今回の旅行でいままで使った金と、残った金を計算して、どこまで旅が続けられるのか、考えてみる@ロンドン/イギリス(英国)

【日本語の新聞があるニューズスタンド@ベルグラーブ通り/ロンドン】
1988年4月16日土曜日、ロンドンはアールズコートの、お屋敷改造B&B「ホワイトハウスホテル」ですっきりと起きる。
ウィークリーレートで泊まっているので、一週間は10パーセント引きとなり、「16ポンド×7×0,9=100.8ポンド」。
この時期の英ポンドは、1ポンドが240円のレートだった。
一週間で2万4千円程度だから、一日当たりで約3400円。
これだったら、ヨーロッパを旅するバックパッカーとして、ぎりぎり耐えられる値段じゃないかしら。
もちろん、ユースホステルに泊まればもっと安いが、プライバシーがない。
僕は、海外旅行で、ユースホステルのドミトリー(共同部屋)に泊まったのは、ニュージーランドからオーストラリアへの旅行のときだけだったと思うよ。
海外では、ユースという名前でも実際はホテルで、シングルルームがあるところが多いからね。
今日は土曜日、週末なので、社会の動きが止まっている。
自分の旅をじっくり考えるには適している。
動けないので、それを利用して、考えることが大切だ。
旅の本質とは、旅の中でいろいろと考えるということ。
そうすると、思いがけないアイディアが浮かんできたりする。
僕はこれから、はっきりと決めてはいないが、エジプトへ行ってピラミッドを見るつもり。
ついでに、ギリシアへ行くかも知れない。
お金が続けば、ブラックアフリカのケニアへ行きたいものだ。
海外旅行に必要なものは、まず、旅をする時間と旅を支える金だ。
もちろんそれ以前に、健康(体力と精神力)が本当は一番大事だけど。
健康であれば、日本で無理して働いて、旅に必要な金と時間を作ることは、バブルのころはカンタンだった。
バブルのころは、仕事はすぐに見つかった。
バイトでちょっとがんばって働けば、金がすぐに手に入った。
自動車工場に働きに出て一気に金を作って、長期旅行に出る人は結構いたようだ。
大学を留年しながらバイトをして、海外旅行を続けていても、帰国後大手の会社に就職するのは、全く問題なかった。
僕がロサンゼルスで会った、8年も在籍していた大学生も、「就職したくないが、仕方ないので、某一流企業に就職するつもりだ」と文句を言っていた。
僕がバルセロナで一緒のクラスになった、スペイン語学校のクラスメイトの学生も、一年わざわざ休学して海外旅行をしていた。
日本へ戻って再会したが、彼も、日本の大手メーカーに就職していた(もちろんおごっていただきました)。
バブルが崩壊して以降、そういう働き方が出来なくなった。
長期旅行で一番問題なのは、やはりお金だからね…。
でも、旅の仕方を工夫することで、お金の節約は出来る。
ヨーロッパ旅行で、鉄道パスをうまく使って、列車で寝れば、ホテル代が助かる。
アメリカ旅行でも、グレイハウンドバスのパスがあったので、バスで寝て移動していれば、ホテル代はかからない。
今はバスの乗り放題パスがなくなったので、そういう旅も出来なくなったらしいが。
旅の状況は常に変化しているものなので、旅先でいろいろ調べてみてください。
海外旅行では、旅先で自分で調べるってことが、旅の楽しみなんだからね。
また、旅先で働く人もいた。
もちろん観光客が働くというのは、普通は違法だ。
でも、昔は、海外に長期滞在している日本人は、現地で働いていたものだし、そういう情報もあれこれあった。
いまはなき、ロサンゼルスの「ホテル加宝」には、観光できて、バイトをしているうちに、いつの間にか現地の大学に正式に通っていたなんて人もいた。
今はそんないい加減なことは出来ないと思うが、昔はなんでもやる気になれば、道は開けたものだ。
いまネットでそれを書くと、まず必ず問題にされるから書けない。
ちなみに僕自身は、違法行為は一つもしてません(キッパリ!)。
いろいろな話をたくさん知ってるけど、それはネットで書けない。
知りたい人は、直接会って、飲ませてくれれば、話せることもあります。
興味のある人は、お問い合わせください。
