ホワイトハウスホテルにウィークリーレートで泊まり、エジプト領事館の情報、航空券のことを調べる@ロンドン/イギリス(英国)

【旅行代理店の看板@アールズコート】
1988年4月14日、完全に二日酔いでぼんやりしている。
昨日、久しぶりに日本人の若者たちと会って、英語話、旅行話を して楽しく過ごした。
また、もともと僕は女性と一緒だと、相手のレベルに合わせて、恋愛話、人生論を語る癖がある。
話慣れて、芸術の域まで達しているので、笑わせたり泣かせたり、自由自在だ。
彼らは、ロンドンの一流語学学校「インターナショナルハウス」の留学生だが、僕はその学校の卒業生。
去年(1987年)の秋の「ケンブリッジ英検特級CPE合格者」なので、英語学習者からは、尊敬され、崇拝される立場だ。
正直、英国の語学学校に留学していたら、「CPEの合格者」というだけで、モテにモテる。
その上に、海外留学する女性は、海外旅行も大好き。
だから、僕の英語論や海外旅行の体験談を、本気で聞いてくれる。
日本に戻ると、誰も僕のすごさが理解できないので、受け入れられないけどね(涙)。
レベルの低い日本で、僕のすごさがわからないのは、仕方ない。
「日本で受け入れられないからこそ本物」なんだね(笑)。
と自己満足をしている。
人生なんて、本気で、自分で自己満足が出来ればそれで十分。
普通の日本人は、どんなに出世しても、金持ちになっても、自己評価は低いまま。
でも僕は、自分について、完璧な自信があるからね。
昨夜は中華料理をみんなで分け合って、野菜、肉料理、魚料理、チャーハン、スープと、バランスよく食べたので、とても健康的だった。
ただ僕は、話し続けて気分がいいと、ワインを1人でボトル2本程度空けてしまう。
すると、盛り上がったところで、あっさりと自分の部屋に戻って寝てしまう。
友人のものすごく知的な女性は、それがわかっているので、ワイン一本空けたところで、止めさせるけどね。
酔っ払ったせいで、中華料理屋に、昨日買ったばかりの日本語の本と新聞を置き忘れてしまった。
今日はそれを取りに行く。
まあ、ロンドンの中華街に、日本語の本と新聞を置き忘れても、誰も読んだりしない。
ですから、行ったらちゃんと取ってありました。
この日やることは、ホテルの移動だ。
僕の定宿「セントジョージホテル」にこだわることもないので、別の地域で宿を捜してみたい。
いま泊まってるホテルは特徴がなく、わざわざ選んで泊まるほどのところではないし。
安宿が集中しているのは、ビクトリアステーション裏と、アールズコート近辺で、僕はどちらも土地勘がある。
この時代は、ヨーロッパは日本人観光客だらけだった。
日本はバブルの頂点へ向かって、ガンガン昇り坂だったからね。
ホテルの朝食時にカップルの日本人を見つけたので、軽く声をかけて、一緒の席につく。
若いカップルだと、頭が柔らかいので、朝から十分な笑いが取れた。
今日も僕の舌は絶好調である、と確認したわけだ。
バックパックをまとめてホテルに預ける。
軽く気分を変えて、オーストラリア人の多いアールズコート付近のB&Bを当たることにして、地下鉄で移動する。
宿を数軒飛び込みで当たっているうちに、ステキなお屋敷を宿に改造した感じの「ホワイトハウスホテル」を発見。
大理石の階段があり、一階のロビーは広々としていた。
アラブ人の金持ちが所有しているらしく、管理をしているのは、美男子のアラブ人の若者(30歳くらい)だった。
僕の部屋は、階段を上った、3階の小部屋。
一目見て気に入った。
だって、ロンドンのお屋敷に住んでる感じがするからね。
実際、本当のお屋敷だったわけだし。
料金は16ポンド、つまり約4千円だが、朝食は付いて無い。
アールズコートには、バックパッカー向けに、世界各国の安いレストランがたくさんあるので、問題は無い。
値切りの交渉に入ると、一週間だと10パーセント割り引くウィークリーレートがあるとのこと。
こういうふうに、世界中の安宿では、値切るのが常識なんだよ。
昼ごろに宿を捜していれば、どの宿も部屋を客で埋めるために、値引きをするのが常識。
よほど混み合うシーズンでなければ、必ず部屋は見つかり、値引きもしてくれるものだ。
今回のロンドン滞在は、一週間程度と考えているので、一週間分を払って、部屋を確保。
泊まっていたビクトリア駅裏のB&Bからバックパックを持ってきて、落ち着く。
僕の一週間のロンドン滞在が決定したわけだ。
その一週間で、ロンドンでなにをするのか。
昨日の話で、うっかり「エジプトに行く」という話をしてしまったので、エジプトに行くだろう。
ビクトリア駅にあった観光案内所へ行って、エジプト領事館の場所を聞いて、とっとと行ってみる。
海外旅行では、とにかくフットワーク軽く、行動することが大事。
その日にビザの申請を出して、受け取りは、明日の午後2時から3時の間と言われる。
ビザ申請の写真とかそういうものは、長期旅行者は常に身につけているもの。
今日は、ホテルを移動して一週間の滞在場所を確保して、エジプトのビザまで申請した。
まだ時間があったので、次に考えることは、エジプトへの交通手段だ。
アールズコートには、航空券の安売り屋が通りに並んでいるので、飛び込んで値段を聞いてみる。
これは、1988年4月半ばの、アールズコートの旅行代理店で直接聞いた、ロンドン発の航空券の値段です。
1ポンドはだいたい250円と考えますから、自分で計算してください。
ロンドンからカイロまでの往復が、235〜255ポンド。
片道切符だと、135ポンド。
アテネは往復125ポンド、片道85ポンド。
イスタンブールは往復160ポンド、片道115ポンド。
ナイロビ往復は405ポンドで、片道は210ポンド。
もちろん航空会社によっても値段は違うし、旅行代理店も値段が違う。
いまは、安い航空会社(LCC)も多いから、もっと安いかも。
この時代は、ヨーロッパから観光地へは、チャーター便を安く飛ばしていたりしました。
ま、僕としては、大体の航空運賃の相場を知りたかっただけなんだね。
この時調べたのは、まずロンドンからカイロへの往復。
ギリシアにも行きたいので、アテネの切符も調べた。
なぜか、ケニアのナイロビについても調べている。
結果的には、アテネからイスタンブールに入り、カイロへ行き、おまけにナイロビまで行ってしまった訳だが。
でも、長期旅行をしていると、旅行予定なんか決められないもの。
旅の中で状況はどんどん変化するから。
旅をしながら考えて、思いもしなかったところへ行ってしまう。
それが、旅の常識なんだね。
だから、旅行計画を細かく立てて、その通りに旅したら、大失敗に決まってるんだよね。
italy france uk europe world index

italy-france-uk
xxx