、アテネで考えた方がいい。
長期旅行では、その場その場で情報を手に入れて、数日後のことまでしか考えられない。
だから、長期旅行に出るのに、日本で細かい計画を立てても意味がないってこと。
とにかく今日は行動する日だ。
まず、クラプハムジャンクションのバークレイバンクへ行って、自分の口座からお金を下ろした。
下ろしたのが1065ポンド(25万円)。
全部を下ろさずに、5.19ポンド残して、口座は生かしておいた。
アフリカへ行っても、またヨーロッパに戻ってくるだろう。
ロンドンへ来たとき、日本からの送金を受け取る場合の事を考えていたからだ。
もしロンドンへ戻ってこなくても、5ポンド、この時代のレートで1200円程度だ。
それなら口座を残しておいた方が、便利だからね。
ロンドンの中心ピカデリーサーカスへ出て、アメックスのオフィスを確認した。
これは、トラベラーズチェックはアメックスが使いやすいことを経験していたから。
チュニジアのチュニスで、東銀の円のトラベラーズチェックを両替する場所を探すのに時間がかかった経験がある。
だから、緊急避難的に、「アメックスのドルのトラベラーズチェック」をある程度持って置きたかったんだ。
それと、小額紙幣で、ドルの現金も少し用意した。
ノートを見ると、5ドル札が14枚、10ドル札が11枚、合計180ドル。
バークレーバンクから下ろした25万円は、700ポンドを、トーマスクックのトラベラーズチェックにした。
残りは、ポンドの現金にした。
これで僕は、東銀の円のトラベラーズチェックを80万円以上持っているほかに、ポンドとドルを用意したわけだね。
実際に行ってみると、東銀のトラベラーズチェックで問題なく通用したけどね。
そのあと、ケニア大使館へ行って、ビザを申請した(7.5ポンド)。
この日も、K君と会って、夕食をともにした。
なぜ毎日、男の子と会って食事をするかというと、特別な理由があった。
K君は、僕が通っていたインターナショナルハウスで、午前中に授業を受けている。
彼は、いま風の若者で、ジャニーズ事務所のオーディションを受けたことがある。
その申し込みの写真は、僕が撮ってあげたんだけど(一次審査には通ったという話を聞いた)。
見かけはジャニーズ風で、結構女性にはモテるタイプだ。
しかもこの時期、20歳代の日本女性が、ドドッと海外へ出て、語学留学が大流行だった。
僕が学んでいたインターナショナルハウスという語学学校でも、1987年の秋学期に、一気に日本からの留学生が増えた。
ほとんどが、一流大学を卒業して、一流会社に勤めて、30歳近くになって、会社を辞めて留学に出た美女だ。
それに対して、この時期男性の留学生というのは多くなかった。
ロンドンでは、女あまりの状況だった。
もともとモテるK君は、常に女の子と一緒だ。
彼が女の子を誘うときに、「西本さんという人と会うんだけど、一緒に来る?」と誘うと、まず断らない。
ロンドンの語学学校生活も、慣れると退屈なものだしね。
そこに、インターナショナルハウスの最高に難しいクラスにいて、ケンブリッジ英検特級(CPE)に合格した僕がいる。
僕はスペインでも語学学校に通っていた。
北アフリカから、イタリア、フランスを旅して、船でイギリスへやってきたばかり。
これから、ギリシア、エジプト、さらにはケニアまで旅をする直前だ。
英語学習に興味を持って、海外旅行が大好きな日本女性なら、絶対に、世界旅行者に会いたいと思う。
僕の話術は、もともと面白かったのだが、さらに磨きがかかって、芸術の域まで達していた。
離婚して旅に出ているし、バルセロナではモテまくってきた。
ロンドンにいる語学留学の女性は、これからの前途に迷いを持っている。
結婚とか、恋愛とか、人生の生き方についてね。
ところが僕は離婚しているわけだから、結婚や恋愛について、語れるわけだよ。
京大を卒業して、一応大手の会社に勤めて、そこを辞めたので、人生論も語れる。
しかも、下ネタが大好きだから、すぐにそっちの方に話が向く。
そして、知的な女性は下ネタ程度で怒ったりしない。
僕は毎日、K君と会うという口実で、20歳代の留学生の日本人美女の皆さんと会って話をしていた。
僕がロンドンで、エジプトのビザを取り、ケニアのビザを取りしていたのは、いま考えると、女性に話すネタを作るというのが、理由だったかも。
思い返すと、これが、僕が一番モテた時代だったかもしれない。
だから、なかなかロンドンを出られなかったんだよ。
italy france uk europe world index

italy-france-uk
xxx