グリニッジでロンドンマラソンの出発に遅れたが、ビッグベンで工藤一良の三位ゴールを見る@ロンドン/イギリス(英国)

【バッキンガム宮殿の衛兵@ロンドン】
1988年4月17日(日曜日)、今日は、ロンドンマラソンの日だ。
僕がこの世界一周旅行に出る前、東京にいたときは、毎年「東京国際マラソン」を見ていた。
東京国際マラソンのゴールが、千駄ヶ谷駅前の国立競技場で、僕は国立競技場のスポーツセンターの会員だったしね。
スポーツセンターは、観客席の下にあって、通路からトラックを走る選手の姿がよく見えた。
部屋のテレビで選手の出発を見て、ゴールする時刻に合わせて、トレーニングに出かける。
国立競技場でトレーニングをして、ゴールする選手に拍手をして、お風呂に入って帰宅する、というのが僕の習慣だった。
東京国際マラソンは、東京マラソンと名称が変わったが、もう瀬古、宋兄弟、中山などの活躍した時代は遠い昔だ。
女子マラソンも、シドニーの高橋尚子、アテネの野口みずき以降は話題に上らない。
いまではマラソンも、アフリカ勢中心なので、特に興味を持つこともなくなった。
日本人が陸上競技で輝くことはもうないだろう。
1988年の4月、僕がたまたまロンドンにいて、次の旅の準備をしているときに、ロンドンマラソンがある。
これは、旅行者として、是非見に行きたいものだ。
ロンドンマラソンの出発が、グリニッジだということなので、グリニッジ天文台を見れるかもしれない。
日本から一緒に英国へ入ったK君と待ち合わせをして、地下鉄と英国国鉄を乗り継いで、マラソンのスタート地点まで歩いた。
しかし、スタート地点の「セントジョンズパーク(St. John's Park)」に着く前に、マラソンは出発してしまった。
でも、「グリニッジへ行くことは行ったから、まっ、いっか」と気楽に構える。
いろいろ変わったふん装で走っている参加者も見れたことだし。
ゆっくりと歩いて、また地下鉄を乗り継いで、次はマラソンのゴール地点へ行く。
ゴールは「ウェストミンスター」、わかりやすく言うと、国会議事堂と有名な時計台「ビッグベン」の間の通りだ。
ゴール時刻前に、ゴール前に陣取って、歩道から見物する。
それほど人気はないようで、ゴール直前になっても、ひどく混み合うこともなかった。
誰が走っているのか、有名選手が出ているのか、全く知らなかったので、ただゴールを見るというだけの見物。
ところが、思いがけなく、日本人選手が3位でゴールした。
これが工藤一良選手で、2時間10分59秒の記録だったと、わざわざ旅行ノートに記録まで書いてある。
このあと、僕はケニアから戻り、ヨーロッパを鉄道旅行して、ロンドンからニューヨークへ飛んだ。
ニューヨークにしばらく滞在して、アメリカ一周バス旅行に出る前の1988年11月6日、ニューヨークシティマラソンを見た。
すると、思いがけなく、工藤一良選手が、セントラルパークのゴールに7位で入るのを見た。
そのときは気がつかなかったが、「ニューヨーク秋物語(1988)」を書いていたとき、ロンドンとニューヨークで見たマラソン選手が同じだと気がついた。
この時は、インターネットは役に立つと思ったね。
それ以外では、あまり役には立たないような気もするが(笑)。
ロンドンでロンドンマラソンを見た後、僕はアフリカへの旅に出る。
ニューヨークでニューヨークシティマラソンを見たあとで、僕は「アメリカ一周グレイハウンドの旅」に出た。
だからというわけではないが、ロサンゼルス滞在を切り上げて、中南米一周旅行に出たのも、ロサンゼルスマラソンのあとだったね。
東京マラソン、ロンドンマラソン、ニューヨークシティマラソン、ロサンゼルスマラソン。
この全部を自分の目で見ているって事は、世界旅行者として、さすがだなって思うね。
自分で自分をほめないと、誰もほめてくれないしね。
マラソンを見たあと、K君と焼き鳥屋へ行った。
旅行の準備について話す。
明日は月曜日で、町はまた動き出す。
ヨーロッパ外への本格的な海外旅行をするにあたって、いろんな買い物がある。
それに、ケニアまでいけるお金はあるので、さしあたり、ケニアのビザを取らなければね。
ロンドンでケニアのビザを取った日本人は、多くないから、これも差別化の一つだ。
italy france uk europe world index

italy-france-uk
xxx