ホワイトハウスホテルの3階の小部屋で自分の人生を考え、ロンドンでやることをリストアップしてみた@ロンドン/イギリス(英国)

【バッキンガム宮殿@ロンドン】
1988年4月15日金曜日、アールズコートの「ホワイトハウスホテル」の部屋で、気持ちよく目覚める。
アールズコートは、バックパッカーが集まる地域で、地下鉄の駅前には、小さな店が並び、雑然としてる。
バックパッカー向けのB&Bもたくさんあるし、ユースホステルも、バックパッカー宿もある。
僕は駅を出たところで、バックパッカー宿の客引きに話しかけられて、仲良くなったこともあるよ。
客引きも、バックパッカーがバイトでやっていたりするし、オキラクなところだ。
ただ僕は、原則的には、シングルルームに泊まることにしていたので、ドミには行かなかったけれど。
もともとはお屋敷街だったらしく、ちょっと脇道に入ると、落ち着いた、静かな住宅地だ。
ホワイトハウスホテルはお金持ちの邸宅だったので、3階の僕の部屋はとても落ち着いていて、静かだ。
今日は金曜日で、少しゆっくりしたい。
日本からヨーロッパへ旅に出たのは、のんびり滞在したり、軽く旅をするつもりもあった。
時間潰しのためにうっかり英語学校に入って、猛勉強をさせられてしまった.。
それも運命だったのでしょう。
ロンドンを出て、フランスで体調を壊し、しばらく静かにしていた。
そのあと、スペインのバルセロナで、スペイン語学校に通った
バルセロナを出てから、アンダルシアの町々を旅する。
北アフリカではモロッコ、アルジェリア、チュニジアと横断した。
ローマに入ってからも、ほとんど身体を休めることなく、イタリア北部を旅した。
続いて、南仏からフランス西部を旅して、シェルブールからポーツマスへとフェリーに乗った。
そして、ロンドンへ着いたわけだ。
ロンドンで、ケンブリッジ英検特級(CPE)の結果を見て、友達と話をして、これからどうするか考えるつもりだった。
日本へ戻ろうかという気持ちがなかったわけではない。
ただ、いま日本へ戻ったところで、何か日本でしたいことはない。
何か新しく始める気力も、野心もない。
僕はもともと出世欲も、金銭欲も、あまりない。
僕の人生は、正直、もうオワリだと考えている。
そう考えた方が、努力をする必要もなく、オキラクだからね。
それに、一度日本へ戻ってしまえば、また長期の海外旅行に出るのは難しくなる。
僕は、人生設計などは、一度も考えたことはない。
親しい友達もいないし、結婚も破綻して、正式に離婚している。
東京の住居も引き払った。
「日本に住むところがない」「日本でやることがない」というのが、僕が長期旅行に出た、一番大きな理由なんだ。
実家は九州なので、いまさら戻ることは出来ない。
そして、なぜかこの時、日本の銀行口座に、ある程度の金はある。
「住むところがなくて、お金がある程度ある」というのが、長期海外旅行に出るための必要条件なんだ。
こうなれば、金があるかぎり、このまま旅を続けた方がスッキリする。
旅をしているうちに何かの事故や病気で死んでしまえば、筋は通っているだろう。
本格的な長期旅行者は、ある意味、旅で亡くなることも覚悟している。
人間、死んでもいいと覚悟を決めたら、なかなか死なないものだ。
旅行ノートを見ると、この日は、やることをリストアップしていた。
それを紹介してみます。
●午後2時から3時の間に、エジプト領事館へ行って、ビザをもらう。
昨日申請していたビザを翌日の今日もらう。
1988年でも、エジプトのビザはカイロ空港に到着時、その場で取れたけどね。
ただ、ロンドンでエジプトのビザを取った経験というのは、貴重なものなんだよ。
●友人の若者に電話をして、会う約束をする。
●シャワーを浴びる。
●学校(インターナショナルハウス)へ来ている手紙類をもらって、読む。
●ユースホステルへ行って、会員になっておく。
●銀行から金を下ろす。
●針と糸を 買って、バックパックの破れたところを縫う。
という風にリストアップした。
ユースホステルは近くにあるので、ちょっと歩いて行って、インターナショナルゲストカードを作った(料金6ポンド/1500円)。
町へ出て、本屋でコリンズジェムの小型辞書を英語、仏語、西語と3冊買う。
これは、海外旅行に必要なためもあるが、軽く復習するために使うんだ。
あと、アガサクリスティのペーパーバックを一冊購入。
「The Murder of Rodger Ackroyd」だったと思う。
アガサクリスティの小説は、筋を知っていても、何度も読めるのがいいね。
それに、会話が中心になっているので、読みやすいし。
昼にはビクトリアステーションのパブで、「THE TIMES」を読みながら、ビールを飲んだ。
グリーンパークのインターナショナルハウスへ行って、自分へ届いている郵便物を受け取る。
午後2時には、エジプト領事館へ行って、ビザをもらう。
友人に電話をして、会う約束をした。
あと、日本語の本屋「ニッポンブックス」へ行ってみる。
これは、セントポール寺院の近くにあった。
この日は、エジプトビザを取っただけで、あとは町を歩いて、あちこち本屋を回りました。
これも落ち着いた、いい日でしたね。
1人の夕食は、ビクトリアステーションでサンドイッチを買って、ホワイトハウスホテルの部屋で、ビールを飲めばいいだけです。
週末は、お金の計算をして、あとどのくらい旅が出来そうか、考えて見ましょうかね。
お金がなければ、話にならないわけだが。
現実を直視するのは、怖いことだけど…。
italy france uk europe world index

italy-france-uk
xxx