書けないことをたくさん知っているから、書かなくても奥が深くて、僕の旅行記は、すんばらしいわけだ(笑)。
日本での海外旅行資金の作り方や、海外で働いてお金を作る方法は、タダで読めるこの場では書けません。
ホワイトハウスホテルの自分の部屋で、お金の計算をしてみる。
まず、僕は1987年に日本を出るとき、東京銀行本店からロンドンの東京銀行へ、200万円を送金していた。
そして、別に50万円を円の現金で持っていた。
ロンドンの英語学校や下宿の費用は、その50万円から支払っていた、
日本からロンドンへの航空券は、僕がイギリスへ連れてきたK君のお母さんが払ってくれた。
僕は、ボーンマスにあるK君の英語学校(アングロコンチネンタル)の手配をして、彼を下宿まで送り届ける役割だったからね。
日本を出る前の1987年8月末から9月初めに、K君のマンションに数日いた。
これは、僕が日本を出るきっかけとして、「おニャン子クラブ解散」を言い訳にしたかったからだ。
僕は、もともとヨーロッパに一年程度いるつもりだった。
ロンドンの英語学校に通ったのは、暇つぶしで英語を勉強して、ロンドンに安く長期滞在するためだったからね。
インターナショナルハウスが紹介してくれた僕の下宿は、ロンドン郊外のクラプハムジャンクションにあった。
バークレー銀行クラプハム支店に口座を作って、キャッシュカードを作って、引き出して生活をしていた。
英語学校の秋学期が終わって、CPEの試験を受けて、スペインへ行く。
このときに、ロンドンの東銀が預かっていた200万円を、全部トラベラーズチェックにした。
1万円券だと、分厚くなって、持ち歩きに不便なので、5万円券20枚、2万円券50枚にしたと思う。
それを使って、フランスからスペイン、北アフリカ、ヨーロッパと、旅していたわけだ。
試験の結果を確かめに、またロンドンへ戻ってくるのは確実だったので、バークレイバンクの口座にはお金を残しておいた。
ロンドンの住所がなくなって、僕に連絡がつかないので、銀行に「旅行するので、連絡がつかないが、お金を預ってください」と、一筆書いた記憶がある。
ロンドンからパリへ、ドーバー海峡をフェリーで渡って、バスで移動したのが1987年12月。
ロンドンへ戻ってきたいまが1988年の4月。
4か月でいくら使ったか、ドキドキしながら、お金を数えてみる。
すると、5万円のトラベラーズチェックが16枚(80万円)残ってた。
あれこれ計算したようで、この日の旅行ノートには、「だから115万円」と書いてある。
他にもいろいろあるが、ま、残額がまだ百万円以上あるわけだ。
これなら、いまからケニアへ行っても、何とかなるだろう。
それに、日本の僕の銀行口座には、まだ金が残してある。
問題は、この時代、海外からは僕自身では動かせないってこと。
実家に頼んで、送金してもらうことになるが、それはまだ後のことにしましょう。
とにかく、ケニアへ行けるらしい(=まだ日本へ戻らなくていい)ので、ホッとする。
長期旅行者とも僕はたくさん会ったが、帰国が迫ると、みんな落ち込んでしまう。
日本に戻れば、現実に直面しなければならないからね。
あと数か月、現実から逃げられるとしたら、数か月後のことは考えるだけ無駄。
日本に戻ることを考えると、気分が悪くなるから。
約束していたK君と、午後2時に、ピカデリーサーカスのジャパンブックで会って、食事をした。
どうやら、明日、1988年4月17日に、「ロンドンマラソン」があるらしい。
出発がグリニッジで、ゴールがビッグベンだという。
それじゃ出発を見に、グリニッジへ行きましょうか。
グリニッジには、0度の本初子午線が通っているので、旅行者としても、行く価値はあるかも。
いま思いついたのだが、僕はグリニッジで本初子午線を見ただけではない。
このまま旅を続けて、エクアドルでは、緯度0度の「ミタ・デル・ムンド」へ行って、赤道をまたいだこともある。
つまり、僕は、緯度も経度も、0度の場所に立ったことがあるわけだ。
いま気がついたが、やはりたいしたものだね。
海外旅行をしていれば、なにをしてたって、楽しい。
日本の現実から逃げられるんだから。
italy france uk europe world index

italy-france-uk
xxx